魚体中骨抜き器販売中

2018年11月13日

覚悟はいいかそこの魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 140キロ、ヒラソウダ 570キロ、アカカマス 190キロ、マルソウダ 200キロ、サバ 120キロ、小サバ 130キロ
「石橋」定置:アジ 240キロ、マルソウダ 330キロ、ヒラソウダ 250キロ、イボダイ 90キロ、アカカマス 60キロ
「 岩 」定置:マルソウダ 300キロ、サバ 160キロ、小サバ 120キロ、アカカマス 130キロ、ヒラソウダ 100キロ、アジ 60キロ
「原辰」定置:アカカマス 80キロ、マルソウダ 80キロ、ヒラソウダ 50キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:ショウゴ 130キロ、アジ 150キロ、小サバ 120キロ、サバ 100キロ
「福浦」定置:サゴシ 80キロ、ウルメイワシ 180キロ、小サバ 700キロ、サバ 310キロ
「大磯」定置:ヒラソウダ 50キロ ほか

伊豆方面からは、
「網代定置」:サワラ 490キロ、アカカマス 190キロ
「富戸釣船」:釣ムツ 50キロ ほか
「沼津底曳」:クログチ 220キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 180キロ、マルアジ 90キロ

20181113_0622.jpg本日の新人王は、「サワラ」と「カマス」の二刀流で活躍した「網代」定置。
どちらも鋭い切れ味で触る者をたじろがせる迫力に満ちておりました。
他は「小田原アジ」、「ショウゴ」、「ソウダガツオ」、「イボダイ」ら、秋の魚の名残を惜しむような雰囲気の中、朝の雨と冷え込みに身を震わせながらの取引に終始。
冬を前にして市場動向としては、走りや希少種で上がるものもあれば、一般的な魚はだぶつき顕著で弱含みもあり、「区々(まちまち)」といった所、週後半は冷え込みさらに厳しくなり、魚の動きが悪くなると予想。
来週にかけて漁獲量の減少と消費進捗による持ち合い解消から、相場の強含みが想定されている。
posted by にゃー at 18:53| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

毎日が本日限りの魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヒラソウダ 580キロ、アジ 140キロ、小サバ 140キロ、アカカマス 90キロ、サバフグ 50キロ
「石橋」定置:アジ 330キロ、マルソウダ 310キロ、サバ 90キロ、イボダイ 80キロ、アカカマス 50キロ、ショウゴ 40キロ
「 岩 」定置:アカカマス 430キロ、小サバ 350キロ、小イサキ 130キロ、アジ 50キロ、マルソウダ 80キロ
「原辰」定置:マルソウダ 180キロ、ヒラソウダ 70キロ、ショウゴ 40キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 300キロ、アカカマス 190キロ、イボダイ 110キロ、サバ 120キロ、小サバ 160キロ
「福浦」定置:小サバ 500キロ、サバ 70キロ、小イサキ 80キロ、イナダ 50キロ、シイラ 50キロ
「大磯」定置:アジ 340キロ、小サバ 320キロ、サバ 110キロ

伊豆方面からは、
「富戸釣船」:釣ムツ 70キロ
「網代定置」:アカカマス 2.4トン
「真鶴定置」:イナダ 280キロ、ワラサ 120キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 240キロ、タチウオ 90キロ、マルアジ 80キロ

今日は「マアジ」がありそーだ。「マルソウダ」あります。
今日は「カマス」がありそーだ。「ヒラソウダ」あります。
20181112_0606.jpgお、今朝は「イボダイ」がチラホラ。「ボラ」もあります。
伊豆の釣り「ムツ」いいですね。でも何故かむっつり。
posted by にゃー at 17:52| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

アジでいたすのは魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 1.2トン、ヒラソウダ 850キロ、小サバ 770キロ、アカカマス 250キロ、サバフグ 110キロ
「石橋」定置:アジ 1トン、小サバ 200キロ、ヒラソウダ 300キロ、アカカマス 120キロ、サバ 170キロ、マルソウダ 90キロ、イナダ 50キロ、小イサキ 40キロ
「 岩 」定置:アジ 390キロ、アカカマス 280キロ、ヒラソウダ 400キロ、小サバ 190キロ、サバ 100キロ
「原辰」定置:小サバ 220キロ、サバ 160キロ、ショウゴ 140キロ、マルソウダ 170キロ、ヒラソウダ 70キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 210キロ、アカカマス 160キロ
「福浦」定置:イナダ 140キロ、小サバ 640キロ、ウルメイワシ 90キロ
「大磯」定置:小サバ 120キロ、ヒラソウダ 110キロ

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:イナダ 120キロ
「川奈杉本」:メジナ 60キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 90キロ ほか

20181110_0658.jpg味なことやるのは、マクドナルド。
今朝も「小田原アジ」は絶好調。
いよいよ100gサイズも視野に入り、ますます太って形も旨味も丸味を増して小田原の魚好きは大歓喜。
うれしい魚が市場を明るく飾ります。
posted by にゃー at 13:40| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

魚市場は毎朝が園遊会

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アカカマス 750キロ、サバ 420キロ、小サバ 300キロ、アジ 300キロ、サバフグ 400キロ、ヒラソウダ 960キロ
「石橋」定置:アジ 1.1トン、アカカマス 340キロ、マルソウダ 200キロ、小イサキ 100キロ、小サバ 80キロ
「 岩 」定置:アカカマス 510キロ、ヒラソウダ 360キロ、小サバ 140キロ、サバフグ 140キロ、マルソウダ 50キロ
「原辰」定置:アカカマス 260キロ、マルソウダ 200キロ、ヒラソウダ 180キロ、サバ 50キロ、ショウゴ 50キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 420キロ、アカカマス 180キロ、小サバ 50キロ
「福浦」定置:カンパチ・ショウゴ 600キロ、イナダ 440キロ、ヘダイ 40キロ
「大磯」定置:ヒラソウダ 210キロ、小サバ 80キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:アカカマス 1.2トン
「川奈杉本」:メジナ 30キロ ほか
「真鶴定置」:イナダ 310キロ、サバフグ 50キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 550キロ ほか

20181109_0602.jpg今日の良き日に天気はどんより。
「アジ」と「カマス」に乗っ取られた状態ではあるが、「カンパチ」と「イナダ」もおめかしして登場。今朝もオーシャンビューの迎賓館に、華やかな魚の社交場が開かれた。
20181109_0317.jpg「アジ」の中心サイズは100g弱。「カマス」の中心サイズも100/150。両者小兵力士ががっぷり四つともなれば、もはや群れは終盤。晩秋の色、更に濃くなりの様相である。
20181109_0703.jpgそして「ウスバハギ」や「ヤリイカ」などの懐かしい顔が揃えば、すっかり冬の顔ぶれ。その雰囲気を察したのか、割って入る「サバフグ」もまだ小さく、しかも「量獲れるの早くね?」や「フグみりん作りたいんだけど・・」の声も聞こえる中、およそ12月のような「サバフグ」の獲れっぷりに、動揺と戸惑いを隠せない。
posted by にゃー at 18:25| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

抱かれたい魚市場ナンバー1

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アカカマス 310キロ、ヒラソウダ 420キロ、サバ 240キロ、サバフグ 300キロ、マルソウダ 170キロ、小サバ 450キロ、アジ 80キロ、ヤマトカマス 60キロ、イサキ 40キロ
「石橋」定置:アカカマス 610キロ、アジ 170キロ、小イサキ 300キロ、小サバ 90キロ
「 岩 」定置:小サバ 1.1トン、アカカマス 1トン、サバフグ 250キロ、ヒラソウダ 480キロ、ヤマトカマス 160キロ、マルソウダ 100キロ
「原辰」定置:アカカマス 260キロ、ショウゴ 170キロ、サバ 70キロ、ヤマトカマス 40キロ、小サバ 40キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 520キロ、アカカマス 410キロ、小イサキ 80キロ
「福浦」定置:イナダ 640キロ、小サバ 250キロ、アカカマス 100キロ
「大磯」定置:アジ 50キロ、ヒラソウダ 60キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:アカカマス 1.5トン

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 250キロ、マルソウダ 110キロ

20181108_0500.jpg今朝は再び「アカカマス」が盛り返し、各地で過半数を獲得。西海岸を中心として赤い州で票をまとめ、市場の中心議席を獲得。中でも伊豆、網代の大票田での圧勝は極めつけ。大きいモノから小さいモノまで「アカカマス」一色にまとめ上げた。
対する青色をシンボルカラーとする「アジ」は、東の湘南地方を中心に過半数を獲得、「サバ」の減少にあえぐ青魚支持者の票を集め、多数派を維持することに成功した。
その中で、個人的に注目をした赤青の良いとこ取りとも言える「アカゼモロ(ムロアジ)」の動向であるが、思った程に伸びず、目立った水揚げもなく、期待の「米神」漁場でも数キロ見掛ける程度であった。
外側は一見青いが、中身は赤身という狂信的保守層とも言える「ヒラソウダ」は、相変わらず強い。何がって、脂が強い。
まるでコーラとピザで出来上がったアメリカのポッチャリさんのように、しっかりと腹回りに脂をため込んでいる。まだまだ彼らの動きは見逃せない。
posted by にゃー at 16:58| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月06日

もう魚市場を試しました?

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 150キロ、小サバ 120キロ、マルソウダ 110キロ、ヒラソウダ 90キロ、イナダ 60キロ、ヤマトカマス 70キロ
「石橋」定置:ヒラソウダ 520キロ、アジ 240キロ、イナダ 160キロ、小サバ 100キロ、ヤマトカマス 80キロ、小イサキ 80キロ、アカカマス 150キロ
「 岩 」定置:イナダ 150キロ、小イサキ 140キロ、ヤマトカマス 170キロ、アカカマス 300キロ、サバ 80キロ
「原辰」定置:ヒラソウダ 60キロ、サバ 50キロ、ヤマトカマス 50キロ、ショウゴ 50キロ、アカカマス 40キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 340キロ、アカカマス 50キロ
「福浦」定置:イナダ 140キロ、小サバ 50キロ、ウルメイワシ 60キロ、アカカマス 50キロ
「大磯」定置:アジ 70キロ、マルアジ 70キロ

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:イナダ 550キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 220キロ

小田原・・・釣クロタチカマス 70キロ

20181106_0556.jpg今朝のおすすめ「ヒラソウダ」。丸々太って脂も乗ってる。秋の魚は寒い冬に備えてせっせと餌を食べて、太ってこその真価。刺身でマグロのトロに負けない実力は、今だからこそ。
20181106_0558.jpg同じく秋に食べたい魚として筆頭に個人的に挙げたいのは、通称「アカゼモロ」と言われる「ムロアジ」。こちらも今の季節、太りがピークに達し、まとまり始める。
今年はまだまだ見掛ける程度だが、徐々に各地で増えつつあり、近いうちにピークを迎えるだろう。
その時がチャンス。未体験の方は、是非、手に入れて鮮度の良い内に刺身で味わって欲しい。
posted by にゃー at 19:46| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする