2018_fespos.jpg

2018年07月06日

世代を超えて愛される魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 90キロ、ウルメイワシ 80キロ、サバ 60キロ
「石橋」定置:イナダ 65キロ ほか
「 岩 」定置:ヤマトカマス、トビウオ ほか
「原辰」定置:サバ 100キロ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「網代定置」:ワラサ 290キロ、アジ 160キロ
「川奈杉本」:メジナ、トビウオ ほか
「宇佐美船」:生シラス 80キロ

20180706_0451.jpg今朝は激しい雨と風に汐早も加わって、再びの休漁連発。
西日本では線状降水帯が大きな被害を与えているが、小田原では船上活〆隊が活躍するも、昨日見えた「イナダ」は姿を消し、いよいよそのボリュームはこれまでに経験したことのないような貧漁となって我々にも影響を与えている。
まさにそれは、市場を戦場と化し、競りで砕け散った人々の心の傷を癒やすララバイがそこに流れるのであった。
20180706_21sj.jpg今頃、彼らは明日の天候回復の暁に現われるであろう”小田原食文化遺産”として名高い福浦の「潜伏ブリシタン」の姿を夢見ながら、母の熱い胸に甘えて眠っている事であろう。
そして間もなく、山川啓介没一周年の夏を迎える。
posted by にゃー at 21:06| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

魚市場をこってりパトロール

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウルメイワシ 400キロ、サバ 350キロ、カタクチイワシ 290キロ、イワシ混 140キロ
「石橋」定置:サバ 130キロ、イワシ混 140キロ
「 岩 」定置:イナダ 420キロ、サバ 150キロ
「原辰」定置:イナダ 220キロ、サバ 480キロ、アジ 40キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:イナダ 300キロ、サバ 60キロ
「網代定置」:アジ 120キロ、サバ 150キロ
「沼津底曳」:マダイ 90キロ ほか

神津島船・・・釣ムツ 200キロ、釣メダイ 130キロ
   釣キンメダイ 100キロ、釣ハチビキ 40キロ

20180705_0529.jpg日本海側の温帯低気圧通過を受け、昨日から強く吹き続けた南風は、懸念したとおり多くの定置網の操業を阻み、今朝の魚市場営業に大きく影響した。
20180705_0602.jpg強風下、辛うじて操業した地元定置網の中心は「イナダ」。
2キロ前後まで成長した魚体は、風格と貫禄を備え、人気では兄貴分の「ワラサ」を完全に逆転。徐々に水揚げも安定してきて、まさに朱夏を迎える事になりそうな気配である。
20180705_millionare.jpg他に「網代」定置の「マアジ」や、入船した神津島の釣船が水揚げた「クロムツ」や「キンメダイ」など、不安定な天候にもかかわらず、最低限の魚を確保でき、天候の回復次第になるが、明日は充実のこってり魚市場が実現するのではないかとこっそり期待をしている。
しかし、その一方で未だ大陸にまで伸びる前線と、新たな台風発生という懸念を抱えながら週末から来週前半を迎える精神的リスクは、漁業者と魚商人に深刻な影響を及ぼす事が考えられ、追い込まれた買受人が、価格破壊的強迫観念に囚われかねない状況になるのではと危惧をしている。
posted by にゃー at 12:47| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

魚市場もなんのその

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イワシ混 1トン、サバ 160キロ、カタクチイワシ 250キロ
「石橋」定置:イワシ混 300キロ、ウルメイワシ 200キロ、サバ 150キロ
「 岩 」定置:マイワシ 200キロ、サバ 120キロ、小サバ 160キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:ウルメイワシ、カタクチイワシ ほか
「二宮」定置:アジ 100キロ、サバ 170キロ、イワシ混 1.8トン
「福浦」定置:ワラサ 2トン、イナダ 1.6トン、サワラ 170キロ
「大磯」定置:ワカシ 430キロ、イワシ混 280キロ、アジ 70キロ、サバ 50キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:トビウオ 50キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 70キロ

和歌山船・・・釣キハダ 1.2トン、釣カツオ 100キロ

え〜っと、今朝の水揚げこんな感じ。
ただし覚えているのは、朝5時以降の事だけだな・・
posted by にゃー at 16:18| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

魚市場なるチームプレイ作戦

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イワシ混 2.2トン、サバ 320キロ、小サバ 310キロ、ウルメイワシ 150キロ、カタクチイワシ 210キロ
「石橋」定置:イワシ混 1.6トン、サバ 100キロ、ウルメイワシ 100キロ、シイラ 170キロ
「 岩 」定置:イワシ混 600キロ、小サバ 360キロ、サバ 280キロ、スルメイカ 100キロ、ホウボウ 40キロ
「原辰」定置:イワシ混 2.3トン、カタクチイワシ 190キロ、サバ 90キロ
「江の安」定:カタクチイワシ 370キロ、ウルメイワシ 90キロ、サバ 60キロ
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:クロマグロ 400キロ、イナダ 1.2トン、ワラサ 630キロ、サワラ 570キロ
「大磯」定置:イワシ混 3.7トン、マイワシ 210キロ、ワカシ 450キロ、アカカマス 170キロ、アジ 60キロ、サバ 70キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 40キロ
「江の島網」:サバ 140キロ ほか

201807_belg.png出た。今朝も「クロマグロ」
来る。明日も「キハダ」
定番。一緒に「赤身」も並べて
20180702_0735imakita.jpgベルギー国旗と赤い悪魔の鉄火丼の出来上がり。
青く群れる小イワシだってパクリと大物を一飲みだ。
首都の「ブリュッセル」も切って一緒に載せれば、祝開幕「ウインブリドン」の出来上がり。
20180702_0608.jpg期待通りの活躍でニシコリと笑いたいですね。
みんなも「そーだ、そーだ!」と言っている?
posted by にゃー at 16:43| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月30日

魚市場も商売待ったなし

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:クロマグロ 1.2トン、サバ 330キロ、小サバ 350キロ、イワシ混 870キロ
「石橋」定置:サバ 390キロ、小サバ 200キロ、カタクチイワシ 170キロ、ウルメイワシ 90キロ、マイワシ 80キロ、イワシ混 450キロ
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:アジ 30キロ、ウルメイワシ 50キロ
「江の安」定:サバ 70キロ、ウルメイワシ 40キロ
「二宮」定置:アジ 90キロ、サバ 230キロ、ワカシ 80キロ、マイワシ 80キロ、ワラサ 70キロ、アカカマス 50キロ
「福浦」定置:イナダ 2.7トン、ワラサ 1トン、サワラ 380キロ、ワカシ 50キロ
「大磯」定置:ワラサ 400キロ、イワシ混 280キロ、マイワシ 110キロ、ワカシ 100キロ、ウルメイワシ 60キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:トビウオ 40キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 90キロ ほか

はて。どうしたものか。
いや。どうもこうもないのである。
20180630_0454.jpg獲れた魚は 獲れた魚である。
美味しい魚は みんなのモノである。
そうして地球は 回っていくのである。
山手線も日々 回っているのである。
20180630_0554.jpg一日たりとて 休まないのである。
止まったら最後 それは死ぬしかないのである。
今日までだから 立ち止まって考える暇もないのだ。
駅が出来たら 止まるのだけれど。
posted by にゃー at 17:34| Comment(4) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

オールシーズン魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イワシ混 1トン、ウルメイワシ 160キロ、サバ 450キロ、スルメイカ 50キロ
「石橋」定置:イワシ混 420キロ、ウルメイワシ 100キロ、サバ 70キロ
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:ワカシ 200キロ、サバ 70キロ、ウルメイワシ 60キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:ワラサ 2.4トン、イナダ 350キロ
「大磯」定置:ワカシ 450キロ、アジ 50キロ、サバ 50キロ

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:スルメイカ 520キロ
「川奈杉本」:トビウオ、イナダ ほか
「網代定置」:アカカマス 110キロ、イナダ 350キロ、ワラサ 150キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 140キロ

20180629_0241.jpg6月の梅雨明けは観測史上初。
月明かりもピーカンならば、確かに日差しも最早、夏。
流しにはやんまが飛び、氷はあっと言う間に溶けていく。
台風7号発生で、ますます夏らしく。
20180629_0443.jpg何気に最近の台風が、日本の近い海域で発生しているのは気のせいか。
そのうち相模湾で発生なんてなければよいが。
ちなみに魚市場では、ほぼ毎日、台風もしくは誰かしらに雷が落ちているが。
そうか、魚が無いのは夏枯れか。
posted by にゃー at 13:20| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする