魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2008年06月07日

泳ぐのは魚市場だ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 680キロ、サバ 580キロ
       ジンダ 240キロ、メジマグロ 77キロ
       スルメイカ 490キロ、小サバ 10トン
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:イサキ 380キロ、ヒコイワシ 260キロ
「原辰」定置:メジ 150キロ(35本)、イサキ 100キロ
       ヒコイワシ 1トン、小サバ 240キロ
「江の安」定:ジンダ 125キロ、ヒコイワシ 140キロ
       イサキ 100キロ
「二宮」定置:サバ 210キロ、ジンダ 260キロ
       イサキ 180キロ、小サバ 440キロ
「福浦」定置:ワラサ 750キロ、ジンダ 140キロ
       サバ 500キロ、小サバ 320キロ
「大磯」定置:サバ 340キロ、小サバ 6.9トン

 東方面からは、
「片瀬沖曳」:生シラス 100キロ

sirasu_20080607.jpg 今朝も「生シラス」入荷。「ジンダ」や「サバ」、「ヒコイワシ」などの定番メンバーも安定水揚げ。「メジマグロ」や「ワラサ」もあるし、「イサキ」もあるでよ。・・・と書くと何でもありそうですが、どうも買受人達の顔色が優れません。
 どうやら欲しい魚種が少ない様子。定番の魚たちは当然のこと、廻りを彩る魚種も同様に充実しないことには、なかなか盛り上がりに欠けたものになってしまうのでしょうか。
 確かに夏になると「青魚」が増えるのは当然なのですが、同じように口物(くちもの)と呼ばれる「タイ」や「ホウボウ」、「カクアジ」や「カマス」といった、いわゆる「レーザー・レーサー」的な彩る魚が獲れてくれないことには、漁師や魚市場としても営業・収支バランスが崩れるし、魚屋さんにとっても商売的に上手くいかない面があるのです。
 ここでしっかり収支をあげる方法論を確立・実行が出来れば、年間を通しても確実に儲けることが出来、当然売上げ(水揚げ)の新記録をも出せるのでしょうが。
posted by にゃー at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック