2020年04月09日

ABC予想を実証した魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ブリ・ワラサ 5.6トン、マイワシ 1.2トン
「石橋」定置:ブリ・ワラサ 2.6トン、小サバ 400キロ、タチウオ 310キロ、マイワシ 2トン
「 岩 」定置:ブリ・ワラサ 5.3トン、スルメイカ 320キロ、小サバ 180キロ、アジ 110キロ
「原辰」定置:アジ 60キロ、サバ 60キロ、スルメイカ 50キロ
「江の安」定:ブリ・ワラサ 210キロ ほか
「二宮」定置:ブリ・ワラサ 16.3トン ほか
「福浦」定置:サバ 970キロ ほか
「大磯」定置:アカカマス 230キロ、アジ 110キロ

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:スルメイカ 200キロ、サワラ 100キロ
「宇佐美釣」:釣キンメダイ 80キロ

1586392722866167944158.jpg「二宮」の「ブリ・ワラサ」は、2400本余りと休み前よりも増量。
まだまだその勢いは止まりそうにないチンゲール。
同じく「米神」や「岩」の定置網も、出遅れを取り戻すかのように獲っており、まだまだ獲る気満々、マンテンパパ。
その中で、今朝の漁獲の中に「ブリ」の隙間を埋めるかのようにチラホラ「アジ」のをが確認。
IMG_20200409_061147.jpgやっぱ小田原の春といやあ「アジ」だよねと、本当の意味での小田原に春が到来したことを我々に教えてくれたと同時に、「ブリ」の次の大漁候補としての「アジ」と「バイデン」がダブるかのように映ったのであった。
つまり、かねてより言われていた難題、小田原地魚のABC予想、「アジ(A)」の大漁と「ブリ(B)」の大漁が掛け合う時、「C」が正となるか負となるか、はたまた「C」が無となるかの理論の事であるのだが、この30年間、誰も証明はおろか、解明することも出来ず、一体「C」とは何なのかを皆で探し求めていたはずだが・・そんなことはなかったか?
しかし、突然その日は来た。
つまりAが獲れ、Bが獲れたときに溢れるC。つまり今流行の「COVID-19」。
IMG_20200409_061156.jpgそれはすなわち、この大漁が終わるとき、AかBが0となる時、Cも0となり、結果的にCの完全収束を迎えることになるわけであり、今流行の病にしてもはじめから予想されていたパンデミックで有り、この先に迎える結末は、近い内の人類の完全勝利に終わると予言しているのである。
よってA×B=Cは示された。
Q.E.D

今日のヒラメ ・・・ 573枚
posted by にゃー at 16:52| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月07日

前は海、後は魚市場の大漁宴

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ブリ 31.2トン(4190本)、マイワシ 3.8トン、チダイ 170キロ、イシダイ 40キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ブリ 3.1トン(427本)、イシダイ 260キロ、サワラ 200キロ、ヒラメ 50キロ
「原辰」定置:ブリ 1.5トン(206本)、マイワシ 1.8トン
「江の安」定:ブリ 190キロ(26本)、タチウオ 80キロ
「二宮」定置:ブリ 14.1トン(1891本)、ヒラメ 60キロ
「福浦」定置:サバ 780キロ ほか
「大磯」定置:ブリ 1.5トン(209本) ほか

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:サワラ 120キロ ほか
「網代定置」:ブリ 1.5トン(196本)
「富戸定置」:スルメイカ 470キロ
「伊東釣船」:釣キンメダイ 270キロ

20200407_0914ninomiya.jpgエンヤトット、エンヤトット・・
「ブリ」接近の勢いで一気の増量、「ブリ」たくさん獲れちゃいました。
と言うことで、これ程の大漁は日常にあらず、これ非常ナリ。
しかも今年の「ブリ」はサイズも手頃で、太りがいい、これ非常ナリ。
さらに急増と需要の冷え込みで、普段以上に値段が安い、これ非常ナリ。いや非情ナリ。
つまり、ここに緊急非常事態を宣言し、三食すべてを「ブリ」にする事をはじめとし、市場社員、市場に関連する人間、一人あたり最低3本を緊急にご近所、知り合いに配布するように指令が下達された。
一人一人の行動が多くの幸を生むことにつながるという意識の下、強制ではないものの、要請としてできるだけ守られることが望ましく、できるだけ多くの「ブリ」を消費することが望まれる。
頭から尻尾まで、捨てるところのない魚とされる「ブリ」。一本と言わず、2本、3本と。
力を込めて、これだけは買いだめ推奨で、広くよろしく推薦したい。
posted by にゃー at 17:30| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月06日

魚市場に迫る緩急自在宣言

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ブリ 4トン、小サバ 700キロ、スルメイカ 270キロ、サバ 130キロ、カタクチイワシ 100キロ、チダイ 90キロ、タチウオ 70キロ、ヤリイカ 40キロ、ウマヅラハギ 40キロ
「石橋」定置:ブリ 900キロ、小サバ 260キロ、スルメイカ 50キロ
「 岩 」定置:ブリ 2.7トン、小サバ 260キロ、スルメイカ 110キロ、タチウオ 70キロ、ウマヅラハギ 70キロ、サバ 70キロ
「原辰」定置:ブリ 160キロ、サバ 140キロ、カタクチイワシ 370キロ
「江の安」定:サバ 180キロ、カタクチイワシ 140キロ、ブリ 60キロ
「二宮」定置:ブリ 6.5トン ほか
「福浦」定置:サバ 380キロ、小サバ 430キロ
「大磯」定置:アカカマス 280キロ、サバ 70キロ、ブリ 50キロ、イシダイ 50キロ

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:サワラ 2トン、スルメイカ 80キロ
「宇佐美釣」:釣キンメダイ 45キロ、釣アブラボウズ 80キロ

東方面からは、
「平塚定置」:マルアジ 70キロ ほか

大島釣船 ・・・ 釣キハダ 500キロ

ギリギリの状態から、いよいよギリギリギリ。そして最後は約束のぎり、ぎりぎっちゃんぼへ・・。
先週はずっと内角低めに終始した「ブリ・ワラサ」、今朝は腰から上、外角狙いに集中も、最後は低めのストレートが決まり、場外へ。
それでも「サワラ」や「スルメイカ」といった高めの変化球も織り交ぜながら「イワシ」や「ヒラメ」など低めの球も散らしつつ、湘南方面に15861176956561794887767.jpg顔を出した「アカカマス」が決め球となって、並み居る強打者は軒並み凡打の山となった。
明日も多彩な変化球と直球とを使い分けた投球で、見事、完全封殺することだろう。
.
posted by にゃー at 15:28| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月04日

イワシ無双の魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 2.2トン、スルメイカ 480キロ、小サバ 120キロ
「石橋」定置:マイワシ 6.4トン、サバ 580キロ
「 岩 」定置:カタクチイワシ 1.1トン、ブリ・ワラサ 400キロ、スルメイカ 580キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 4.6トン ほか
「江の安」定:カタクチイワシ 310キロ、ワラサ 、70キロ
「二宮」定置:カタクチイワシ 920キロ、イシダイ 520キロ、ヒラメ 160キロ、ウマヅラハギ 120キロ、チダイ 80キロ、スズキ 80キロ、ワラサ 60キロ
「福浦」定置:サバ 110キロ、ケンケラケン 100キロ
「大磯」定置:カタクチイワシ 220キロ、アカカマス 130キロ

東方面からは、
「平塚定置」:マルアジ 300キロ

ここ数日続いた「ワラサ」中心の水揚げ構成を否定するかの様な、いきなりの「カタクチイワシ」大漁による独壇場。
そのインパクトに霞みがちだが、そんな中でも「二宮」定置で獲れる魚種の充実度は、特筆もの。
この流れは相模湾の潮流同様、徐々に左右方向へと波及するであろう。
春魚の超大漁は、まだまだこんなもんじゃ無い。
来週になって本来なら学校の始まるタイミングだが、陽気も安定してますます充実一途。
獲れる魚たちは、我々の都合など待ってはくれないぜ。

今日のヒラメ ・・・ 601枚
posted by にゃー at 17:15| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月03日

国民に現物支給する魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ、ワラサ ほか
「石橋」定置:サバ、スズキ ほか
「 岩 」定置:ブリ・ワラサ 4.6トン、イシダイ 230キロ
「原辰」定置:スルメイカ 80キロ、メジナ 40キロ
「江の安」定:スルメイカ 250キロ、ブリ・ワラサ 60キロ
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:スズキ 60キロ、イシダイ 40キロ、メジナ 40キロ
「大磯」定置:アジ 100キロ、サバ 130キロ、カタクチイワシ 670キロ

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:サワラ 1.7トン、スルメイカ 240キロ
「網代定置」:スルメイカ 270キロ

東方面からは、
「平塚定置」:マルアジ 200キロ

魚食の減った世帯を対象とした現物支給で、魚の消費を後押ししたいけど、それをまかなうだけのお金は無し。
ここはひとつ、魚を市場で買い付けて、各家庭に配ってくれる伊達直人の登場を願うばかり。

今日のヒラメ ・・・ 364枚
posted by にゃー at 12:37| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月02日

迫る魚市場の大漁崩壊

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ブリ・ワラサ 520キロ、スルメイカ 170キロ、サバ 100キロ
「石橋」定置:サワラ 210キロ、ワラサ 60キロ、スルメイカ 50キロ
「 岩 」定置:ブリ・ワラサ 850キロ、スルメイカ 2.6トン
「原辰」定置:メジナ 70キロ ほか
「江の安」定:スルメイカ 520キロ、ブリ・ワラサ 70キロ
「二宮」定置:イシダイ 440キロ、ヒラメ 140キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:サバ、スルメイカ ほか

伊豆方面からは、
「網代定置」:ブリ・ワラサ 1トン
「真鶴定置」:サワラ 490キロ
「宇佐美釣」:釣キンメダイ 120キロ

東方面からは、
「平塚定置」:マルアジ 90キロ

20200331_132747.jpg人工心肺装置の不足が懸念され、医療崩壊が危惧されている一方で、全国各地の漁港では飲食店の営業自粛長期化による魚介類消費の減少からくる需要の減退と、時を同じくして春を迎えて大漁になった事による供給増からくる相場の下落と魚余りが起こっている。
このままでは飲食店、魚屋、スーパーの鮮魚売り場、仲卸、もちろん漁業者までも巻き込んだ市場構造の崩壊が起こりかねず、これらが引き金となって数ヶ月後に迫る第三者販売の規制緩和を含んだ卸売市場法の改正を機に、大きな流通変化が起こるきっかけとなりかねない。
我々市場としては、この危機を今の営業形態と将来の営業形態とを両睨みした取り組みをすることで、荷受けとしての責任を果たす時であると気を引き締めている。
今あるあたりまえを疑いながら、今ある価値を尊重し高めること、そのことを忘れずに常に職責に真摯に向かい合うとき、そこに信頼が生まれ、絆は確かなものとなるのだから。
あ、一気に言いたいことを言い過ぎてチョット呼吸が・・・

今日のヒラメ ・・・ 745枚
posted by にゃー at 17:08| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする