2018年08月21日

時を忘れた魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 250キロ、ヤマトカマス 190キロ、サバ 120キロ、ウルメイワシ 40キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 500キロ、小サバ 320キロ、マイワシ 40キロ
「 岩 」定置:マイワシ 600キロ、サバ 380キロ、小サバ 280キロ、ヤマトカマス 110キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 130キロ、メイチダイ 120キロ、サバ 210キロ、マイワシ 710キロ、小サバ 130キロ、ショウゴ 100キロ、ヤマトカマス 70キロ、マルアジ 50キロ
「福浦」定置:マイワシ 500キロ、小サバ 400キロ、シイラ 250キロ
「大磯」定置:小サバ 230キロ、サバ 180キロ、マイワシ 650キロ、アジ 40キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:アジ 35キロ、イサキ 30キロ
「川奈杉本」:ヤマトカマス 70キロ、ショウゴ 30キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 210キロ


20180821_0800.jpg今朝も「イワシ」中心の水揚げに変わりは無し。
「シイラ」や「ワカシ」、「トビウオ」と言った夏の魚は増えぬまま。
一旦の涼しさは消え、また暑い日が戻ったが、相模湾水温低下中。
西から台風接近の報も、海の中はすでに秋。
20180821_0516.jpgとは言え、全体的な水揚げ量の低迷は深刻。
「イワシ」と「小サバ」以外で見ると悲惨と言える状態。
変わるきっかけを探すが、振り返っても何処にも落ちていない。

今日のイセエビ ・・・ 50キロ
posted by にゃー at 05:18| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

伝統魚市場保存会・稚魚の会

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 1トン、小サバ 800キロ、サバ 350キロ、アジ 80キロ、マイワシ 170キロ
「石橋」定置:小サバ 440キロ、マイワシ 130キロ、サバ 100キロ、メイチダイ 90キロ、カマスサワラ 40キロ
「 岩 」定置:小サバ 750キロ、マイワシ 720キロ、サバ 430キロ、ヤマトカマス 230キロ、マルソウダ 40キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:マイワシ 1.1トン、アジ 190キロ、小サバ 120キロ、ショウゴ 140キロ、サバ 40キロ
「福浦」定置:マイワシ 600キロ、小サバ 500キロ、サバ 210キロ、マルソウダ 300キロ、シイラ 400キロ、小イサキ 120キロ、サワラ 50キロ
「大磯」定置:マイワシ 3.3トン、サバ 490キロ、小サバ 380キロ、アジ 40キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:ヤマトカマス 100キロ、ショウゴ 40キロ
「沼津底曳」:マダイ 120キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 150キロ ほか

和歌山船 ・・・ 釣キハダ 370キロ

20180820_052226.jpg女中役なら谷よしの、運転手役なら沢村いき雄、朝〆養殖魚なら岬水産、歌舞伎の若手見るなら稚魚の会。様々な役者が揃う魚市場にあって、旬の魚介を中心に様々な魚が顔を揃える活魚売り場は、まさにその集約地。
20180820_0519.jpg噂の富田林の兇状持ちは、未だ小田原には到着していない様だが、木を隠すなら森の中、魚を求める人たちでごった返す魚市場内、何処に潜んでいるとも限らない。今日も監視の目は鋭く、また水も漏らさない。しかし、競り場は水浸し。
20180820_0607.jpgそして、市場は再びの「マイワシ」稚魚で溢れつつ、「小サバ」も混じった「稚魚の会」開催中。
国立劇場同様に、今日で終わってくれると良いのだが・・・

今日のイセエビ ・・・ 70キロ
posted by にゃー at 21:06| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月18日

魚市場のスーパーボランテア

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 750キロ、ヤマトカマス 680キロ、サバ 420キロ、イサキ 90キロ、マイワシ 100キロ、イサキ 120キロ
「石橋」定置:小サバ 340キロ、サバ 110キロ、マイワシ 160キロ、メイチダイ 60キロ
「 岩 」定置:マイワシ 2.6トン、小サバ 650キロ、サバ 380キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:メイチダイ 140キロ、アジ 150キロ、マイワシ 440キロ、サバ 160キロ
「福浦」定置:マダイ 440キロ、小サバ 500キロ、サバ 260キロ、イサキ 170キロ、ヒラメ 100キロ、ワラサ 120キロ、メジナ 85キロ、アジ 80キロ、ヘダイ 60キロ、メイチダイ 40キロ
「大磯」定置:サバ 850キロ、小サバ 720キロ、マイワシ 760キロ、アジ 40キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 50キロ ほか

20180818_0527ikasi.jpgすっかり朝方、涼しくなり、♪今はもう秋、誰もいない海〜と不安になりつつも、万が一、いなくなったらあの”赤いハチマキ”に探してもらわにゃと思っていたところ、昨日の今日でいなくなるはずもなく、今朝もやっぱり今が旬の「メイチダイ」、そして大きめ「イサキ」は「大杉漣」と叫びたくなる程にラッシュアワー。
20180818_0659.jpgちなみに「トワ・エ・モワ」の楽曲として有名な「誰もいない海」は、小田原の海岸を唄った歌。
20180818_08bigisk.jpg中でも「メイチダイ」は一気に最高潮の獲れ高で、活け〆の輝きと美麗さはモリコーネの名曲「エクスタシー・オブ・ゴールド」を脳内再生させる程。方や名残りとなりつつある「イサキ」も重厚にして端麗、その使い心地は簡単に忘れられる様な代物ではない。
20180818_0243.jpgさらに連休明け最初の水揚げとなった「福浦定置」も、秋色一色の充実度で応えれば、場内は歓喜の嵐。「マダイ」に「ヒラメ」に「ワラサ」に「メジナ」、それに「アジ」「サバ」含めて、こんな素晴しい地魚たちが総踊りを決行する中、答えは「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら使わにゃ損々」の一択しかなかった。

今日のイセエビ ・・・ 40キロ
posted by にゃー at 18:23| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月17日

魚市場のおもてなしリスト

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 910キロ、サバ 300キロ、アジ 90キロ、イサキ 240キロ、ヒラソウダ 70キロ
「石橋」定置:小サバ 280キロ、ヤマトカマス 160キロ、メイチダイ 70キロ、マイワシ 100キロ
「 岩 」定置:小サバ 4.4トン、マイワシ 1.6トン、サバ 520キロ、シイラ 180キロ、ヤマトカマス 60キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 420キロ、マイワシ 560キロ、サバ 150キロ、小サバ 280キロ、ショウゴ 140キロ、小イサキ 70キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:マイワシ 2.7トン、小サバ 510キロ、サバ 600キロ、アジ 80キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:カツオ 1.2トン
「川奈杉本」:ヤマトカマス、シイラ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 230キロ ほか

場内で拾った一枚の紙切れ、これを見ると今朝の市場の内容がバッチリ分かる・・・

◎市場の活魚売り場
・活メイチダイ 1マス〜6本は活締めで氷水へ
20180817_0324.jpg ※銘柄は問わない。
・活伊勢海老 1マス 高級品
・活イサキ (米神) 高級品

◎市場競り場
・小ムツ 2〜3箱 高級品
・サバ(マサバとゴマサバ 2種類) 各1箱
・カマス(ネイラカマスとミズカマス)
・地魚詰合わせ 1箱(白身、タイ、青魚の詰合わせ)

◎その他の注意事項
20180817_0556.jpg・鯵・・・地鯵しか買わない(青鯵、目鯵ダメ)
・下氷にアオリイカを冷やして置くこと
・アワビは天然でも養殖でも何でも買う(好き)
・サクラエビ(大好き)
・ホヤ貝(獲れてない)
・「Yマサ」や「S水産」など長いものには巻かれない
・魚市場のみりんぼし・・・外はカリカリ、中はふっくら
・獲れたての物を食べるが、いかもの食いでもある
(原文ママ)


一体、誰のメモだったのだろう・・・?

今日のイセエビ ・・・ 50キロ
posted by にゃー at 14:26| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月13日

魚市場の決着もタイブレーク

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:サバ 500キロ、小サバ 500キロ、ヒラソウダ 200キロ、マイワシ 250キロ、イサキ 180キロ、マルソウダ 70キロ
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:マイワシ 1.2トン、アジ 210キロ、ヤマトカマス 130キロ、イサキ 380キロ、マルソウダ 80キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:マイワシ 1トン、小サバ 200キロ、サバ 100キロ、アジ 60キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:サバ 70キロ、マルソウダ 110キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 200キロ ほか

20180813_04htl.jpgこの季節、お盆の三連休を前にして毎年の様に「火垂るの墓」で涙して、「幽霊屋敷」で肝試し、夜は「刺身こんにゃく」を食べて寝るのが夏の大事な風物詩。
20180813_0659.jpgそんなことを思い出してたら、怒濤の地魚争奪戦が始まった。
特に刺身用白身への需要は高く、いわゆる「マダイ」や「ヘダイ(シロダイ)」、他にも見えた「タイ」と名の付く魚たち。「クロダイ」「マツダイ」「イシダイ」「メイチダイ」「イシガキダイ」「コショウダイ」「コロダイ」「ヒゲダイ」「カゴカキダイ」「タカノハダイ」「ニザダイ」・・・「イボダイ」は小さすぎ、「ネンブツダイ」はさすがに利用価値未満・・・。20180813_0702.jpgとはいえ「あやかりタイ」も含めた「タイ」の文字通りの奪い合いが行われた。
いずれも相場は、従来のレコードをブレイク。歴史的貧漁の中にあって、猛暑に負けない猛相場を相次ぎ記録した。
次の開市日は17日金曜日。「米神」定置も復活して、大漁必至間違いなしである。

今日のイセエビ ・・・ 100キロ
posted by にゃー at 20:13| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月11日

内緒の魚市場を教えます

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:ヤマトカマス 60キロ、小サバ 100キロ、マイワシ 60キロ
「 岩 」定置:イワシ混 800キロ、サバ 170キロ、ヤマトカマス 100キロ、小サバ 120キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:イワシ混 330キロ、サバ 150キロ、アジ 40キロ、イサキ 50キロ
「福浦」定置:イワシ混 1.5トン、サバ 550キロ、小サバ 750キロ、マルソウダ 1.1トン
「大磯」定置:休漁

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 100キロ ほか

20180811_0406.jpg本日旗日で「山の日」。しかし「ヤマトカマスの日」とはならず。
「イワシ」も山に足らず、何の山かと思えば、沖の鳥山の下に「キハダ」廻り来て、釣り上げるも一興なり
20180811_0737.jpg台風通過後、苦戦続く湘南方面の「生シラス」。今朝は小田原で若干の水揚げ。
そこに「ショウゴ(カンパチの子)」、「マハタ」、「シロギス」の子も混じり、チリモン・マニアは歓喜。
20180811_0547.jpg餘部の近くから「甘えび」。余るべと思ったら、あっさり完売。「カニ」も良いけど、「エビ」も良いよね。

今日のイセエビ ・・・ 40キロ
posted by にゃー at 13:10| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする