2018年04月28日

魚市場で復活期待されるアバ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 500キロ、サバ 80キロ ほか
「石橋」定置:サバ 150キロ ほか
「 岩 」定置:サバ 100キロ、スルメイカ 50キロ、アジ 50キロ
「原辰」定置:アジ 130キロ、ヒラマサ 150キロ、メジナ 120キロ
「江の安」定:アジ、サバ ほか
「二宮」定置:アジ 230キロ、サバ 150キロ、ワラサ 150キロ
「福浦」定置:ヒラマサ 70キロ、イナダ 80キロ、イシダイ 70キロ
「大磯」定置:アジ 300キロ、サバ 490キロ、小サバ 180キロ、カタクチイワシ 70キロ

伊豆方面からは、
「赤沢定置」:サバ 420キロ、小サバ 2.9トン、ヒラマサ 100キロ
「富戸定置」:ワラサ 310キロ、小サバ 110キロ
「川奈杉本」:サバ 70キロ ほか
「宇佐美船」:生シラス 70キロ

東方面からは、
「平塚定置」:サバ 50キロ ほか

和歌山船 ・・・ 釣カツオ 700キロ

新曲を吹き込んだと言われる「ABBA」だが、小田原で「ABBA」と言えば、もちろん「アジ」+「サバ」。
春の声を聞く3月頃から両者共に水揚げを増やすべき、言わずと知れた小田原を代表する地魚のコンビである。
しかし4月に入って獲れているのは、「小サバ」中心であって、辛うじてその中に「マサバ」が多めに推移してはいるものの、小田原方面を中心に「マアジ」の低空飛行が相変わらず続いている。
そして来週、盛期の5月を迎えるにあたり、いよいよ貧漁で終始する不安がますます拡大してきている。
春前の水産試験場の水揚げ予報では「アジ=多め」と出ていた気もするのだが、この際、皆で「ダンシング・クイーン」でも唄って、踊って忘れることに致しましょう。
posted by にゃー at 18:01| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月27日

半島に核なく魚市場に角あり

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 2.6トン、サバ 250キロ、アジ 120キロ、ホウボウ 50キロ
「石橋」定置:小サバ 2.5トン、サバ 200キロ、アジ 120キロ、ホウボウ 45キロ
「 岩 」定置:イシダイ 80キロ、サバ 70キロ、スルメイカ 60キロ、アジ 50キロ
「原辰」定置:サバ 480キロ、小サバ 820キロ、アジ 140キロ
「江の安」定:サバ 40キロ ほか
「二宮」定置:ワラサ 90キロ、マイワシ 90キロ、サバ 90キロ、アジ 60キロ
「福浦」定置:イナダ 300キロ、サバ 190キロ、小サバ 190キロ、メジナ 100キロ、イシダイ 70キロ
「大磯」定置:サバ 900キロ、小サバ 600キロ、アジ 170キロ

伊豆方面からは、
「沼津底曳」:クロダイ 200キロ ほか
「宇佐美船」:生シラス 70キロ

東方面からは、
「江ノ島網」:アジ 130キロ、ヒラマサ 90キロ

「小サバ」増えました。「孫サバ」減りました。
「アジ」も若干増えました。対して「ワラサ」は減りました。
「イナダ」は「福浦」だけにありました。「ヒラマサ」全体、消えました。
「カクアジ(カイワリ)」は獲れてます。
なんだろう、この獲れ始めたかなと思うと獲れなくなったり、獲れないなと思うと急にドカンと来たり。そしてまたコロリと変わる海のご機嫌。
まるで北朝鮮外交の様な日々だが、「いつもそうじゃん」と言われれば、そうのような気がする。
要は喜びすぎない事、過度に期待し過ぎないこと。
しかし、決して関心を失わないこと。
posted by にゃー at 19:43| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月26日

半分、青い魚市場。

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 350キロ、小サバ 1.3トン、アジ 260キロ、ワラサ 80キロ、小ムツ 70キロ
「石橋」定置:アジ 90キロ、サバ 140キロ、ホウボウ 50キロ
「 岩 」定置:イシダイ 260キロ、ボラ 200キロ、アジ 60キロ、サバ 60キロ
「原辰」定置:サバ 400キロ、小サバ 860キロ、アジ 80キロ、メジナ 60キロ
「江の安」定:ヒラマサ 110キロ、サバ 210キロ、小サバ 300キロ
「二宮」定置:ウマヅラハギ 50キロ、イシダイ 40キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:マイワシ 1.2トン、カタクチイワシ 110キロ、サバ 100キロ

伊豆方面からは、
「赤沢定置」:ヒラマサ 200キロ、小サバ 250キロ、サバ 180キロ
「川奈杉本」:サバ 50キロ ほか
「宇佐美船」:生シラス 120キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 40キロ、サバ 120キロ
「江ノ島網」:クロダイ 50キロ ほか

20180426_yellow.jpgいよいよ季節的な頃合い、黒潮の影響も含め、相模湾に廻ってくる回遊魚が増えてきたようだ。
「イワシ」、「サバ」、「アジ」・・重量的にまとまるのは皆、青魚であり、さらに今朝は「ワカシ」の姿が見えていた。今後ますますその量は増えるだろうし、割合も増してくるだろう。
20180426_akmt.jpg同じく、今朝は「米神」定置に珍しく「アカムツ」の姿があったが、まだまだ「イシダイ」、「ホウボウ」、「小ムツ」など白身の魚は安定して獲れてはいる。しかし、その割合は総量的に見ても徐々に拮抗してきたと言えるだろう。
今年は「アジ」にしても「サバ」にしても漁獲量が増えず、先日まとまった「マイワシ」にしても、今朝はガクンとその量を減らすなど漁も続かない傾向にある。
量も獲れないで、獲れた魚も続かないというような状況がこのまま続くようでは、そのうち、この業界の半分以上の人間の顔色が青くなってくる事だろう。
なんとしても、それだけは避けたいところである。
posted by にゃー at 16:02| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

銀鱗英雄伝説魚市場魚ーズ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ワラサ 100キロ、ウルメイワシ 80キロ
「石橋」定置:サバ 160キロ ほか
「 岩 」定置:スルメイカ 60キロ ほか
「原辰」定置:小サバ 370キロ ほか
「江の安」定:小サバ 300キロ ほか
「二宮」定置:マイワシ 4.2トン、イシダイ 200キロ
「福浦」定置:イナダ 380キロ、サバ 150キロ、ヒラマサ 100キロ
「大磯」定置:マイワシ 7トン ほか

伊豆方面からは、
「川奈釣船」:釣キンメダイ 80キロ

東方面からは、
「平塚定置」:マイワシ 580キロ

大島釣船・・・釣カツオ 130キロ、釣キハダ 210キロ

20180424_0540iws.jpg「マイワシ」が大漁とかけて
映画「ハン・ソロ」と解く
その心は・・
主役は「中羽ッカ」
posted by にゃー at 19:52| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

魚市場の底からこんにちは

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 280キロ、小サバ 250キロ、イナダ 90キロ、ホウボウ 50キロ
「石橋」定置:サバ 400キロ、スルメイカ 60キロ
「 岩 」定置:イシダイ 180キロ、サバ 110キロ、ヒラマサ 140キロ、小サバ 100キロ、スルメイカ 50キロ
「原辰」定置:サバ 70キロ ほか
「江の安」定:小サバ 310キロ、サバ 40キロ
「二宮」定置:イシダイ 430キロ、ブリ・ワラサ 80キロ、サバ 80キロ、イナダ 70キロ、ホウボウ 50キロ
「福浦」定置:イナダ 1.4トン、メジナ 370キロ、サバ 270キロ、ワラサ 70キロ、スズキ 70キロ
「大磯」定置:サバ 350キロ、小サバ 200キロ、カタクチイワシ 100キロ、アジ 70キロ

伊豆方面からは、
「山下丸網」:アジ 60キロ、小イサキ 60キロ
「川奈杉本」:アカカマス、クロダイ ほか
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 100キロ

東方面からは、
「平塚定置」:マイワシ 280キロ
「江ノ島網」:クロダイ 75キロ ほか

和歌山船 ・・・ 釣カツオ 510キロ
         釣キハダ 1トン
         釣キンメダイ 270キロ

20180423_book.jpg今日が「サン・ジョルディの日」と知ってか知らずか、魚市場のとある岸壁に一冊の本。
誰だ?こんな所に本を置いたの?釣り人の忘れ物か、漁師の落とし物か。
そりゃ「本ガツオ」が大漁水揚げだからって、内容は・・・戦国もの?時代物?あまり面白そうではなかったか。
忙しかったので明日ゆっくり吟味するとして・・。
ということで、明日もあったらコチラで処分するので、持ち主は速やかに回収しておくよーに。
そういや魚の呼び名の中には、「カツオ」などのように似た魚が多い種類の場合、王道や主役である事を強調するかのように「本」の字を付けて呼称し、流通させる場合があるようだ。
主に魚屋などで用いられる事が多く、「本ムツ(ムツ)」や「本アジ(マアジ)」の他、「本カサゴ」、「本メバル」、「本アンコウ(キアンコウ)」、「本サバ(マサバ)」等々。定番と呼ばれる魚ほど「本」が付く場合が多いようだ。
また定番とは異なるが、中心という意味でも「本」の字は用いられ、特に地名で顕著であり、「本町」という地名は大抵の大きな自治体であれば、中心街もしくはその近くにあるのでは無いだろうか。
かく言う「(株)小田原魚市場」も、かつては小田原の中心街「本町」にあったことは、よく知られた事実であろう。
昔は港や岸壁もなく、砂浜の広がる海岸の一角であったそうだが、漁師や買い付けに来る魚商、市場や仲買関係者、さらには手伝う女衆、子どもたちで相当な賑わいだったらしい。
参考→「旧小田原魚市場跡」「かまぼこ通り今昔物語
どうせ一冊置いていってくれるなら、「日本魚類館」ぐらいにしてくれたらよかったのに。
posted by にゃー at 17:33| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

魚市場は学校じゃねぇんだよ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 210キロ、スルメイカ 80キロ、ホウボウ 50キロ
「石橋」定置:サバ 70キロ、スルメイカ 70キロ
「 岩 」定置:イナダ 420キロ、サバ 100キロ、スルメイカ 40キロ
「原辰」定置:小サバ 240キロ、メジナ 100キロ
「江の安」定:小サバ 230キロ、サバ 100キロ
「二宮」定置:イシダイ 150キロ ほか
「福浦」定置:サバ 560キロ、イナダ 320キロ、スルメイカ 40キロ
「大磯」定置:アジ 330キロ、サバ 350キロ、ヒラマサ 130キロ

伊豆方面からは、
「富戸定置」:ヒラマサ 890キロ
「熱海丸網」:アジ 300キロ
「川奈杉本」:クロダイ、アカカマス ほか
「宇佐美船」:生シラス 70キロ
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 60キロ

和歌山船 ・・・ 釣カツオ 550キロ

来る日も来る日も、相模湾という名の先生が与える漁獲という課題。水揚げという授業の下に、与えられた問題は日々異なり、課題も多い。
しかし、解くべきであるかどうかを決めるのは、自らであり、その行動指針も個人で異なる。それは自己の意識であり、各の判断である。
そして決して求める答えはひとつではなく、答えを出すべきかどうかでも無い。
そこにあるのは、責任と言う名のエクスタシーである。
posted by にゃー at 17:09| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする