2017年05月15日

話せばわかる魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ワラサ 100キロ、スルメイカ 80キロ
       カタクチイワシ 100キロ、アジ 30キロ
       サバ 70キロ、カイワリ 40キロ
       ヒラマサ 50キロ
「石橋」定置:カタクチイワシ 40キロ、スルメ 30キロ
       カイワリ 30キロ
「 岩 」定置:スルメイカ 280キロ、ヒラマサ 140キロ
       ワラサ 70キロ、アジ 60キロ
       サバ 50キロ、ホウボウ 60キロ
「原辰」定置:ヒラマサ 120キロ、カタクチ 50キロ
「江の安」定:カタクチイワシ 70キロ ほか
「二宮」定置:サバ 600キロ、アジ 190キロ
「福浦」定置:イナダ 150キロ ほか
「大磯」定置:アカカマス 830キロ、サバ 580キロ
       アジ 120キロ

伊豆方面からは、
「山下丸網」:アジ 370キロ、サバ 450キロ
       ヒラマサ 90キロ、ムツ 40キロ
「下田漁港」:キンメダイ 350キロ、メダイ 100キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 60キロ
「網代定置」:アオリイカ 70キロ ほか
「西伊豆釣」:ワラサ、マダイ ほか
「熱海丸網」:アカカマス 210キロ、カタクチ 100キロ

問答無用とばかりに魚は次から次・・。
と言いたいところだが、水温の低迷と潮の停滞によるものか、定置網の魚はどこもお茶でもあがんなはい。
なんとか「山下丸」の「アジ」がヒットと「湘南定置」の「カマス」が引き続いて好調で形にはなっているが、もうちいと黒潮が前のめりにでもなってくれんと増量は望めない。

今日のヒラメ ・・・ 82枚
posted by にゃー at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

北三祭より魚市場は後の祭り

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ、カタクチイワシ ほか
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ヒラマサ 330キロ、アオリイカ 50キロ
       カタクチイワシ 80キロ
「原辰」定置:ヒラマサ 200キロ ほか
「江の安」定:カタクチイワシ 110キロ ほか
「二宮」定置:アジ 70キロ、サバ 580キロ
「福浦」定置:イナダ 1.5トン、ヒラマサ 80キロ
「大磯」定置:アカカマス 630キロ、アジ 130キロ
       サバ 100キロ

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:イナダ 500キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 60キロ
「伊東釣船」:釣キンメダイ 35キロ
「西伊豆釣」:ヒラスズキ、イサキ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 60キロ、アカカマス 500キロ
「江ノ島網」:アジ 45キロ

2017poster.jpg小田原の「儚い地魚たちの祝宴」ともいうべき「アジ・地魚まつり2017」が、今年も開催されます。
今月は納税、大型連休に使いすぎ、あれこれ入り用・・・そんなことはどうでもよろしい。
魚市場にある(かも知れない)地魚だらけという「雑木林」の中にある穴を見つけに漁港へ来て、非現実の世界へ身を置いてみませんか。そこはめくるめく小田原地魚ワンダーランド。美味しい味覚の坩堝にして別天地。リアルを忘れて、この日曜日は旬の地魚と数々の海鮮料理のもてなしで、舌鼓の絶対音感を鍛えてみませんか?
珍魚「サケガシラ」が獲れた今日だからこそ、明日への期待は最高潮に達しているのです。

今日のヒラメ ・・・ 94枚
posted by にゃー at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

急性魚市場イップス

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 100キロ ほか
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:サバ 70キロ、ワラサ 50キロ
       アカカマス 50キロ、スルメ 50キロ
       カタクチイワシ 60キロ
「原辰」定置:ヒラマサ 90キロ、ワラサ 220キロ
       アオリイカ 30キロ
「江の安」定:カタクチイワシ 50キロ ほか
「二宮」定置:アジ 130キロ、サバ 420キロ
「福浦」定置:カタクチイワシ 800キロ、サバ 110キロ
       トビウオ 50キロ、スルメイカ 30キロ
       メジ 100キロ
「大磯」定置:アカカマス 450キロ、アジ 250キロ
       クロダイ 50キロ、サバ 100キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:ヒラマサ、サバ ほか
「網代定置」:アオリイカ 90キロ ほか

小田原・真鶴 ・・・ サザエ 370キロ

いよいよ好調が続くのは大磯の「湘南定置」と藤井聡太四段という現状。
明後日の「地魚まつり」にむけて、魚も着々と準備を整え中という所でしょうか。

今日のヒラメ ・・・ 189枚
posted by にゃー at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

魚市場に眩しい新緑の季節

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヒラマサ 130キロ、サバ 70キロ
       カイワリ 40キロ、チダイ 40キロ
       カタクチイワシ 60キロ
「石橋」定置:ワラサ 50キロ、カタクチイワシ 40キロ
「 岩 」定置:ヒラマサ 500キロ、ワラサ 80キロ
       スルメイカ 60キロ、サバ 50キロ
       カタクチイワシ 200キロ
「原辰」定置:アオリイカ 70キロ ほか
「江の安」定:カタクチイワシ 300キロ ほか
「二宮」定置:アジ 110キロ、ヒラマサ 50キロ
       サバ 300キロ、ワラサ 50キロ
「福浦」定置:イナダ 3.1トン、ワラサ 60キロ
       ヒラマサ 40キロ
「大磯」定置:アジ 880キロ、サバ 560キロ
       アカカマス 530キロ、ワカシ 50キロ
       ニベ 40キロ

伊豆方面からは、
「西伊豆釣」:イサキ、マダイ ほか

東方面からは、
「江ノ島網」:アジ 100キロ ほか

「ヒラマサ」と「マアジ」、そして「イナダ」の美しい緑色。重なる黄色と青と輝く銀。
初夏の魚たちの共演で、市場は爽やかな色彩に染まりました。湘南方面ではまだまだ「アジ」に「カマス」の流行が続いているようで、西方面の不調をカバーする意味でも大貢献しております。昨秋以降の低空飛行を一気に取り戻すチャンスと、漁師さんもやる気になっているようで頼もしい限りです、
明日も何色の魚が獲れるか楽しみですね。

今日のヒラメ ・・・ 120枚
posted by にゃー at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

ブログに書いてある魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 120キロ、カイワリ 50キロ
       サバ 100キロ、カタクチイワシ 50キロ
「石橋」定置:アジ 120キロ、カタクチイワシ 120キロ
       ヒラマサ 60キロ、サバ 100キロ
「 岩 」定置:アジ 240キロ、アオリイカ 150キロ
       ヒラマサ 20キロ、サバ 70キロ
       スルメイカ 50キロ、ワラサ 60キロ
       カタクチイワシ 750キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 270キロ、ヒラマサ 50キロ
「江の安」定:カタクチイワシ 210キロ、アジ 30キロ
「二宮」定置:アジ 150キロ、ワラサ 70キロ
       カタクチイワシ 170キロ
「福浦」定置:アオリイカ 260キロ、サバ 520キロ
       カタクチイワシ 200キロ
「大磯」定置:アジ 760キロ、アカカマス 500キロ
       サバ 140キロ、マルアジ 90キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アカカマス 690キロ

休み明けの明けともなれば、やはり魚はまばら。昨日の大漁で思い切り買った人たちは仕入れも十分と今朝は人もまばら。気温と海水温の上昇で、魚種もどうやら固まってきて夏に向かって一直線。連休明けの相場低迷は例年通りだが、今年は天気も良かったし、特に連休前半は人も動いた。結果的にその反動は、大きなものになってしまうのだろうか・・・?
せっかく食べ頃の魚が獲れているのだから、是非とも今のうちに買うべきだ。多くの場合、使いたいときには希望のサイズが獲れていなかったりするものなのだから。

今日のヒラメ ・・・ 139枚
posted by にゃー at 13:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする