魚体中骨抜き器販売中

2020年06月18日

トランスフォーム魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 220キロ、小サバ 100キロ、ウルメイワシ 70キロ
「石橋」定置:サバ、ウルメイワシ ほか
「 岩 」定置:モジャコ 150キロ、シイラ 50キロ
「原辰」定置:モジャコ 140キロ、小サバ 80キロ
「江の安」定:小サバ、シイラ ほか
「二宮」定置:小サバ 240キロ、アジ 120キロ
「福浦」定置:マイワシ 600キロ、サゴシ 110キロ、トビウオ 130キロ、サバ 50キロ、マルアジ 80キロ
「大磯」定置:アジ 130キロ、小サバ 60キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 50キロ、マルアジ 50キロ

あれ?少なくね?
休市開けて、びっくりの減量。
まるで、−45キロの激ヤセに成功したアデルかってくらいの大変身。
「ワラサ」は消えたし、「アジ」は減ったし、「サバ」は増えても高知れだし。
な〜んだ、増えたのは、都知事選の賑やかし目当ての立候補者だけやないかい。
.
posted by にゃー at 20:45| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月16日

魚市場探偵・鱗太郎

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウルメイワシ 130キロ、小サバ 250キロ、カタクチイワシ 60キロ、マイワシ 40キロ
「石橋」定置:小サバ 170キロ ほか
「 岩 」定置:小サバ 90キロ、ウルメイワシ 90キロ、シイラ 40キロ
「原辰」定置:小サバ 90キロ、マイワシ 80キロ、シイラ 80キロ、ワカシ 70キロ
「江の安」定:シイラ 60キロ ほか
「二宮」定置:アジ 320キロ、小サバ 280キロ、モジャコ 400キロ
「福浦」定置:ワラサ 10トン ほか
「大磯」定置:アジ 160キロ、小サバ 200キロ、サバ 60キロ

伊豆方面からは、
「山下丸網」:イナダ 550キロ、アカカマス 110キロ
「宇佐美船」:生シラス 100キロ

20200616_9596.jpg本日も「福浦」の「ワラサ」に始まり、「ワラサ」に終わった一日。
小田原周辺漁場の漁獲不振の原因を探るべく、漁港に現れた一人、いや一匹の探偵魚。
大きめのマントを翻し、歴史的アーケードゲームの金字塔、スペースインベーダーを記念する日という6月16日、ふわふわと「米神」の漁場に現れたインベーダー顔の「マダラトビエイ」。
15922617994921216799680.jpg今年は春の来る前から「ヒラメ」、「イシダイ」、「マアジ」、「ブリ」、「ヒラマサ」、「スルメイカ」まで刺し網、定置網、いずれも漁獲が減っており、漁期もずれ、獲れても短期的なものが多く、しかも獲れるサイズも小さめが主体(ブリだけは今年は太っていた)といった有様で、魚価が思うように伸びず、量の少なさに相場がなんとか耐えていたところに、コロナ禍による市況低迷というダブルパンチを食らった結果、ガラガラと相場の崩壊を招いてしまっていた。
仮にコロナ禍が無かったとしたら、どうなっていたか?
小確りした相場の中で漁獲が減ってくれば、相場の崩壊は避けられたであろうが、高値も自ずと限界があり、漁獲が伸びない事には、売り上げは早々に頭打ちとなり、結果的にそこまでの数字は期待できなかったと見るのが自然である。
つまり前年度から続く低迷傾向は、コロナ禍により早まった感はあったものの、遅かれ早かれ、相場崩壊こそないが、非常にレベルの低い業績を見据えていたと考えられる。
20200616_9591.jpgと言うことは、漁獲不振の延長線上にあるのは、前年より続く影響と考えるのがきわめて自然な流れと言えるのではないだろうか。
近年、小田原に頻繁に上陸する巨大台風、黒潮の大蛇行、海水温の上昇など、遠因となる要因は数年前から散見されており、証拠の特定は困難を極める。
さすがに事件は迷宮入りかと思われたその時、ふと思い出したのだが、そういえば、去年も6月の上旬に「マダラトビエイ」が一匹フラッと小田原の港に現れていた。
現場に再び姿を現すという犯人の特性を鑑みるとき、犯人「マダラトビエイ」説を仮定すると、この数年間、毎年決まってこの季節に「マダラトビエイ」が現れていたと立証できれば、この漁獲不審事件は、一気に解決へと動き出すのではないだろうか?
続報を待て!
.
posted by にゃー at 16:32| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月15日

魚市場は常に清濁併せ呑む

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 400キロ、ウルメイワシ 200キロ、アジ 40キロ
「石橋」定置:小サバ 140キロ、サバ 120キロ、アジ 90キロ
「 岩 」定置:マイワシ 60キロ ほか
「原辰」定置:小サバ 200キロ、モジャコ 100キロ、マイワシ 80キロ、小ムツ 50キロ
「江の安」定:カタクチイワシ、マイワシ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ 160キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 70キロ

雨降って、海濁って、風吹いて、漁に出られず、魚引っ込む・・
良いときも悪いときも、自然と現実に向かい合ってこその市場です。
15921753609671417930419.jpg潮目を読まなくても、空気を読めなくても、酸いも甘いも噛み分ける。
それでも甘いものは、別腹だけど。
.
posted by にゃー at 15:27| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月13日

魚市場は毎日が思考実験

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 500キロ、カタクチイワシ 450キロ、ウルメイワシ 150キロ、トビウオ 50キロ、マイワシ 50キロ
「石橋」定置:小サバ 200キロ、カタクチイワシ 220キロ、アジ 110キロ、ウルメイワシ 160キロ
「 岩 」定置:マイワシ 1.4トン、小サバ 400キロ、カタクチイワシ 60キロ
「原辰」定置:小サバ 1.7トン、カタクチイワシ 230キロ
「江の安」定:小サバ 240キロ、マイワシ 120キロ
「二宮」定置:小サバ 1.1トン、アジ 660キロ、サバ 120キロ、小ムツ 80キロ、アカカマス 80キロ
「福浦」定置:ワラサ 8.1トン、トビウオ 130キロ、イナダ 45キロ
「大磯」定置:アジ 280キロ、小サバ 240キロ

日々、自己言及のパラドックスに陥りながら、その矛盾を止揚した先にある落としどころを探し続け、時に演繹的に、時に帰納的に導き出される小田原産地魚の魅力を足掻いて求めた結果が、この始末。
「小サバ」や「小イワシ」は、海の米。獲れてなんぼ。
「小田原アジ」は、小田原の至宝。文化であり、資産。
6月の「ワラサ」は、恒例行事。福浦の誇り。ジューン・プライド。
.
posted by にゃー at 18:53| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月12日

タイムマシンにお願い魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 1.9トン、カタクチイワシ 600キロ
「石橋」定置:カタクチイワシ 220キロ、小サバ 150キロ、ウルメイワシ 110キロ、アジ 50キロ、サバ 60キロ
「 岩 」定置:小サバ 120キロ、カタクチイワシ 70キロ
「原辰」定置:小サバ 490キロ、カタクチイワシ 110キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ 120キロ、小サバ 140キロ、サバ 40キロ

伊豆方面からは、
「下田釣船」:釣キンメダイ 300キロ、釣メダイ 50キロ

大島釣船・・・釣キハダ 170キロ、釣カツオ 130キロ

1591915562354862110590.jpgこの雨季の始まりに、金ローがウキウキする様な映画を持ってきた。
「BTTF」は何回やるねんって感じやけど、何回観てもおもろいから有能であり、まさしくエンターテイメント。
始めから終わりまで伏線と回収の連続で、魚市場も見習うべき魅力の宝庫と言える。
一方、小田原の小サバは毎日山のように獲れており、夏が来たところで悪いが、ダンベからこぼれる「小サバ」の回収にもそろそろ飽きが来る頃。
タイムマシンがあったなら、「アジ」が連日トン単位で獲れていたあの頃の「アジ」の一部でも、今の時代にタイムスリップさせることができるのに・・
.
posted by にゃー at 16:08| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月11日

監視下に置かれた魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 120キロ、サバフグ 130キロ、カタクチイワシ 100キロ、モジャコ 110キロ、アジ 80キロ
「石橋」定置:サバ 110キロ、アジ 65キロ
「 岩 」定置:小サバ 300キロ、モジャコ 50キロ、ウルメイワシ 50キロ、カタクチイワシ 50キロ、アジ 50キロ
「原辰」定置:小サバ 110キロ ほか
「江の安」定:小サバ 200キロ、アジ 40キロ
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:ワラサ 8.9トン ほか
「大磯」定置:小サバ 560キロ、アジ 230キロ、サバ 100キロ、アカカマス 60キロ

伊豆方面からは、
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 360キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 200キロ ほか

IMG_20200611_072952.jpg陸送にて、千葉からは2入れの「ワラサ」が山。
積みも積んだり、驚異の10段・・。
若い衆より背が高いって・・。
千葉の奥地には、巨人がウヨウヨしているという伝説は、本当か?
一方、湯河原の「福浦」定置では、今朝も「ワラサ」がごっちゃんです。
20200611_085609.jpg約9,000キロの「ワラサ」の山のその中に、ダートタグ二本差しの落ち武者が一本(よく見つけたな!)。見れば、一昨年の5月末に石川県沖にて放流された個体とか。
丸2年もかけて、ぐるりと相模湾に忘れ物を取りに来たのか、今ならお得の箱根の温泉にでも日頃のストレスを癒やしに来たとでも言うのだろうか?
.
posted by にゃー at 12:28| Comment(2) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月09日

魚市場にいってらっしゃい

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:モジャコ 390キロ、マイワシ 140キロ、ウルメイワシ 110キロ、サバ 70キロ、サバフグ 70キロ、アジ 50キロ
「石橋」定置:アジ 470キロ、モジャコ 400キロ
「 岩 」定置:モジャコ 1.6トン、アジ 100キロ、サバフグ 65キロ
「原辰」定置:小サバ 400キロ、モジャコ 160キロ、アジ 100キロ
「江の安」定:モジャコ 100キロ、アジ 85キロ
「二宮」定置:アジ 420キロ、小サバ 160キロ
「福浦」定置:ワラサ 900キロ、マイワシ 600キロ
「大磯」定置:アジ、サバ ほか

伊豆方面からは、
「網代定置」:アジ 100キロ、トビウオ 45キロ
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 140キロ、釣オオクチイシナギ 360キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 85キロ

遅れてきた入学式か?
連日、小田原の海は「モジャコ」と「小サバ」の集団登下校。
それに「シラス」も混じって、毎日大運動会。
そして、ここに来ての真夏日と、いよいよの梅雨接近。
季節がまたひとつ変わっていけば、魚の顔ぶれも変わることを期待して。
誰が決めたか?新しい生活様式なんてものに、人間も変わらなければならないのか?
自問自答の日々は続く。
.
posted by にゃー at 20:08| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スナエソ

二日連続
和田丸シリーズ
20200609_080407.jpg
完全なるイグアナの面構え

赤江ちゃん
昨日ラジオ復帰だけど

これはアカエソの仲間。

フィッシュイーターらしく

シラス網にまみれて
混獲されました。

20200609_080427.jpg
小田原沿岸の
浅い海の砂底に棲むから

「スナエソ」

このわかりやすさが

魚の命名にも

大事だと思います。

普通にいそうな
魚だけど

なかなか獲れない
このサイズ

20200609_080504.jpg生シラスを
しっかり食べて
しっかり太った

この体。

イモムシかっ?

食味は不明ですが、

エソの仲間なら
普通に

練り物にして
美味しいでしょう
.
posted by にゃー at 18:43| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする