2020年03月30日

魚市場はいつまでも新発売

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:スルメイカ 210キロ、サバ 50キロ
「石橋」定置:サバ 70キロ ほか
「 岩 」定置:スルメイカ 550キロ、メジナ 120キロ、メジマグロ 110キロ、ボラ 70キロ、イシダイ 60キロ
「原辰」定置:メジナ 40キロ ほか
「江の安」定:メジナ、ニザダイ ほか
「二宮」定置:ブリ・ワラサ 950キロ(160本)、イシダイ 330キロ、スルメイカ 220キロ、ウマヅラハギ 140キロ、ヒラメ 110キロ
「福浦」定置:サバ 210キロ、アカカマス 50キロ
「大磯」定置:アジ、アカカマス ほか

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:サワラ・サゴシ 1.8トン
「網代定置」:スルメイカ 2.6トン
「下田釣船」:釣メダイ 270キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:マルアジ 90キロ ほか

朝が来れば、毎朝獲れたばかりの新鮮な魚が水揚げされ、その都度、違う魚種が色とりどりに漁港の岸壁を埋め尽くす。
一日たりとて同じ組み合わせで獲れることは無い、毎日新鮮、毎日が新発売の小田原の地魚。
かつて8年もの長きに渡って放映された「ケンちゃんラーメン」のCMを思う時、その「新発売」のフレーズに胡散臭さを感じつつも、「ケンちゃんラーメン」なら仕方ないと思わせた当時の大らかさが、今の日本にあったなら。
しかし不寛容社会でなくても、こんな「ケンちゃんアーメン」な結末を誰も受け入れる事はできないだろう。
そして毎朝、地魚の死をもって教えられる小田原の海の豊かさ同様、一人の死からも何かを学ばなくては、我々の闘いは勝利することはないだろう。
神様ー、どうかこのウイルスが、早く収束しますように・・

しむら:とんでもねえ、あたしゃ神様だよ。

今日のヒラメ ・・・ 254枚
posted by にゃー at 19:18| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月28日

意見は完全に一致した魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ブリ・ワラサ 250キロ、チダイ 70キロ、サバ 60キロ、スルメイカ 40キロ
「石橋」定置:サバ 40キロ ほか
「 岩 」定置:スルメイカ 390キロ、ウマヅラハギ 60キロ
「原辰」定置:メジナ 30キロ ほか
「江の安」定:スルメイカ、メジナ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「宇佐美釣」:釣キンメダイ 150キロ
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 160キロ

この週末は春の嵐になごり雪。
まだまだ獲れる「スルメイカ」の嵐に名残の「ブリ」。
来週はもう四月。
ちなみに水曜日は、小田原開市(豊洲は休場)ですので、今からカレンダーに赤丸を。

今日のヒラメ ・・・ 161枚
posted by にゃー at 16:48| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月27日

魚市場に迫るギリギリの局面

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ、ホウボウ ほか
「石橋」定置:イシダイ、サバ ほか
「 岩 」定置:カタクチイワシ 40キロ ほか
「原辰」定置:カタクチイワシ、メジナ ほか
「江の安」定:カタクチイワシ、メジナ ほか
「二宮」定置:ブリ・ワラサ 460キロ、ボラ 110キロ、チダイ 50キロ、ヒラメ 50キロ
「福浦」定置:メジナ 480キロ、サバ 230キロ、ボラ 220キロ、イシダイ 200キロ、スズキ 60キロ、ヒラメ 70キロ
「大磯」定置:アジ 80キロ ほか

伊豆方面からは、
「網代定置」:スルメイカ 120キロ
「宇佐美釣」:釣キンメダイ 90キロ、釣アブラボウズ 40キロ
「南伊豆釣」:釣アブラボウズ、釣キンメダイ ほか

小田原釣 ・・・ 釣サワラ 80キロ
大島釣船 ・・・ 釣キハダ 360キロ

相模湾のどんつき、二宮の定置網に「ブリ・ワラサ」72本突入。
そこから右(東)へ行くか?左(西)へ行くか?
南寄りの風に煽られて、明日も入りそうな予感。
その他、「チダイ」や「メジナ」、「ボラ」、「イシダイ」、「ホウボウ」、「ヒラメ」などなど白身の魚も豊富に増えて、恨めしや外出自粛。さらに明日は、風と波の状況次第で、出漁困難事案発生か?
となると、週明け月曜日は爆発的漁獲拡大の予感あり。
この消費縮小の時合いに、魚は不要不急関係なし。

今日のヒラメ ・・・ 401枚
posted by にゃー at 18:39| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月26日

昔ながらの魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:チダイ 160キロ、ワラサ 60キロ、スルメイカ 60キロ
「石橋」定置:サバ 70キロ ほか
「 岩 」定置:スルメイカ 160キロ、マイワシ 350キロ、イシダイ 130キロ 
「原辰」定置:ウマヅラハギ、ヒラメ ほか
「江の安」定:メジナ 50キロ ほか
「二宮」定置:イシダイ 120キロ ほか
「福浦」定置:カタクチイワシ 40キロ ほか
「大磯」定置:マイワシ 4.9トン ほか

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ブリ・ワラサ 560キロ(80本)
「宇佐美釣」:釣キンメダイ 110キロ

東方面からは、
「平塚定置」:マルアジ 50キロ

20200326_050907.jpgあ!活きてる「ユウレイイカ」だ!
しむらー!
うしろー!
うしろー!

しむら:だいじょぶだぁ

今日のヒラメ ・・・ 672枚
posted by にゃー at 12:53| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月24日

聞き慣れない魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 200キロ ほか
「石橋」定置:マイワシ 4.6トン ほか
「 岩 」定置:ブリ 900キロ(129本)、スルメイカ 250キロ、イシダイ 60キロ
「原辰」定置:ウマヅラハギ、スルメイカ ほか
「江の安」定:スルメイカ ほか
「二宮」定置:スルメイカ 60キロ、マイワシ 50キロ
「福浦」定置:カタクチイワシ 280キロ ほか
「大磯」定置:マイワシ 470キロ ほか

伊豆方面からは、
「網代定置」:スルメイカ 1.4トン
「富戸定置」:スルメイカ 780キロ ほか
「宇佐美釣」:釣キンメダイ 145キロ、釣アブラボウズ 100キロ
「下田釣船」:釣アブラボウズ 40キロ

パンデミック〜相模湾的「マイワシ」大発生
クラスター〜「スルメイカ」集団の大漁入荷
オーバーシュート〜突発的「ブリ」漁獲拡大
ロックダウン〜「今日は北風が冷たいから、戸締まりはちゃんとして」の事

今日のヒラメ ・・・ 444枚
posted by にゃー at 12:46| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月23日

魚市場の事情

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:チダイ 80キロ、スルメイカ 70キロ、ウマヅラハギ 50キロ
「石橋」定置:サバ 60キロ、ウマヅラハギ 60キロ
「 岩 」定置:イシダイ 360キロ、スルメイカ 210キロ
「原辰」定置:ウマヅラハギ 60キロ ほか
「江の安」定:スルメイカ 40キロ、メジナ 40キロ
「二宮」定置:イシダイ 150キロ、ヒラメ 100キロ、チダイ 90キロ
「福浦」定置:カタクチイワシ 50キロ ほか
「大磯」定置:サバ 100キロ ほか

伊豆方面からは、
「網代定置」:スルメイカ 110キロ

20200323_060231.jpg♪あたしゃアナタに、アイ・ブリ・ユー by さいざんす・マンボ(1953)
ということで、今朝の小田原、「ブリ」の姿、まるで見えず。
さらに「チダイ(ハナダイ)」はアチコチで顔を見せたものの、肝心の小田原の桜はまだまだで、花見するにはもう少し。
15849157665801829061608.jpg仕方ない・・ガード下で靴磨きしてた昔を思い出して、市場の片隅で包丁研ぎのバイトでもして、今しばらくの飲み代でも稼ぐとするか・・

今日のヒラメ ・・・ 392枚
posted by にゃー at 17:01| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月21日

人気急上昇魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:スルメイカ 200キロ、ワラサ 50キロ、ヤリイカ 50キロ
「石橋」定置:スルメイカ 150キロ、ウマヅラハギ 50キロ
「 岩 」定置:スルメイカ 300キロ、ボラ 50キロ、イシダイ 200キロ
「原辰」定置:ウマヅラハギ、サバ ほか
「江の安」定:スルメイカ、メジナ ほか
「二宮」定置:ウマヅラハギ 110キロ ほか
「福浦」定置:サバ 60キロ、マイワシ 40キロ
「大磯」定置:イシダイ 150キロ、サバ 120キロ、アジ 50キロ

伊豆方面からは、
「宇佐美釣」:釣キンメダイ 40キロ、釣アブラボウズ 110キロ
「真鶴定置」:サワラ 180キロ

大島釣船 ・・・ 釣キハダ 190キロ

20200321_36108615.jpg「真鶴」の定置網に突っ込んだ「サワラ」の群れ。横幅、肉付き、すべてを含めてサイズ感良く、申し分なし。
20200321_060712.jpg春らしさを告げる「チダイ」。手頃な「タイ」で春の味。これから徐々に獲れ始め、市場に彩りを添える。
小田原の「人気アジ」の一角と言えば「カクアジ」で呼ばれる「カイワリ」を外すわけにはいかない。
20200321_060722.jpg小田原の定置網にも「ワラサ」の姿が。「ブリ」の次は此奴らの天下。太りもまだ残り、名残のシーズンで巻き返す。

今日のヒラメ ・・・ 325枚
posted by にゃー at 19:09| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月19日

魚市場ゲームは一日一時間

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ボラ 50キロ、ヤリイカ 50キロ、ウマヅラハギ 40キロ
「石橋」定置:スルメイカ 370キロ ほか
「 岩 」定置:ブリ 360キロ、スルメイカ 290キロ
「原辰」定置:ヤリイカ、ウマヅラハギ ほか
「江の安」定:カタクチイワシ、メジナ ほか
「二宮」定置:ウマヅラハギ 140キロ ほか
「福浦」定置:サバ 150キロ、マイワシ 180キロ
「大磯」定置:サバ 210キロ ほか

伊豆方面からは、
「網代定置」:ブリ 1トン(120本)、スルメイカ 140キロ

徐々にその水揚げは増えてきているとは言え、まだまだ春のフィーバーにはほど遠い。
真冬には5分で終わっていた競りも、徐々に時間が延びて、なんとか20〜30分程度にまで伸びた。
3月に入って続く自粛ムード蔓延で、ここまで停滞してきた市場ではあるが、桜のほころびとお彼岸の3連休を前にしてようやく復活の兆しを掴んだかに見える。
活魚の「マダイ」や「ヒラメ」、そして「ブリ」に「アジ」など、定置網を中心に魚のラインナップも充実しつつ有り、全体的にリストに載らない魚種が量を増やしており、そこから醸し出される春らしさは確実に濃くなってきている。
一日置いて明後日、土曜日。休みの後半に向け、魚の増加と景気の復活を期待して、一時間では終わらない充実の競りの時間を楽しみたいものだ。

今日のヒラメ ・・・ 371枚
posted by にゃー at 18:32| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする