魚体中骨抜き器販売中

2018年01月18日

魚市場ららばい

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 50キロ、イシダイ 30キロ
「石橋」定置:イナダ 30キロ ほか
「 岩 」定置:サバフグ 50キロ、サンマ 30キロ
「原辰」定置:カワハギ、イナダ ほか
「江の安」定:カワハギ、ヤリイカ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:サバ、イナダ ほか
「大磯」定置:小アジ ほか

伊豆方面からは、
「真鶴釣船」:釣イナダ 200キロ
「網代定置」:ブリ 340キロ
「赤沢定置」:イシダイ 110キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 110キロ

どうですか、休市明けでほとんど目方がなかった魚たちが、今朝は少しずつでも目方になってきましたよ。
「イナダ」にしても「サンマ」にしても、その量が増えてきて、なんとなく底打ち感がしませんか?
「ブリ」やら「イシダイ」やらも顔出して、賑やかになってきた気がしませんか。無いものねだりの子守唄はもう止めだ。
そう言えば「ヨリトフグ」が最近話題とか。小田原でも見掛けます、「去年の記事」と先日の「地魚広辞苑」もご参考にどうぞ。
20180118_simex.jpgさて、水揚げ概況をご覧の方より、今年度は「ヒラメ」の水揚げ枚数が記載されていない旨の問い合わせを複数頂きました。水揚げ量が多いときには、相場の軟化を想像し、魚屋さんへ買いに出かけたり、小田原サーフでのショアジギングのタイミングや群れ到来の指標として活用している等、いろいろな方が見ているなあと教えられました。
小田原漁港は、神奈川県下でも「ヒラメ」の水揚げ一位を誇り、刺し網漁業のメッカとしても知られております。「ヒラメ」に関して小田原の漁業者は自主的な種苗放流や漁獲制限、禁漁設定などの管理を行い資源を永続的に守りながら操業しており、その弛まぬ努力の積み重ねによって水揚げが守られていると感じます。これら管理の成果を見る上で水揚げ枚数を共有する事は最も簡単に漁業者のヤル気にもつながり、また水揚げ目標や量の把握、検討データとして有意であることも承知しております。しかし、それでもその数字を秘匿する理由は何かと問われれば、業務的必然と答える以外にありません。
え?業務的怠慢では?とお思いの方もおられましょうが、この「ヒラメ」の枚数データを収集する手間の為に、このブログ全体の更新が途絶える事とのどちらを選択するのか?と問われれば、自ずと答えは明らかになると思われます。結果的に数字が明らかにならない事になり、申し訳ないのですが、「ヒラメ」の漁獲が増えてきた際には記事にて大漁の報告はなされましょうし、具体的な数字はなくとも、ある程度の想像は出来るようにするつもりでございます。今後より一層、記事内容の充実を図ると共に、末永くご注目下さいますようお願い申し上げます。
posted by にゃー at 14:54| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

冬の風物詩 魚市場のボロ市

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ホウボウ、イナダ ほか
「石橋」定置:イシダイ、アカヤガラ ほか
「 岩 」定置:ホウボウ、サバフグ ほか
「原辰」定置:カワハギ、サバフグ ほか
「江の安」定:イシダイ 50キロ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:ワラサ、ヤリイカ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 270キロ ほか

今朝も市場は閑古魚。いえ閑古鳥。
湘南方面の「アジ」増加は良い知らせも、相場はアジ安杏果卒業記念とはいかず。
その他、大小「イシダイ」と細かめの「ホウボウ」が多かったのが目立った程度で、あとは十把一絡げ。
20180116_0419.jpgでもそんな中にキラリと光る逸品が転がってるから、面白い。釣りで揚がってきた活けの「アカムツ」なんぞ、一匹だけの一点もの。見つけるだけで嬉しくなっちゃう。
「ボロ市」って楽しいよね〜。ってなわけで、今から世田谷ボロ市最終日行ってきまあす。
posted by にゃー at 10:09| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

魚市場で一番クールな猿

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イシダイ、アオリイカ ほか
「石橋」定置:アオリイカ、イシダイ ほか
「 岩 」定置:アオリイカ、カワハギ ほか
「原辰」定置:カワハギ、イナダ ほか
「江の安」定:ヤリイカ、アオリイカ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:マルアジ、ヤリイカ ほか
「大磯」定置:クロダイ、アジ ほか

伊豆方面からは、
「真鶴釣船」:釣イナダ 120キロ
「川奈杉本」:ヤリイカ、イナダ ほか
「南伊豆釣」:釣アブラボウズ 2本

東方面からは、
「平塚定置」:ウマヅラハギ、カワハギ ほか

20180115_0759.jpg空の青さと雲の白さだけが強烈に印象に残る朝。太陽が眩しかったからと殺人を犯したのはカミュの「異邦人」だが、寒い冬だから魚が獲れないことを条理というのなら、この広い海に網を掛けることの不条理を何と説明するのか。
本日も目方になったのは「イナダ」くらい。週明けでもこれだから、まだまだ冷え込みは相当。
しかし、これから暖気の流入で冷え込みは落ち着くという。理由などいらぬ、小さな希望を求めるからこそ、人は生きていける。
posted by にゃー at 19:15| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

今宵魚市場の幸でオードブル

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イシダイ、イナダ ほか
「石橋」定置:イシダイ、スルメイカ ほか
「 岩 」定置:スルメイカ、ヤリイカ ほか
「原辰」定置:イナダ、マンボウ ほか
「江の安」定:ウスバハギ、アオリイカ ほか
「二宮」定置:マルアジ 180キロ、サバ 70キロ
「福浦」定置:イナダ 120キロ、イシダイ 75キロ、ワラサ 75キロ
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「駿河釣船」:釣タチウオ 50キロ
「真鶴釣船」:釣イナダ 75キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 120キロ、マルアジ 110キロ

週末のお楽しみは、「福浦」定置の底網の実力。「イシダイ」と「イナダ」のコンビをガッツリゲットで安心のホリデイ。
20180113_055.jpgさらに「平塚」の定置網と歩調を合わせた「二宮」定置は、まるっと「マルアジ」しっかり漁獲で、最後のインパクトを残し、バカンスの如く冬眠に。
駿河湾の「タチウオ」はシーズン終了かと思いきや、忘れた頃の伝家の宝刀とばかり押っ取り刀でやって来た。
あとは「ヤリイカ」と「スルメイカ」でバランスを整えながら、ちょっと早めの晩酌がいいみたい。
posted by にゃー at 17:08| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

魚市場はいつでも最高密度

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イシダイ、アオリイカ ほか
「石橋」定置:サバ、アオリイカ ほか
「 岩 」定置:ヤリイカ、ホウボウ ほか
「原辰」定置:イナダ、マンボウ ほか
「江の安」定:ヤリイカ、マルソウダ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:スズキ、ヒラメ ほか

20180112_0416.jpg昨日の今日で「ブリ」は無し。ただただ寒い朝。時間の経過が遅い遅い。
自然はただ従うことによってのみ支配し得る。この季節、魚が無いことが当たり前であり、魚が揃いにくいのが当たり前である。これだけ寒けりゃ魚も動きたくはないのだろう。
20180112_0526.jpgそんな中、珍客。新しい缶バッチくれた。また来週も来るってさ。
明日は「二宮」定置、久しぶり(にして計画休漁前最後)の水揚げ(確定)。
内容が・・・見える見える、中型の「ヤイトハタ」が見える。大きめの「マルアジ」が大量に見える・・・。「マサバ」も肥えてる、「マアジ」も良い型揃い・・。
予言と言う名のネタバレ。魚が無い今、とても貴重な魚たちばかり。ありがたや、ありがたや。
posted by にゃー at 18:53| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

エンタテインメント魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アオリイカ、イナダ ほか
「石橋」定置:アオリイカ、ヤリイカ ほか
「 岩 」定置:ヒラソウダ、サバ ほか
「原辰」定置:ヤリイカ、イナダ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:スルメイカ、ヒラソウダ ほか
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「網代定置」:ブリ 1.9トン
「赤沢定置」:イシダイ 80キロ
「川奈杉本」:メジナ、ヤリイカ ほか

20180111_055131~02.jpg本日、SONYのエンタテインメントロボット「AIBO」が発売になりましたが、今朝の魚市場では「(A)網代の(I)イイ(B)ブリが(O)大獲れ」で大人気。ズラリ整列した鮮度感あふれる滑らかな光沢に輝く魚体は、愛らしいクルクル目玉とむっちりボディを持ち、個性的かつ妖しく誘う色気と風雅をもって五感から買受人の食欲と購買意欲をそそり、競り後には、その親近感と魔力に取憑かれた男達が寄り添う様に「ブリ」を連れて歩く姿が見受けられた。
漁獲された「ブリ」の口々には「スルメイカ」が入っており、沿岸に接近してきた「スルメイカ」を追って入網した様子がうかがえる。11キロ〜9キロ台はいずれもパンパンで、「一本でもにんじん」、「ガリガリでもブリッブリッ」ってくらいにいずれ劣らぬ好魚体。きっと多くの顧客を満足させてくれる事だろう。
明日以降の漁獲も引き続き期待すると共に、小田原近辺での漁獲の報も楽しみになってくるピンゾロの一日であった。
posted by にゃー at 12:08| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする