魚体中骨抜き器販売中

2018年01月26日

魚市場をかえさせておくれよ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イシダイ、アオリイカ ほか
「石橋」定置:ハガツオ、タチウオ ほか
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:イナダ、アオリイカ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「真鶴釣船」:釣イナダ 150キロ

本日の外気温−4℃。都心では半世紀ぶりの寒さだとか言われますが、小田原もまた記録的な寒さでしょう。
岸壁においてある水が、見る間に凍る様子が観察できました。
そして「米神」と「石橋」の両定置網を締めて、今朝の水揚げは「イシダイ」、「アオリイカ」、「ハガツオ」、「タチウオ」。他に「アカヤガラ」に「スルメイカ」・・・、ってまるで絶好調な水揚げかと思うでしょ?良く見てみれば、量的に僅かコレだけのものでした。
20180126_0429.jpgさすがに「水揚げ若干」と書いたのでは余りに味気ないので、値段的に良かった種類を書いたに過ぎません。おそらくこの水揚げも、この20年で最悪レベル(漁師談)。
その中に「ハガツオ」が一本だけいたのは、珍しいというか、気味悪いというか、放射冷却ならぬ、ほうさん冷却という所か。相場は需給を反映して、軒並み倍以上。いや、むしろ異常。
特別じゃなくていいから、はやく普通の魚市場に戻らないかな。
posted by にゃー at 15:38| Comment(2) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

耐える事には慣れっこ魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 130キロ ほか
「石橋」定置:イナダ 50キロ ほか
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:マンボウ、アオリイカ ほか
「江の安」定:ホシエイ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:イナダ 110キロ、イシダイ 40キロ
「大磯」定置:アジ、クロダイ ほか

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:ヒラスズキ、ヤリイカ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ、マルアジ ほか

20180125_0500.jpg最強寒波襲来に震える関東平野。その南に位置する小田原も、ご多分に漏れず「寒い寒い」が場内のアチコチで連呼。まるで、冷凍庫の中で仕事をしているかのような厳しさであった。
一本極太「アカヤガラ」は、釘が打てる程の鮮度感を保ち続け、この形が意味するところ「つ(つめたい)」なのか「J(ジャンボ)」なのか、しばし議論。
それにしても、あまりの冷え込みに魚が引きこもるのは当然として、休み明けではあったものの釣りものや刺し網も多くはなかった。考えてみれば火曜の豪雪では漁に出られないし、昨日の強烈な時化では船を出そうにも無理。結果、本日の空振りは止む無し、と。
その上、この寒波はしばらく居座り、冷え込み確定。さらに明日から「休漁」が一箇統増え、魚が増える理由も無い。
唯一の希望は、「福浦」定置の底網のみ。
posted by にゃー at 14:06| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

魚市場の流行はインフル場へ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イシダイ 50キロ、サバ 50キロ
「石橋」定置:サバ、イナダ ほか
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

東方面からは、
「平塚定置」:スズキ 40キロ、アジ 30キロ、イナダ 30キロ

20180123_0105.jpg
午前1:00、男たちは荷を列べていた
って、漁港周辺まるで雪なし。
ここは日本か!?

20180123_0133.jpg
1:30、米神定置、ブリを求めて出港

20180123_0518.jpg
5:00 寒くなってまいりました…

20180123_0603.jpg
6:04 そして、セリが終わった…

posted by にゃー at 13:32| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

魚市場の全てはおまんまの為

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 40キロ ほか
「石橋」定置:イナダ、スズキ ほか
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:イナダ、マンボウ ほか
「江の安」定:ホシエイ、マンボウ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:マダイ、アオリイカ ほか
「大磯」定置:アジ 160キロ、マンボウ ほか

伊豆方面からは、
「真鶴釣船」:釣イナダ 270キロ
「富戸釣船」:釣キンメダイ 60キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 120キロ ほか
「松輪釣船」:釣アブラボウズ 370キロ(10本)

20180122_0510.jpg「べ、別に風邪引いているわけじゃないんだからね!」
とか何とか強がりながらも、朝一番の水揚げから始まって今朝は、三箇統で「ちびマンボウ」が三連発。口をつくのは「トニー谷♪ ブクブク・マンボ」。
20180122_0631.jpgそして土曜日と同漁師、同漁場で「ミツクリザメ」が二連発。前回のオスに続き、メスが後追い羅網したのか?再び「江ノ島」行くも、展示前に逝った模様。
20180122_0748.jpgさらに昼頃から降り出した雪は徐々に勢いを増し、夜中まで降り続けるという・・・。
20180122_123424.jpgそんな冷え込み厳しい夜は、鍋に限るよね〜。カニ入れて、エビ入れて、タラ入れて、ドンコ入れて、アンコウ入れて、シャケ入れて〜。いけね、野菜入れるところなくなった。
暖まった後は、今夜の下り最終で出社するようか?箱根に雪の後は「ブリ」が獲れる言い伝えを信じて、行くしかない。電車が動いてる事、前提だが。
posted by にゃー at 15:50| Comment(2) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

まるで魚市場もペタンコ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ、イシダイ ほか
「石橋」定置:イナダ ほか
「 岩 」定置:ホウボウ、サバフグ ほか
「原辰」定置:カワハギ、ホウボウ ほか
「江の安」定:メジナ、ホシエイ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:サバ、イナダ ほか
「大磯」定置:アジ 30キロ ほか

伊豆方面からは、
「真鶴釣船」:釣イナダ 390キロ ほか
「川奈釣船」:釣キンメダイ 60キロ
「宇佐美釣」:釣クロムツ、釣メダイ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 70キロ、スズキ 70キロ、イナダ 90キロ、マルアジ 40キロ

週明けの予報では、小田原周辺に雪もありえる冷え込みと低気圧だとか。
関東地方全域が強烈な寒波の下にさらされキュンと冷え込むという。幸いに小田原はもっとも寒波の影響を受けにくい場所にあり、小田原だけ雪が降らないという神がかったバリア地域でもあるが、今回、どこまでその神通力が通用するか不透明である。
20180120_0658.jpgまるで今朝獲れた「ミツクリザメ」の肌の色のように。
国府津沖の刺し網に掛かった今回の一匹は、水槽に入れてもゆっくりではあるが遊泳中の姿勢も安定しており、ホバリングをするなど落ち着いてるように見え、活きているサメとして見れば、好調と言える状態にあった。ただエラが全開になっており、呼吸に関して若干不安定であるのが気がかりであった。
「これは誰かに見せなくてはならない」。一昨日「米神」漁場の水揚げに「新江ノ島水族館」が地魚目的に帯同していたのを思い出し、早速連絡してもらった。
コチラの報告に拠れば、一応展示には成功したようである。
前回、私が「ミツクリザメ」を確認したのが、2013年12月18日。漁獲は今回と同じ、国府津の「浩丸」。漁場もほぼ同じであった。
20180120_1056.jpgこの後、二ヶ月間の目立った地震活動はコレくらい
ちなみに今朝の水揚げに「トウゴロウイワシ」あり。水揚げ記録に名を連ねるのは、2011年1月以来の事である。
今月末には皆既月食もあるし、まだまだ一波乱ありそうだぞ。
posted by にゃー at 18:12| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

見える魚市場が全てじゃない

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イシダイ 50キロ、ホウボウ 30キロ
「石橋」定置:イシダイ、ホウボウ ほか
「 岩 」定置:イシダイ 80キロ、アオリイカ 30キロ
「原辰」定置:メジナ、イシダイ ほか
「江の安」定:カワハギ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:イナダ 160キロ、ワラサ 65キロ、イシダイ 70キロ
「大磯」定置:アオリイカ、クロダイ ほか

伊豆方面からは、
「真鶴釣船」:釣イナダ 120キロ
「川奈杉本」:ヒラスズキ、メジナ ほか
「宇佐美釣」:釣クロムツ 30キロ、釣キンメダイ 40キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 40キロ

あれ・・?魚が・・?遅れて・・?いるよ・・?
「いっこく堂」のネタの如く、まるで季節は衛星中継。
「福浦」定置の一週間に一度のお楽しみ底網水揚げ以外は、いま、ふたたびの奈落
それでもボリューム、バラエティ、そしてクオリティ。と三拍子揃った「福浦」の実力と豪華っぷりは、まさしく第6期「ゲゲゲの鬼太郎」状態。
レジェンド続々の超豪華声優陣はもちろんのこと、注目はハイヒールの似合う「ねこ娘」の進化っぷり。おまけに声がネコ好きのお嬢様とか。
何々?「ねこ娘」の説明書きに「お金に汚いねずみ男が悪さをすると目の色を変えて豹変し襲いかかる。」って、まるで場内での風景そのままじゃん。しかも「魔女宅のキキ」をリスペクトするかの「赤ハチマキ」へのデザイン変更。20180119_0752.jpgえ?リボンじゃないかって?頭に巻くという意味で一緒でしょ。コリャあ観るっきゃない。
そして妖怪といやあ、今朝の市場にもふたたびの「ぼうず」出現。しっかりいただきました。
posted by にゃー at 17:52| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする