魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2021年02月15日

自信は無いけど魚市場に聞け

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 420キロ、サバ 160キロ
「石橋」定置:小サバ 400キロ、サバ 320キロ
「 岩 」定置:カタクチイワシ 360キロ、小サバ 210キロ、サバ 220キロ、ウマヅラハギ 170キロ、イシダイ 70キロ、スルメイカ 60キロ
「原辰」定置:ウスバハギ 260キロ、小サバ 160キロ、サバ 120キロ
「江の安」定:カタクチイワシ 150キロ ほか
「二宮」定置:サバ 80キロ ほか
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:サバ 100キロ、小サバ 50キロ、アカカマス 50キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:アカカマス 80キロ

先週土曜(13日)夜の地震、被害を受けられた地域の方々にはお見舞い申し上げます。
そろそろ寝よかのタイミングで起きた縦揺れに、思わず10年前を思い出した人も多かったはず。
202101_ryugood.jpg10年前は、あの大地震発生の2ヶ月前に大型「リュウグウノツカイ」が一本水揚げられましたが、今年は年初から一ヶ月の間に小サイズの「リュウグウノツカイ」が3本も獲れていました。
ただ今まで「リュウグウノツカイ」を地震の前兆として考えた時に、そのサイズが発生した地震の規模に比例するという経験則がありましたので、今回の3本はいずれも小さい個体であり、それほど大事件にするまでもないと気にも留めませんでした。
しかし、一本目漁獲から一ト月半経ったタイミングでの地震発生は、3本立て続けの警告と結果的に3本合わせ技一本という規模の震度をもたらしたと言えるかもしれません。
また個体サイズと地震の規模に相関が無いとしても、本数の多さから今後の一ヶ月間はさらに注意が必要と勘案される可能性もあります。

今日のヒラメ ・・・ 66枚
posted by にゃー at 18:31| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月13日

出る出る出るねの魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 440キロ、サバ 150キロ、カタクチイワシ 120キロ
「石橋」定置:小サバ 150キロ、カタクチイワシ 100キロ
「 岩 」定置:カタクチイワシ 240キロ、小サバ 190キロ、サバ 75キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 370キロ、サバ 110キロ、ウスバハギ 50キロ
「江の安」定:カタクチイワシ 140キロ ほか
「二宮」定置:ウマヅラハギ 110キロ、サバ 60キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:サバ 50キロ ほか

20210213_051022.jpgチョコっとあればいいんだけど〜と見渡す限り「イワシ」の山の中から探し出す、宝の魚。
「出てこい、出てこい〜・・」その選別もまた楽しと切り替えられる人だけが、本当の宝をきっと掴む(願望)。

今日のヒラメ ・・・ 44枚
posted by にゃー at 18:27| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月12日

魚市場に求められる透明性

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 450キロ、小サバ 120キロ
「石橋」定置:カタクチイワシ 1トン、サバ 80キロ
「 岩 」定置:カタクチイワシ 1トン、小サバ 300キロ、サバ 150キロ、ウマヅラハギ 120キロ
「原辰」定置:マイワシ 1.5トン、カタクチイワシ 440キロ、サバ 110キロ
「江の安」定:サバ 170キロ、カタクチイワシ 120キロ
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:イシダイ 260キロ ほか
「大磯」定置:サバ 800キロ、小サバ 130キロ、マイワシ 100キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:スルメイカ、ホウボウ ほか

20210212_ika.jpgまだまだ獲れる「カタクチイワシ」。徐々に暖かくなって海の中も春めいてくるはずだが、それでも2月。「イワシ」があれば「ブリ」が来る(はず)と海を見ながらじっと待つ。継続は力なり、いや継続は「イワシ」なり。「ウマヅラハギ」はバテた様だが、「イワシ」の群れは規模が違うと獲れ続ければ、いつかその日が来ると信じて「ブリ」を待つ。
あ、その前に相模湾、冬の大穴、透明ピュンピュンの「ホタルイカ」来るぜ、きっと。

今日のヒラメ ・・・ 80枚
posted by にゃー at 20:21| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月10日

宇宙戦艦魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 1トン、サバ 70キロ ほか
「石橋」定置:カタクチイワシ 430キロ ほか
「 岩 」定置:カタクチイワシ 1.1トン、小サバ 360キロ、ウマヅラハギ 140キロ、サバ 200キロ、イシダイ 70キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 930キロ ほか
「江の安」定:カタクチイワシ 140キロ、マイワシ 90キロ
「二宮」定置:ウマヅラハギ 140キロ、サバ 70キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ、サバ ほか

伊豆方面からは、
「富戸定置」:ブリ・ワラサ 330キロ、イナダ 350キロ、小サバ 170キロ

東方面からは、
「平塚定置」:タチウオ 170キロ ほか

試験操業船 ・・・ マサバ 2.1トンほか

20210210_ship.jpg宮川泰の音楽と共に入港してくるは、我が神奈川県の誇る沿岸漁業調査指導船 「江の島丸」
「おお〜でけ〜」の声と共に水揚げられた「マサバ」の山。
「おお〜ちぃさ〜」と言ったか言わずか知らないが、「地球を救う使命を帯びて、戦う男、もえるロマン。誰かがこれをやらねばならぬ、期待の人が俺たちならば」。
ふつくしいじゃあ〜りませんか。

今日のヒラメ ・・・ 99枚
posted by にゃー at 18:34| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月09日

テツ&トモ&魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 430キロ、小サバ 120キロ
「石橋」定置:カタクチイワシ 300キロ、サバ 330キロ
「 岩 」定置:カタクチイワシ 1.1トン、ウマヅラハギ 390キロ、サバ 280キロ、小サバ 170キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 270キロ、マイワシ 230キロ、小サバ 170キロ、サバ 110キロ
「江の安」定:カタクチイワシ 520キロ、マイワシ 50キロ
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:カタクチイワシ 1トン、サバ 160キロ

一気に「イワシ」が増えてきた、なんでだろ〜?
「カタクチイワシ(ヒコイワシ)」を冬にしか見なくなったのなんでだろ〜?
その割に「ヒラメ」が増えないのなんでだろ〜?
「イシダイ」が増えたり減ったりするのなんでだろ〜?
量が獲れても魚屋さんが「買う魚がない」って言うのなんでだろ〜?
なんでだ、なんでだろ〜?

今日のヒラメ ・・・ 37枚
posted by にゃー at 17:47| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月08日

シマダコ

20210208_tako.jpg
何この
激ヤバ
タコ・・

ダダ
の様な全身に

クレムリンの
赤の広場を
思わせる頭(胴)・・

あれ?
ひょっとして
これ
タコ専用の
ZOZOSUIT

いえ
今はもう
ZOZOSUIT 2 に
進化しています

ですよね〜

水玉では
ありません

縞模様です

だから

「シマダコ」

と言います

見た目に反して

いたって
ノーマルな名前

しかし
さすがに
この刺激的な見た目は
セリ場に並んでいても

スルー
されてしまう
わけだわ
.
posted by にゃー at 22:13| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魚市場の神様

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 880キロ、小サバ 340キロ、サバ 270キロ
「石橋」定置:小サバ 230キロ、カタクチイワシ 210キロ、ウルメイワシ 150キロ
「 岩 」定置:カタクチイワシ 2.9トン、ウマヅラハギ 1.2トン、小サバ 1.1トン、イシダイ 170キロ、サバ 140キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 1.4トン、小サバ 520キロ、サバ 120キロ、ウスバハギ 110キロ、ウマヅラハギ 80キロ
「江の安」定:カタクチイワシ 980キロ、サバ 150キロ、マイワシ 80キロ
「二宮」定置:ウマヅラハギ 730キロ ほか
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:カタクチイワシ 1.7トン、サバ 260キロ

魚市場にはお金持ちの恵比寿様がいるんやで
それはそれはお金持ちの恵比寿様がいるんやで
だから毎日キレイにしたら
恵比寿様みたいにお金持ちさんになれるんやで
その日から私は魚市場をピカピカにし始めた
お金持ちに絶対なりたくて毎日磨いてた
そしたら恵比寿様みたいなふくよかさんになったんやで

今日のヒラメ ・・・ 75枚
posted by にゃー at 16:52| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月06日

魚市場・オブ・テラー

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 2.2トン、小サバ 250キロ、小サバ 140キロ、ウマヅラハギ 70キロ
「石橋」定置:マイワシ 700キロ、ウマヅラハギ 60キロ、サバ 40キロ
「 岩 」定置:マイワシ 2.4トン、ウマヅラハギ 1.9トン、小サバ 650キロ、サバ 170キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 1.2トン ほか
「江の安」定:カタクチイワシ 630キロ、サバ 190キロ、小サバ 190キロ、マイワシ 60キロ、イシダイ 60キロ
「二宮」定置:ウマヅラハギ 1.2トン、イシダイ 460キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:カタクチイワシ 340キロ ほか

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ウマヅラハギ 300キロ ほか

今シーズンは「ウスバハギ(シロウマ)」も多かったからと期待した人も多いが、黒い馬こと「ウマヅラハギ」が獲れだした。
平均300上の気持ち大きめに気分は高まるが、早くも値段は低空飛行。今年は先も見えない現状もあり、アップダウンの激しい値動きになりそうだ。

今日のヒラメ ・・・ 66枚
posted by にゃー at 20:56| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする