魚体中骨抜き器販売中

2012年02月04日

カレー味の干物

kiren_QP.jpgひもの戦隊「小田原ひものレンジャー」の黄色担当。
山市湯川商店社長開発による新商品がコレ。

201202_curry01.JPG

パッケージからして「ひもの」離れした微妙な色合い、そして微妙な仕上がり。


「アジ」が「ひもの」になって、「カレー」とコンビで結果生まれた「絶妙な味」。

コンセプトとして「子供が喜ぶ干物(魚)」という事を掲げており、子供が魚を嫌う大きな理由の一つである「骨(中骨)」という障害物を取り除いたところが、この製品の大きな特徴となっております。
ただし腹回りの骨に関しては、脂の乗った美味しい部分に有り、また魚自体が小さいので子供でも頑張れば噛み砕き、飲み込めるくらいのものなので残されております。

201202_curry02.JPG

原料は「アジ」+「塩」+「カレー」。

単純かつ明瞭の安心設計。


まさに美味いモノのキーワード、素材の味 vs 万人受けする味「カレー」 の勝負である。
「カレー粉」のメーカーは訊いておりませんが、色合いと味から推察するに「S&B」か。

そして早速、焼いてみました。

201202_curry03.JPG


聞いた話では、旧来の魚屋さんの中には批判的な意見もあるという事ですが、概ね子供たちには好評という事。

カレー味を嫌いという人はなかなかいないし、「アジの干物」も嫌う人は少ないはず。その定番商品を併せて作り上げられた、ユニバーサル・フード。

食べた感想としては、匂いはまずカレー。
その中に微かに魚の脂の焦げた香りが混じっている。
見た目はあまりパッとしないが、食べた瞬間スパイシーな刺激があり、思わずご飯が欲しくなる。
その後、噛むと脂が出てきて香ばしい干物の味が口の中に広がる。これは子供も納得の味、アジだ。

太い中骨が除去されているので、骨を気にする必要がまったくなく、ご飯食促進刺激ホルモンの横溢によりバクバクと食べられるために食べ始めから一気にご飯を搔き込み、完食してしまった。
残ったのは尻尾のみ。

これは朝食として食べるのに、丁度良いオカズになるのではないだろうか。
ご飯は進むし、刺激で目は覚めるし、飲み物も欲しくなるから水分補給も十分行えるはず。
おまけにゴミが少ない。お皿は少し汚れるが。

社長は今後、味のバリエーションも増やす予定であるとのことで、鋭意研究中だそうです。
また既に「カレー味サンマ」も販売しており、今後の展開が楽しみ。

あと食べた後は歯を磨いておかないと、外でも体からカレーの匂いが消えないかもしれない事をお忘れなく。

この記事は「ステルスマーケティング」とは異なり、見たとおりの思い切り直球の広告宣伝となっております。
興味をお持ちの方は、メーカーホームページをご覧になり、ご注文をお願い致します。

ちなみにご注文の有無によって、こちらに成功報酬(アフィリエイト)は一切発生致しません。
あひ〜。
ラベル:グルメ
posted by にゃー at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月03日

謹賀新年 2012年

(株)小田原魚市場の初荷・初セリは1月5日です。
小田原さかなセンターの営業も1月5日からです。


謹 賀 新 年

20120101_showgatwo.jpg


今年もよろしくお願いいたします。
20120101_minato2.jpg

(株)小田原魚市場社員一同

posted by にゃー at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

「小田原地魚図鑑」最新版

title

 


title 


「小田原の地魚」紹介プロジェクト
「小田原地魚図鑑」の最新版ができました。


来年のカレンダーや地魚カレンダーも付いて、写真も一新。文章ももちろん加筆、訂正致しました。

ダウンロードして印刷等も可能な”PDF版”も御座います。

相模湾での釣りのお供に一冊、朝市や魚屋へ買い出し行くのに一冊、地元漁業の勉強、資料として一冊。緊急時のメモ用として電話の横に一冊。
とにかく一家に一冊、職場に一冊。

是非、何でも良いのでお役立てください。

posted by にゃー at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

2012年営業カレンダー



来年(2012年・平成24年)の「(株)小田原魚市場営業カレンダー」が出来ました。

印刷用にはこちらのPDF版が便利で綺麗です。

※あくまでも(株)小田原魚市場のカレンダーですので、「魚市場食堂」および「小田原さかなセンター」等の営業日とは一致いたしませんので、そちらの営業日に関しては個別の連絡先にてご確認下さい。

ラベル:会社情報
posted by にゃー at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

「相模湾の魚」小旗販売中

♪ジャジャーン!
20110628_kobata01.jpg

みなさんお馴染み、今では小田原市だけでなく、湘南各地の魚屋さん、スーパーの水産部門、さらには「小田原の地魚」を使用している居酒屋や料理店などなどの店頭に屹立し、健気に「相模湾の魚」の新鮮さと「小田原魚市場」のPRに日々勤しんでくれている広告塔。また、魚の新鮮さと魚市場の純粋なイメージである白を基調として、行書体でその鮮度感とブランドをアピールし、もはや町の風景に溶け込んでいる感もありながら、サブリミナル的効果で無意識に町行く人々を洗脳してくれている幟に化けた隠密。
しかして、その正体は・・・

   身近な海の 旬を味わう
           相模湾の魚 
                 小田原魚市場[鮮]

の幟です。

この幟旗がこの度、多くのご要望に応え、テーブルサイズ(高さ約25センチ)になりました!
これまでは大きすぎて、入り口や店先に飾るで精一杯だったのを、このコンパクトサイズにしたことで一気に活用の幅が広がりました。

20110628_kobata02.jpg例えば、魚市場へ通う車のフロントに取り付けて、新鮮な「相模湾の魚」使用のアピール。
鮮魚店の店先で、売り込みたい魚に「ピンポイント」で販促効果の決定打として。
水産都市「小田原」と「相模湾」のブランド拡大と広告宣伝効果のお手伝いとして。
居酒屋の店先やテーブルの脇にチョコンと立てて「美味しい魚」を食べたい気分にさせます。
下の吸盤を外してお子様ランチの旗の代わりに刺せば、あっと言う間に「魚市場ランチ」。
箱根駅伝の路肩で振れば、「おっ今年の新顔?農大に対抗して魚市場大学?」と注目を集めること必至。
縮尺通りだから魚市場のジオラマ作りや、足軽のアクションフィギュアの背中に差したり、暇な時には大人から子供まで遊べます(写真のフィギュアは商品に含まれません)。
※吸盤との接続部分は可動式となっており、あらゆる角度に対応できます。

こんなに楽しいこの「ミニのぼり」。この度、数量限定の販売となりました。
価格はズバリ、一本 ¥1,200
郵送等が必要な方は、別途送料(100円)が必要になります

今すぐ欲しい!と思ったらその日が吉日。下の注文フォームで早速注文(一人10本まで)です。
後日、支払いや受け渡し等のご連絡をさせていただきますので、数日お待ち下さい。

※ご注文の受け付けは終了いたしました※


お届け、受け渡しは、入金確認次第行います。
尚、再販は今のところ未定です。
posted by にゃー at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

謹賀新魚市場

20110101_ohsoji.jpg
 
賀  正

(株)小田原魚市場の初荷・初セリは1月5日です。



今年もよろしくお願いいたします。
 


(株)小田原魚市場社員一同
posted by にゃー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする