魚体中骨抜き器販売中

2020年07月02日

ネズミフグ

IMG_20200702_052916.jpg

あけましておめでとう
ございます

今年も1/2が
過ぎました。

と言うことで

ねずみ年も半分でチュ

しかも
昨日は

「ネズミーランド」
4ヶ月ぶりの
再開記念日です。

だから
というわけでは
無いでしょうが、

「ネズミフグ」



迷い込んで参りました。

でかいです。

エラ周りのトゲは

太く長いです。

全体、灰色、

ねずみ色です。

早く
浦安に
お帰り下さい〜
.
posted by にゃー at 17:32| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月20日

ボウズカジカ

20200620_062536.jpg
オタマジャクシ発見!

つるつるのぷよぷよ

20200620_062554.jpg
絞り出た
「ボウズカジカ」の名前

小さいながらも

ピチピチと
元気である

250メートルもの
深海の
カゴ網漁に入ってきた

※業務連絡
残念ながら
貝は無い・・

深海の世界では
珍しくない魚
かもしれないが、

実際、港に

水揚げされることは

滅多にない。

水族館で

見られるかどうかの

貴重な魚である。

とはいえ、

この小さな魚では、
食用価値はほとんど無く

魚市場では見向きもされず、

坊主丸儲けとは
行かなかったようだ・・

あ、そうだ

久しぶりに
床屋行ってこようっと
.
posted by にゃー at 20:04| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月09日

スナエソ

二日連続
和田丸シリーズ
20200609_080407.jpg
完全なるイグアナの面構え

赤江ちゃん
昨日ラジオ復帰だけど

これはアカエソの仲間。

フィッシュイーターらしく

シラス網にまみれて
混獲されました。

20200609_080427.jpg
小田原沿岸の
浅い海の砂底に棲むから

「スナエソ」

このわかりやすさが

魚の命名にも

大事だと思います。

普通にいそうな
魚だけど

なかなか獲れない
このサイズ

20200609_080504.jpg生シラスを
しっかり食べて
しっかり太った

この体。

イモムシかっ?

食味は不明ですが、

エソの仲間なら
普通に

練り物にして
美味しいでしょう
.
posted by にゃー at 18:43| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月08日

モンガラドオシ

20200608_092635.jpg
この前衛的デザイン

革新的なフォルム

突如、相模湾に現れた

Designed by 草間彌生

瀬戸内海から泳いできたんでしょうか?

20200608_092601.jpg
ヒョロヒョロっと

クネクネっと、

頭部のドットは繊細に

胴体のドットは大胆に

描く波長は

天才と努力の予定調和。

20200608_092432.jpg
「アンタ、何言ってんの?」

と言わんばかりの顔。

鱗の無い「ウミヘビ」の仲間

相模湾では

「ダイナンウミヘビ」が

圧倒的多数派だが、

こんな派手なのもいるんですね!

その名も
「紋柄通し(モンガラドオシ)」

この通しは、始めから終わりまでの意

麻雀で言うところの

「その一萬、とぉーーーし!」

の「通し」とは異なる由

定置網には入らない、

国府津の網に

絡まってた所を

ゲットしたらしい

しかも2匹連れ

今のところ元気!

.
posted by にゃー at 12:48| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月06日

シロシュモクザメ

20200606_0815.jpg
こんばんは、
いえ、おはようございます。

団鬼六です。

今日も今日とて
吊り上げちゃってます。

何しろ好きなもんですから・・

ご存じ
「シュモクザメ」です

今朝のは大きいです。

「米神」の定置網で獲れました。

水揚げ後、
20200606_06060.jpg
お腹から出てきた
20匹もの仔魚の処理に
困り果てる2人を他所に、

久しぶりの
大きな
「シュモクザメ」に

注目度も高め。

と言って、

この「シュモクザメ」が

アカか?シロか?ヒラか?

と答えられる人は
少ないかもしれません。

見分けは

「鼻先」

20200606_0821.jpg
ごらんのように

緩やかなカーブを
描いているこの魚は、

「シロシュモクザメ」
であり、

対して
「アカシュモクザメ」は、

鼻面が食い込んだ様な
カーブを描いています。


残る一種類の
「ヒラシュモクザメ」は

顔全体が
まっすぐな形になっており、

上から見ると魚の形が
T字型になっています。

今度「シュモクザメ」が
並んでいたら、

鼻先のカーブに注目して

正確に
種類を同定
してみて下さい。
.
posted by にゃー at 10:17| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月22日

クロサカゴ


20200522_kurokasago.jpg
っ…!

見たことない「カサゴ」現る

お!
第一印象
何この
「アカチョッキクジラウオ」色は・・?

おお!
第二印象
「アカカサゴ」とは
比べもににならない
くらいに柔らかい!

おおお!
第三印象
ただならぬ雰囲気・・・

その名前を

黒川元検・・もとい

「クロカサゴ」

ざわ…ざわ…

ちょっとアンタ・・

まさか小田原に

「賭け麻雀」

やりに来たんじゃ

あるまいな?

「クロカサゴ」
とは

至極、単純な名前だが

侮るなかれ!

150〜2000m暖海域の
深海に生息すると
言われる

深海魚・オブ・深海魚

珍海魚・オブ・珍海魚

である。

活きている間のみに

魅せる

奥深い朱色が

また艶めかしくも

不気味だ。

これが時間の経過と共に

深海魚らしい

漆黒の黒へと変化
するという・・

クロちゃんの闇・・

ここでは
触れないでおこう

世間の皆様には

知らせない方が良い

事実もあるのだ・・

って何!?

小田原沿岸沖に張る
刺し網に掛かる

それ程、深くなく

生息域ギリギリの
150mくらいの深さであろう

まさに
ハイリスク・ハイリターン!

千載一遇のチャンスに
感謝である
.
posted by にゃー at 16:51| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする