魚体中骨抜き器販売中

2020年09月08日

ザワつく!魚市場曜日

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 9.2トン、マルソウダ 8トン、小イサキ 320キロ、イサキ 170キロ、ヤマトカマス 280キロ、サバ 150キロ、イナダ 160キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:小サバ 1.3トン、サバ 400キロ
「原辰」定置:小サバ 1.1トン、マルソウダ 720キロ、ヤマトカマス 450キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:小イサキ 230キロ、サバ 180キロ、イナダ 200キロ
「大磯」定置:小サバ 210キロ、サバ 130キロ、アジ 110キロ

伊豆方面からは、
「山下丸網」:ヤマトカマス 530キロ、小アジ 150キロ、イサキ 210キロ、イナダ 260キロ、ニザダイ 200キロ、マルアジ 130キロ、ムロアジ 100キロ
「網代定置」:ホウボウ、シイラ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 280キロ、マルアジ 310キロ

台風10号の影響はまだ続く、日本海側ではフェーン現象を受けての猛暑。相模湾では、残るうねりと雨による河川の濁りが、「小イサキ」や「イセエビ」などだけでなく多くの魚を動かした。
休み明けも「石橋」や「二宮」と言った温存組が控えており、大漁はお約束。
好調「山下丸定置」や「網代定置」も集魚能力高く、期待度100%
だけど間違えてしまったのは、「もち米」はアミロペクチン100%
posted by にゃー at 17:12| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月07日

もう後悔しない魚市場の事は

小田原魚市場水揚げ概況
「米神」定置:休漁
「石橋」定置:マルソウダ 4.3トン、小サバ 2.6トン、ヤマトカマス 580キロ、ムツッ子 120キロ、ワカシ 90キロ、ヘダイ 100キロ、ショウゴ 60キロ
「 岩 」定置:小サバ 10.1トン、サバ 480キロ、小イサキ 490キロ
「原辰」定置:小サバ 330キロ、ヤマトカマス 240キロ、サバ 120キロ、クサヤムロ 100キロ、マルソウダ 60キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:小サバ 1.2トン、アジ 200キロ、サバ 400キロ、メイチダイ 70キロ
「福浦」定置:小サバ 8トン、ヤマトカマス 260キロ、サバ 120キロ、マルソウダ 150キロ、シイラ 70キロ
「大磯」定置:小サバ 3トン、サバ 690キロ、アジ 440キロ、マルアジ 140キロ、ヤマトカマス 150キロ、サバフグ 100キロ
伊豆方面からは、
「山下丸網」:小アジ 450キロ、イサキ 220キロ、イナダ 150キロ、ムツッ子 90キロ
20200907_085132.jpg台風10号の影響を受けた空模様で、時折凄まじい豪雨が襲った小田原漁港。
小田原市内でももっとも低い海抜に位置すると言っても過言でない立地に、まさに降った雨がそのまま一気に港に流れ込む。
20200907_091950.jpg当然、側溝から溢れた雨水は市場に溢れ、市場を隅から隅まで水洗い。
このまま過去の汚れも悪行も、きれいサッパリ水に流して欲しいもの。
posted by にゃー at 18:53| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月05日

ガツン、とみかんな魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:キハダ 100キロ(5本)、小サバ 4.2トン、マルソウダ 1.5トン、サバ 170キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:小サバ 4.2トン、サバ 850キロ、ワカシ 610キロ
「原辰」定置:小サバ 1.1トン、マルソウダ 530キロ、サバ 120キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:ウルメイワシ 760キロ、メイチダイ 350キロ、マルアジ 140キロ、サバ 110キロ
「福浦」定置:小サバ 7.8トン、サバ 310キロ、マルソウダ 120キロ、シイラ 50キロ
「大磯」定置:ウルメイワシ 1.7トン、サバ 260キロ、ショウゴ 70キロ

ここ数日の大漁続きと続く残暑に、氷が飛ぶように売れちゃって、氷が足りない。
水揚げされた魚は、鮮度が命。鮮度を守る為には、何を置いても「氷」による温度管理が欠かせないわけだが、その「氷」が足りないってんだから、一大事である。
ぼやぼやしてたら解けて無くなっちまう氷、だからとぼこぼこ使ってたら魚が凸凹になっちまう氷。もったいないとばこばこ口に入れれば頭が痛い氷。暑いからと口に頬張れば、もったいないと吐き出させられる氷。熱っぽいのと頭に乗せれば、そもそも会社に出てくるなとPCR検査を勧められる氷。
魚市場にある製氷工場の生産能力である24〜5トン/日を大きく上回る使用量に、とうとう氷河期から残っていた在庫も底をついた。
明日の日曜、24時間フル稼働でどこまで在庫を積み上げることができるかだが、その限界を軽く超えてくるから魚の群れは恐ろしい。
週明け月曜の漁次第では、早川の漁港に隣接する「共同冷蔵」に眠っている小田原発祥の”冷凍ミカン”をダンベに入れて、氷代わりに使うことになるやもしれぬ!?
ミカン風味の「サバ」って、どんな味になるか楽しみでしかないんだけど。
posted by にゃー at 18:59| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月04日

魚市場の二重らせん構造

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:小サバ 13.3トン、マルソウダ 6トン、ヤマトカマス 470キロ
「 岩 」定置:小サバ 7.5トン、サバ 650キロ、ワカシ 320キロ
「原辰」定置:小サバ 1.3トン、マルソウダ 770キロ、ヤマトカマス 230キロ、サバ 170キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:小サバ 3トン、メイチダイ 250キロ、サバ 140キロ
「福浦」定置:小サバ 800キロ、サバ 340キロ、ワカシ 200キロ
「大磯」定置:小サバ 320キロ、サバ 290キロ

 伊豆方面からは、
「網代定置」:ヤマトカマス 130キロ
「山下丸網」:イサキ 1.1トン、小アジ 560キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 110キロ、タチウオ 120キロ

秋の小田原と言えば「小サバ」と「ウズワ」の二大巨頭が引っ張る大漁まつり。
それに「カマス」、「アジ」が加われば、先祖代々受け継がれてきた小田原市民のDNAとも言うべき秋の魚たちのそろい踏み。
今朝は昨日温存、熟成させた「石橋」定置のご開帳。期待通りの大漁に、市場の活気もドット混む。
poster2020.png9月に入って急激に増えた「小サバ」たち、今までアンたらどこ泳いでたの?と思わず聞けば、氷水の中で、もだえ苦しむ一匹が漏らした一言を聞き逃さなかった。
「今年の神奈川の海は、泳いじゃいけないと聞いたからだ・・・」と。
posted by にゃー at 22:12| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月03日

活力ある魚市場のために

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 16トン、マルソウダ 9.2トン、サバ 250キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:小サバ 1.4トン、サバ 500キロ
「原辰」定置:小サバ 10トン ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:小サバ 1.8トン、サバ 340キロ
「福浦」定置:小サバ 1.2トン、サバ 400キロ、ワカシ 230キロ、シイラ 110キロ
「大磯」定置:小サバ 2.9トン、アジ 150キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:ヤマトカマス 220キロ
「山下丸網」:イサキ 420キロ、小アジ 300キロ、ムツッ子 610キロ
「神津島釣」:釣キンメダイ 200キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 80キロ

本日大漁、「米神」定置。夜中の水揚げでは「小サバ」中心の水揚げに終始(14トンあまり)し、「この漁業難にあって水揚げの空白は決して許されない。一刻の猶予もない。この危機を乗り越え、一人の漁業者として、小田原市漁業を支えた者として、今なすべきことはなにか熟慮してきた。そして私は二度目の網締めに出港する決意をした」と奮起。
しかし、昼前に出船した二度目の網締めでは「マルソウダ」(6.2トン)にその主役は交代。残してきたはずの「小サバ」はどこへやら、路線継承の難しさをいきなり教えられた格好にはなったわけだが、所詮漁業は水物、思い通りには行かないものだ。
今年、コロナ禍で延期となったツールも、現在ステージ6を迎えたが、ステージ1のアレクサンダー・クリストフ、続いたジュリアン・アラフィリップ、そしてステージ5でアダム・イェーツへとマイヨ・ジョーヌは代わり続けており、まだまだ勝負はついていない。王座継続の難しさをこれでもかと示し、これからの山場を迎えて、さらなる波乱と交代劇を見せて、我々を楽しませてくれることだろう。
とは言え、ボリュームあってなんぼの定置網漁ですから、二回網を締めて25トン以上の水揚げを確保できれていれば、まあ合格と言えないこともないと考える。単価を上げていくのは、これからでいいだろう。
明日も大漁は、約束されているし・・?
posted by にゃー at 17:15| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月01日

魚市場を席巻する5G

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 5.1トン、サバ 590キロ、ヤマトカマス 380キロ、マンボウ 95キロ
「石橋」定置:小サバ 430キロ、ヤマトカマス 200キロ、ウルメイワシ 150キロ、ヘダイ 80キロ
「 岩 」定置:小サバ 720キロ、スルメイカ 60キロ
「原辰」定置:小サバ 370キロ、ウルメイワシ 200キロ、ヤマトカマス 210キロ、サバ 160キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:小サバ 320キロ、ヤマトカマス 270キロ、アジ 210キロ、サバ 140キロ、メイチダイ 60キロ
「福浦」定置:小サバ 600キロ、イナダ 240キロ、ワカシ 160キロ、サバ 140キロ
「大磯」定置:小サバ 720キロ、マルソウダ 90キロ

伊豆方面からは、
「山下丸網」:イサキ 260キロ、小アジ 300キロ、ムツッ子 110キロ
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 360キロ
「下田釣船」:釣キンメダイ 180キロ、釣メダイ 60キロ

今日から9月。暦を知ってか知らずか、定置網に入る魚にも秋の魚が増えだして、お湿りと薄曇りで涼しくなった日中には「暑い〜」の声も聞かれず、蝉も心なしかトーンダウン。
そんな今朝も主役は「ゴマサバ」。
相変わらず小田原、根府川、真鶴、湯河原、湘南と、小田原魚市場に出入りするすべての5つの地域で「ゴマサバ(G)」が絶好調。
「マサバ」の割合が減る中で、存在感を増しながらサイズもアップし圧倒的に勢力を拡大中。
秋ともなれば「マルソウダ(ウズワ)」や「ヤマトカマス(ミズカマス)」など、大きくまとまる魚がいる中で、しばらくは「サバ」の一強が続く気配という認識で、市場周辺は共通していそうである。
posted by にゃー at 16:42| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月31日

としまえんに魚市場があれば

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 4トン、マイワシ 560キロ、サバ 130キロ
「石橋」定置:小サバ 850キロ、ヤマトカマス 100キロ、マイワシ 200キロ
「 岩 」定置:小サバ 3.8トン、サバ 390キロ
「原辰」定置:小サバ 430キロ、ヤマトカマス 300キロ、サバ 220キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:小サバ 520キロ、サバ 300キロ、アジ 410キロ、スルメイカ 220キロ、ワラサ 80キロ、メイチダイ 50キロ
「福浦」定置:小サバ 1.8トン、サバ 500キロ、ウルメイワシ 600キロ、マルソウダ 300キロ、スルメイカ 90キロ
「大磯」定置:小サバ 150キロ、サバ 80キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:イサキ 400キロ、小アジ 380キロ、サバ 100キロ、ムツッ子 170キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 80キロ、タチウオ 80キロ

大島釣船・・・釣カツオ 450キロ

この8月は、ずっと相模湾が流れるプール。
嵐は来ぬで波のプールは穏やかも、「小サバ」だらけのこどものプール。
フィッシュポンプと自動選別器は、まさに魚のハイドロポリス。
ただ一つ違ったのは、水着のギャルがここにはいない事か。
パンツ一丁の男はいるんだが・・・。
posted by にゃー at 16:57| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月29日

不純魚市場ディープ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 3.9トン、サバ 470キロ
「石橋」定置:小サバ 1.5トン、サバ 200キロ
「 岩 」定置:小サバ 240キロ、サバ 200キロ
「原辰」定置:サバ 250キロ、ヤマトカマス 110キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:小サバ 540キロ、サバ 150キロ、アジ 170キロ
「福浦」定置:小サバ 2.7トン、サバ 400キロ、スルメイカ 100キロ
「大磯」定置:小サバ 2.4トン、アジ 540キロ、サバ 170キロ、タチウオ 150キロ、メイチダイ 80キロ

 伊豆方面からは、
「神津島釣」:釣キンメダイ 180キロ

純粋に「サバ」だけが獲れていれば選別も楽なのだが、「アジ」も出て、「タチウオ」も多く、その中に「メイチダイ」や「カマス」と言ったお宝が紛れているとなれば、もうそれはちょっとしたゲーム感覚。
たまに「ハチ」や「ゴンズイ」と言った外れも入ってるから、体張ってやるっきゃない。
ここ数日、実に波穏やかで能面のような平穏な日々が続く相模湾だが、永田町のざわつきがここ(神奈川第15、17区)まで波及してくる日は、もう近い?
posted by にゃー at 19:28| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする