魚体中骨抜き器販売中

2019年03月25日

ミシシッピアカミミガメ

定置網で獲れるカメ

といえば、

皆さん

ウミガメを

想像するだろう。

かく言う

私もそうだった・・・

(過去形)

アカウミガメ

アオウミガメ

オサガメ

・・・

そして、今日

新たなカメが

加わることとなった

その種とは、

20190325_0455.jpg

小っさ

皆さんも縁日などで

顔なじみかと思いますが、

通称、ミドリガメ

正式名称

「ミシシッピアカミミガメ」

というカメであります。

飼ったことのある人もいるかも知れませんが、

このカメはもちろん

淡水産であり、

生活場所も

淡水に限られます


では、なぜ

そんなカメが

定置網に入ったか?

それは

啓蟄を迎えて

土の中から

冬眠を終えたカメが

出てきたまではよかったが

寝ぼけ眼に

つい足を滑らせて

川にドボン。

そのまま、海に流され、

潮流に乗って

定置網に入ってしまった・・・

のだろうか?

でも、そこから

こうして救われたのだから

このカメは

20190325_cameon.JPG
強運の持ち主と言えるだろう。

あやかりたや、あやかりたや
.
posted by にゃー at 21:30| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月18日

テナガダラ

20190314_065tng.jpg
カナダダラ」調べて

思い出したが

数日前にも

珍しいソコダラ?

が獲れていたことを

思い出した。

写真を引っ張り出してみると・・

鼻の尖りが甘く

目は大きめ

鱗も大きく

表面はザラ付き気味

胸びれはボロボロだが

大きめ・・

長め・・

手の様な胸びれが長め・・

OH!

「ヒレナガ」

じゃなくて

「テナガ」

そう

「テナガダラ」

これも初めて見た魚

二宮沖

100mぜ
.
posted by にゃー at 16:39| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カナダダラ

20190318_0500.jpg
謎のタラ出現

イカの墨なのか、

自信の粘膜なのか、

黒い液体にまみれた

一匹の怪魚。


一目で

201903_donko.jpg今まで見た

どのチゴタラ

の仲間とも

違う

と直感。

20190318_0502.jpg鳥のクチバシのように

三角形に飛び出した

上唇

20190318_0501.jpg上下に飛び出して
伸長する

腹びれと背びれ

全体に黒みがかり
ぬめりのある

体表・・


飛び出した目玉は

ご愛敬として、

お気づきだろうか

体の中央部分が

微妙に隆起している事に

これは

特徴とも言える

コブトリジイサン属の

カイアシ類の寄生

によって

できた肉塊

と見られる。

これこそ

決定的一打。

東京都市場衛生検査所をも

悩ませた

「カナダダラ」

その魚に

間違いないのである。

これは

相模湾でも

かなり深い所でしか

釣れない魚。

初めて見た。


割合として

「イバラヒゲ」100に対して

「カナダダラ」1くらいの

レアキャラ

と言えるだろう。
(感想には個人差があります)
.
posted by にゃー at 16:33| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

スケトウダラ

20190216_0514.jpg
おはようございますぅ
タラちゃんですぅ

今日はイクラちゃんちに

遊びに来ましたぁ

201902_tarachan.jpg
イクラちゃんが三浦半島で
タラちゃんは伊豆半島ですぅ・・何が?

ということで、

相模湾は
スケトウダラの南限ですぅ

福浦定置で獲れましたぁ

え?

福浦は厳密に相模湾じゃない?

だって
タラちゃんの足音って特別でしょ?

なら

スケトウダラも特別でしょ

って、そんな話

で、終いに一発

.
ラベル:定置網漁業 珍魚
posted by にゃー at 19:55| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月15日

ユリウツボ

20190207_0525.jpg
呼ばれて飛び出て
ゆりっぺ登場

かなり深い所で獲れる
「ウツボ」の仲間

10年近く前から
その姿を確認はしていたが

昨春
国府津沖で獲れた個体で

名前を確認できた。

今年になって初の水揚げ。

年に数匹獲れるかどうかの

珍魚。

いわゆる虎柄の

スタンダードな
「ウツボ」と

比べると、

地味な印象は
拭えない。

それでも

顔は立派な
「ウツボ」

貫禄十分である。

獲れる場所も
限られるようだが、

夜には
行動範囲を拡げ

浅い所まで

上がってきている様だ。
posted by にゃー at 10:49| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月05日

ヒラツメガニ

20181201_gani.jpg
珍しく活きた
「ヒラツメガニ」が!

甲羅の模様から

「Hガニ」と

呼ばれるらしい

定置網にも
刺し網にも

掛からないが、

シラスの

沖曳きの網に

入ったようだ
※シラスの沖曳きは禁漁中
※写真の個体は12月漁獲

数年前まで

東北方面から

度々入荷があった

ように記憶するが

最近は
あまり見なくなった
「ヒラツメガニ」

湘南の海岸にも

いるもんだな

そう言えば、

その昔(1980年代)、

湘南の海岸で
投げ釣りしてると

「キンセンガニ」


良く釣れた
気がするのだが、

最近は
どうなのだろう

港では
サッパリ見ないし、

忘れていたが、

フト思い出し

✌会いたくなった✌
.
ラベル:甲殻類 活魚 地魚
posted by にゃー at 19:22| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする