魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2021年09月06日

魚市場心中

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 940キロ、ヤマトカマス 780キロ、サバ 500キロ、マルソウダ 200キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 800キロ、マルソウダ 640キロ、マルアジ 100キロ
「 岩 」定置:マルソウダ 520キロ、アカカマス 430キロ、ヤマトカマス 2.9トン、小サバ 130キロ
「原辰」定置:アカカマス 940キロ ほか
「江の安」定:ヤマトカマス 60キロ、アカカマス 60キロ
「二宮」定置:アジ 480キロ、小サバ 720キロ、サバ 200キロ、サバッ子 1.4トン
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「網代定置」:アジ 1.2トン、ヤマトカマス 1トン
「山下丸網」:小アジ 590キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 80キロ、マルアジ 70キロ

大阪で30℃ある時に、東京じゃ20℃ないってんだから、新幹線から降りた人はきっと東海道すっ飛ばして東北に着いてしまったと思うに違いない。
ここ小田原も9月に入って涼しい気候が続いており、夏の海を泳いできたと思った先がこれでは、きっと魚もまごつくに違いない。
.
posted by にゃー at 17:22| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月04日

わくわく魚市場ランド

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルソウダ 4トン、小サバ 300キロ、ヤマトカマス 200キロ、サバ 140キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 320キロ ほか
「 岩 」定置:ヤマトカマス 1.3トン、マルソウダ 180キロ
「原辰」定置:小イサキ 290キロ、マルソウダ 200キロ、アカカマス 180キロ、小サバ 100キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:イナダ 570キロ、ワカシ 420キロ、アジ 330キロ、メイチダイ 100キロ、ヘダイ 80キロ、ワラサ 70キロ、小サバ 150キロ
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「川奈定置」:ヘダイ 100キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 110キロ

人生は川の流れのようで、同じく潮の流れも川のよう。
光陰は矢のごとしで、獲れる「カマス」も矢のごとし。
.
posted by にゃー at 12:08| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月03日

季節代表乱立気配の魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバッ子 650キロ、ヤマトカマス 120キロ
「石橋」定置:カツオ 270キロ、サバッ子 140キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 780キロ、サバッ子 220キロ
「原辰」定置:サバッ子 530キロ ほか
「江の安」定:アジ 40キロ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:サバッ子 2.8トン、サバ 840キロ
「大磯」定置:休漁

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 140キロ

頼みの湘南方面の「アジ」が減ってきたとなれば、にわかに市場周辺は蠢きだした「サバッ子」や小魚たちで騒々しくなってくる。
当然、魚で商売する者たちは皆、次の市場の中心をなす地魚を模索しなければならないわけで、その営業の狙いが当たれば売り上げとなって自らに帰ってくることとなり、この四半期の椅子と利益を守ろうと、それこそ今朝あたりから必死に市場に並ぶ魚の品定めをし始めている。
早めに立候補を表明し、組織票と言う名の脂を溜めて太りだした「マサバ」が本命と言われる中で、秋は私の季節とばかりに舌鋒鋭い「ヤマトカマス」もこれから増えようと狙っているし、秋と言えばの修飾も付く程の魚「マルソウダ(ウズワ)」は出てこなくちゃ行けない存在であることは確かで、その水揚げ次第で漁場の成績も変わろうというものだ。当然、魚偏に秋と書く魚「イナダ」も国民に高い人気を誇り、「ワカシ」からの成長のタイミングを見計らっているようだし、いずれも虎視眈々。
しかし、まだまだ今朝あたりの水揚げでは一種類に絞りきれない状況に変わりなく、実際は周辺だけが騒いでいると言うことのようだ。
.
posted by にゃー at 15:10| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月02日

魚市場復活の呪文

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバッ子 150キロ、アジ 80キロ、ヤマトカマス 70キロ
「石橋」定置:ヘダイ 120キロ ほか
「 岩 」定置:ヤマトカマス 300キロ、サバッ子 120キロ、クサヤモロ 80キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス、小サバ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 440キロ、サバッ子 520キロ、小サバ 680キロ、サバ 150キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 350キロ ほか

佐島釣船 ・・・ 釣カツオ 600キロ

9月に入って一気に涼しくなり、元気になるのは虫ばかり
魚の動きもメリハリ無く方向感に乏しいが、確実に良くなる「マサバ」を筆頭に「ヘダイ(シロダイ)」や「ヤマトカマス(ミズカマス)」は今後も存在感を増してくるだろう。
軽く漁獲の減った今日の所は「ベホイミ」でも唱えて、とりあえず量的回復を早急に図る。
.
posted by にゃー at 20:08| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月01日

魚一匹取り残さない魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 350キロ、サバ 80キロ、ムロアジ 50キロ
「石橋」定置:小サバ 150キロ ほか
「 岩 」定置:サバッ子 530キロ、サバ 110キロ、ヤマトカマス 90キロ、アジ 70キロ
「原辰」定置:小サバ 140キロ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 430キロ、サバ 430キロ、小サバ 1.5トン、サバッ子 560キロ、イナダ 210キロ
「福浦」定置:アジ 870キロ、サバッ子 3.6トン、サバ 140キロ
「大磯」定置:休漁

デジタル庁キター!
何するかわかんないけどキター!
って、いきなりシンプル・イズ・ベストなホームページキター!
と言うことで、今朝は豊洲市場が休市の中、小田原だけは鋭意営業中!
しかし、同じように休市だと思われているのか、日中事務所の電話がリンとも鳴らない・・・
.
posted by にゃー at 13:32| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月31日

気分は魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバッ子 1トン、小サバ 500キロ、サバ 100キロ
「石橋」定置:サバッ子 1トン、小サバ 160キロ、ウルメイワシ 110キロ、ヤマトカマス 100キロ
「 岩 」定置:サバッ子 1.8トン、小サバ 360キロ、サバ 240キロ、ヤマトカマス 130キロ、ウルメイワシ 110キロ、ヘダイ 100キロ
「原辰」定置:サバッ子 500キロ、小サバ 160キロ、小イサキ 120キロ
「江の安」定:メアジ、小サバ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:サバッ子 600キロ、ワカシ 220キロ、ヤマトカマス 120キロ、カツオ 100キロ、アジ 100キロ
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 350キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 310キロ ほか

佐島釣船・・・釣カツオ 600キロ

始業式は明日だってのに、市場には「サバッ子」達が大集合。
なんだかここへ来て日増しに小さい「サバ」が増えまくり。
「小サバ」もいるが、さらに小さい「サバッ子」ランド。
そして、それを避けるかのように「ワカシ」、「カマス」が減ったのは、どういうわけか?
.
posted by にゃー at 19:27| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月30日

魚市場に集まる皆の衆

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 1トン、サバ 650キロ、サバッ子 450キロ、ワカシ 450キロ、ウルメイワシ 250キロ、アジ 100キロ、ヤマトカマス 100キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 500キロ、小サバ 170キロ、ウルメイワシ 120キロ、ワカシ 110キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 570キロ、サバ 250キロ、マルソウダ 160キロ、サバッ子 250キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 900キロ ほか
「江の安」定:ヤマトカマス 170キロ ほか
「二宮」定置:アジ 510キロ、小サバ 850キロ、イナダ 200キロ
「福浦」定置:カタクチイワシ 600キロ、サバ 400キロ、小サバ 250キロ、サバッ子 200キロ
「大磯」定置:休漁

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 800キロ

♪皆の衆 皆の衆
腹が立ったら 空気を殴れ
癪に障れば 水を飲め
徳川家康 打つまで待った
天下分け目の ワクチン接種
どうせこの世はそんなとこ
そうじゃないかえ?
皆の衆〜

家の光の田園ソング、作詞は天才脚本家でもある関沢新一
なるほど、今すぐ打ちたきゃ、今なら一番勢いのある筒香に訊けってとこでんな
.
posted by にゃー at 19:38| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月28日

魚市場の達人

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 350キロ、サバ 240キロ、サバッ子 230キロ、マルソウダ 320キロ、ヤマトカマス 180キロ、ワカシ 110キロ
「石橋」定置:小サバ 300キロ、サバ 70キロ、サバッ子 450キロ、マルソウダ 100キロ、ヤマトカマス 730キロ、ワカシ 310キロ
「 岩 」定置:マルソウダ 6トン、サバッ子 390キロ、ヤマトカマス 270キロ、サバ 110キロ
「原辰」定置:ヘダイ 150キロ、小サバ 300キロ、ヤマトカマス 120キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 70キロ ほか
「二宮」定置:イナダ 1.1トン、小サバ 1.2トン、アジ 210キロ、サバ 180キロ、サバッ子 840キロ、ヒラソウダ 110キロ
「福浦」定置:サバッ子 1.7トン、ワカシ 80キロ、アジ 550キロ、小サバ 300キロ、マルソウダ 250キロ、サバ 120キロ
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「下田網船」:タカベ 150キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 400キロ

説明書に「電源プラグがコンセントから抜けていませんか?」なんて書いてあるけど、本当にそんな人いるの?とお思いのアナタ。
魚市場に来て、魚が並んでいることに驚いている人がいるくらいですから、いても全く不思議はありません。
20210828_054335.jpgそんな夏の魚市場には「アジ」、「サバ」、「イナダ」が所狭しとギッシリコ。
20210828_071852.jpg金に輝く「ヘダイ」に「メイチダイ」は、今の季節に無くてはならない、刺身が激ウマ、握って超ウマの高級魚。
明日は肩たたきでもやって、稼いだ小銭で月曜日に買うとしましょうよ。
.
posted by にゃー at 16:13| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする