2018年08月30日

魚市場が宿題を出品する理由

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アカカマス 200キロ、小サバ 290キロ、ウルメイワシ 70キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 660キロ、アカカマス 120キロ、小サバ 980キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 510キロ、小サバ 580キロ、サバ 160キロ、アカマス 110キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:小イサキ 400キロ、小サバ 240キロ、ヤマトカマス 260キロ、サバ 80キロ
「福浦」定置:イナダ 1.5トン、サワラ 590キロ、シイラ 570キロ、小サバ 150キロ、マイワシ 400キロ
「大磯」定置:マイワシ 1.1トン、アジ 40キロ、小サバ 210キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:ショウゴ、ヘダイ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 90キロ、サワラ 110キロ

20180830_0315.jpgノーメイクは、すっぴん。
ノーメイチは、すっからかん。
期待した「メイチダイ」は、もう旬を過ぎ去ってしまったのか?あまりの少なさに、一瞬季節を見失う朝。
20180830_0729.jpg台風21号の動向を注視しながら、週末の仕入れや週明けの営業について考えを巡らせるも、多くの買受人の負託に応えるべく、安定した仕入れと荷造りは販売の基本と改めて考える。
20180830_0414.jpg地物になければ他産地に求め、他になければ代用品を考える。求める商品は十人十色、100%は無理としても80点、合格ラインの60点は目指したいところ。
頂いた注文と言う名の宿題の答えを探しながら、日々、我々はその答えを提出し続けている。

今日のイセエビ ・・・ 40キロ
posted by にゃー at 19:50| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

余韻にひたる魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 1.8トン、サバ 200キロ、ヤマトカマス 180キロ、アカカマス 50キロ、イナダ 50キロ
「石橋」定置:小サバ 900キロ、アジ 250キロ、ヤマトカマス 220キロ、マイワシ 180キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 230キロ、小サバ 850キロ、サバ 100キロ、アカカマス 60キロ、シイラ 50キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:マイワシ 600キロ、小イサキ 280キロ、小サバ 160キロ、ヤマトカマス 70キロ、イサキ 50キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:マイワシ 1.3トン、サバ 260キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:カツオ 970キロ
「川奈杉本」:ショウゴ 60キロ ほか
「沼津底曳」:マダイ 60キロ、ヤマトカマス 120キロ

20180828_0357.jpg朝、湿気から来る蒸し暑さに凹む中、各地の水揚げ軒並み減量。
「サバ」「イワシ」「カマス」「カツオ」。主要メンバー、変更無しの顔ぶれに、感じる安定感と諦念感。
20180828_0520.jpg市況も減速する中、夜明け後、気温は一旦低下。
その後、吹く風は重たく、午後には雷鳴轟くも大雨には至らず。

今日のイセエビ ・・・ 30キロ
posted by にゃー at 23:58| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

魚市場は趣味の様なもの?

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 170キロ、小サバ 1トン、ヤマトカマス 130キロ、サバ 510キロ
「石橋」定置:アジ 640キロ、小サバ 1.8トン、ヤマトカマス 140キロ、サバ 100キロ、メアジ 70キロ、ヘダイ 70キロ、小イサキ 60キロ
「 岩 」定置:マイワシ 1.2トン、小サバ 840キロ、サバ 390キロ、ヤマトカマス 210キロ、シイラ 100キロ、アジ 80キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:メイチダイ 300キロ、アジ 470キロ、ヤマトカマス 330キロ、小サバ 300キロ、小イサキ 500キロ、ショウゴ 90キロ、サバ 50キロ
「福浦」定置:小サバ 280キロ、小イサキ 100キロ、メジナ 100キロ、ヘダイ 80キロ、メイチダイ 60キロ、チダイ 50キロ、マダイ 40キロ、イナダ 40キロ
「大磯」定置:マイワシ、小サバ ほか

伊豆方面からは、
「網代定置」:カツオ 1.2トン、ヘダイ 440キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 200キロ ほか

「小田原アジ」、この台風が連れてきた「小田原の宝」。ちょっぴり小粒が使い良い。値段も手頃で、見頃、食べ頃、使い頃。
「ヤマトカマス」、秋の定番が順調に成長して来ている。数年前の爆獲れこそ無いが、安定性と価格的妙味はみんなの味方。
20180827_0536.jpg「クロマグロ」、今朝の「石橋」。正真正銘30キロ・オーバーの「本マグロ」。夏は隠れた「マグロ」の季節、「キハダ」も一緒に連れてこい。
「メイチダイ」、金メダルラッシュに沸く小田原の中心。輝く魚体は、活け締めにして旨味と脂の滋味溢れる旬味の証左。寿司が最高。
「カツオ」、定置で獲れるダイナマイトボディ。まるっとした赤身は、もっちり系。チョイスレ、ポチャカワの新作が見事に揃いました。
20180827_0751.jpg「ヘダイ(シロダイ)」、白秋の象徴が早くも増え始めた。太平洋の黒潮ベルトに乗って、今年も脂も乗ります、獲れちゃいます。
「イセエビ」、近年、漁獲する漁師の減少が影響してるか?キロアップの超大型個体が目立って来たプレミアム・ロブスター続々。
「サンマ」、相模湾じゃちょっと見掛けないけど、やっぱり庶民の味方は、市場の懐刀。旬の走り、初物は8月中に頂いておくが吉。

今日のイセエビ ・・・ 35キロ
posted by にゃー at 17:50| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月25日

アジに未練の魚市場挽歌

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 200キロ、小イサキ 120キロ、サバ 60キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 1.3トン、小サバ 550キロ、アジ 320キロ、イナダ 150キロ、サバ 50キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 240キロ、サバ 200キロ、シイラ 200キロ、小サバ 470キロ、アジ 80キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ 80キロ、小イサキ 250キロ、マイワシ 320キロ、サバ 120キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:シイラ、マルソウダ ほか

20180825_0622.jpg台風明けとなった今朝、予想通り「小イサキ」の漁獲もありながら、そこかしこで「小アジ」がワンサカ娘。
「小田原アジ」は100g前後が一番人気と言われたが、今朝の主流は60/80g。
20180825_0515.jpgいくら何でも小さいかと思ったが、背に腹を代えられるはずもなく、大きい順に軒並み高値のエスカレーション。
不漁と休漁続きの晩夏に来る「アジ」の恵みがいじらしい。
昔はもっと量が獲れて、もっと大きいサイズが獲れて、もっと売れる時季に獲れて、もっと高値が付いて・・・懐古主義に囚われた人間の言葉もまたいじらしい。
20180825_0258.jpg獲れないモノを追っかけるのはヤメ、現実を直視し、今の恵みと本気で向き合うことができなきゃ、魚屋辞めた方がよっぽど早い・・とヤモリが申しておりました。

今日のイセエビ ・・・ 30キロ
posted by にゃー at 15:16| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月24日

魚市場でテンションも高潮

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

東方面からは、
「三崎素潜」:サザエ 70キロ

20180824_0339.jpg出漁予定も覆る、想定外のうねりの強さを物語る空白の黒板。
元市長も欲しがる三崎の「サザエ」と「米神」定置の黄金の隠し球「活けのメイチダイ」だけが、流しを賑わしてくれた。
引き分け再試合は雨天順延となって、充実の週末決戦となって迎えることとなり、次の台風が力を温存しようとする中、今から作戦会議に余念がない。
20180824_0423.jpg次に現れるのは「イワシ」か「サバ」か、はたまた「カマス」か「アジ」なのか。
個人的には、追っ掛け「小イサキ」が来ても良い頃とは思っている。

今日のイセエビ ・・・ なし
posted by にゃー at 15:02| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月23日

喜劇魚市場のお婆あちゃん

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 1.1トン、ヤマトカマス 300キロ、サバ 230キロ、マイワシ 150キロ、アジ 70キロ
「石橋」定置:小サバ 690キロ、サバ 160キロ、マイワシ 110キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 580キロ、マイワシ 650キロ、小サバ 850キロ、サバ 340キロ、シイラ 65キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「網代定置」:ヤマトカマス 600キロ
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 280キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 260キロ、マルアジ 80キロ、ヒラソウダ 50キロ

今朝は台風20号のうねりが迫り、早々に西湘BP・下り線が営業を諦める中、荒れた海でも漁師たちは懸命に操業を完遂。
対峙する魚たちも波にもまれながら懸命にスイミング。洋上の戦いは明日に持ち越し、今日も引き分け再試合となった。
それでも「米神」定置には「キメジ」が2本入り、おまけで「メバチ」も入る珍事あり。「岩」の定置は、丸々「マサバ」を獲りつつも、その倍の「小サバ」を連れてきた。
20180823_04set.jpgそして、南伊豆からやって来た「キンメダイ」は、遅ればせながらも「金足農」の健闘を称え、同じく先走りつつも名女優「菅井きん」の冥福を祈ることに成功。
その昔、日本映画の隆盛期。東宝、松竹、大映、東映、日活・・各社に専属のおばあちゃん俳優がいた時代、彼女らは30代にしておばあちゃんを演じ、なりきり、本当のおばあちゃんになってもおばあちゃんを演り続けた。そんな彼女もしかりで、初出演?となる黒澤明の「生きる」では赤ん坊を背負ってこそいたが、爾来、その変わらぬ姿をスクリーン上に見つけては安心していた。まるで自分のおばあちゃんを見るかの様に。
決して主役にはならない、表には出ないが、役割を背負って演じるその使命感。その責任感が自分の存在意義となる。その積み重ねが人生となる。その地味さは、流通の底辺を支える我々の立場と重ねざるを得ない。

今日のイセエビ ・・・ 45キロ
posted by にゃー at 21:26| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする