魚体中骨抜き器販売中

2023年04月28日

ウチワフグ


20230428_050.jpg
活魚コーナーに泳ぐ
一匹の金色の魚

黄金週間の始まりに
ふさわしいな・・と
思いつつ二度見・・

ふゃっ!

こ、これは
・・・

16年前に
国府津の刺し網
和田丸が
一匹獲って
その時、
写真を取り損ねた
悔しさを忘れられず
ずっと
追い求めた
珍魚

まさに
「ウチワフグ」

その魚ではないか!

♪脳内で流れる
「魅せられて」のBGMに乗せて
230428_fugg.jpg
広がる扇は、すでに全開

この完璧かつ
洗練されたデザイン
ジウジアローか
サイトウマコト

そりゃ
江戸時代の人たちをも
魅了するワケですね
参考リンク:https://dl.ndl.go.jp/pid/11535999
参考リンク:https://twitter.com/ukiyoeota/status/839322542623973376

上の「鳥獣魚冩生圖 ウチハ魚」に拠れば、白身にして脂あり、味は漫(しまりがない)、無毒とありますね
って、何々・・獲れたのが今の伊勢志摩の大王町波切だって!

かの小津安二郎監督
唯一の大映作品
「浮草」の舞台じゃあないですか!

あれ真夏の伊勢が舞台だから、うちわが沢山出てくるからなあ
その一本が「ウチワフグ」だったとしても気がつかないかも・・
いや、逆にもうその一本が紛れ込んでいるのかも・・

早速今晩、寝る前に
鑑賞して確認しなくては!
.
posted by にゃー at 14:50| Comment(2) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月17日

スーパージンタ


20230417_064020.jpg
スーパージンタ

小田原では
「ジンダ」
と呼ぶ人が多い

どっちでもいいと
思いますが、

全国的には
「ジンタ」の方が
メジャーか

「ジンタ」とは「マアジ」の
仔魚のことになります

「小アジ」の
さらに小さいのが
「ジンタ」で

「ジンタ」の中でも
一際小さく
「特別」なのが
「スーパージンタ」

一部(日本海側や関西地方)では
「豆あじ」や「カキノタネ」など
と称して流通しているが

何が特別って
20230417_063943.jpg
この中から
この「ジンタ」だけを
選り出す苦労を
君は生き延びる事ができるか?
って位に大変な事

「スーパージンタ」
略してSJ=凄汁
って事がお分かり
いただけただろうか?

多くはそのまま丸揚げや
唐揚げで利用される事が
多いと思われる

もちろん魚が小さいので
素揚げでも充分イケるのだが

面倒と思いつつも
エラと内臓をキッチリと
つまんで取り除く手間を掛けると
そのおいしさは数倍になる(と言う話)

今日の水揚げ約80キロ

それにしても
こんなに小さな
「マアジ」の子が
これほどの量、
獲れた事は記憶に無い

面倒と思いつつも
獲れた小魚をキッチリと
選別して放流、成長した後、漁獲すると
その水揚げは数倍になる(と言う理想)

ではここで
「スーパージンタ」を覚えた人は
世志凡太
の事も覚えていって下さい
.
posted by にゃー at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インドアカタチ


20230415_072417.jpg
俺たっち
ニュータッチ
20230415_card.jpg

ってことで、
新しい太刀の仲間が
増えました

正確には

アカタチの
仲間ですが

その名も

「インドアカタッチ」

いえ
正確には
「インドアカタチ」
ですが

この太短い存在感
うっすら見える
黄色帯

この太さ
明らかに
今までのアカタチと
違いすぎるって事で発見

先週の土曜日
伊豆は城ヶ崎

富戸の定置網に入りました

あ、だから
富戸いんだ
.
posted by にゃー at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月03日

サヨリ

20230331_052408.jpg
これは大きい
「サヨリ」
です

「江の島」の
定置網で獲れました

沿岸で泳ぐ
「サヨリ」は
滅多に
定置網には
入りません

今から
14〜5年前だと

冬になると
湘南方面で

「サヨリ」の
船曳き網漁を
やっている所も
ありましたが

水揚げの減少により
今ではまるで
見掛けなく
なりました

専門で狙う人が
いない今、

この数本の
水揚げも
結構、
貴重なモノに
なります

まして
この大きさ

カンヌキと言われる
サイズですが、
まさに



年に数本
あるかないかの
魚です

やっぱり
冬の味覚の
イメージが
強い「サヨリ」
ですが、

春の季節でも
充分、魅力的

だって
スプリングバレーの
CMやってるくらい
ですからねって

それは
吉永の
サヨリちゃんって

あ、
(サヨリヤドリ)
ムシの有無
見なかったな
.
posted by にゃー at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年03月28日

カクレエビ

20230325_101020.jpg
タイラギ
(タイラガイ=平貝)の中に
夫婦で居候する
カクレエビ

こちらは♀

3センチくらいの
小さなエビです

魚屋さんにとっては
普通に
タイラギの中にいるエビで
仕事の忙しさにかまけて
あまり気にされないのですが

今回、
運悪く
めっかっちゃった
みたいです

残念ながら
家(貝)とも
♂とも
離ればなれに
なっちゃったみたいなので

また
どっかに
居候できたら良いね
と、海に放流
(無責任)・・・
.
ラベル:甲殻類 海草貝類
posted by にゃー at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オオコブシガニ

20230309_ohbig.jpg
まず頭に「オオ」と付く名前の場合、
入りはこの決まり文句から

OH!モーレツ
にデカイ

いつもの
「コブシガニ」の
5倍ある

思わず楽天カードで
買い物したくなるカニだ

あの
おしりのトンガリが
気になりますね

後ろから砂に潜るのに
都合が良いのかな?

大昔は
もっと長かったのかも
知れませんね
.
posted by にゃー at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする