魚体中骨抜き器販売中

2020年08月18日

魚市場は魚専用サーキット

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:ウルメイワシ 1.2トン、ヤマトカマス 380キロ、イナダ 170キロ、ワカシ 40キロ
「 岩 」定置:ウルメイワシ 250キロ ほか
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ 60キロ ほか

伊豆方面からは、
「網代定置」:ワカシ 270キロ
「山下丸網」:イナダ 260キロ、イサキ 150キロ、小アジ 120キロ、ムツッ子 130キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 200キロ、ヒラソウダ 200キロ、タチウオ 90キロ

15977025806642092913882.jpg早い!川のように流れる海。
早い!こう汐が早くては、とても操業できません。
早い!水揚げ少なく、早々に競りも終了。
遅い!「ヤマトカマス(ミズカマス)」のまとまるのが、例年に比べ遅すぎやしませんか?
遅い!台風発生のペース、例年に比べて遅すぎやしませんか?
遅い!ヒレを落として刺身引くまで26分。先が思いやられるな。
posted by にゃー at 12:28| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月17日

青ざめた魚市場は熱中症?

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウルメイワシ 3トン、ワカシ 280キロ、マイワシ 100キロ
「石橋」定置:ウルメイワシ 5.9トン、ワカシ 410キロ、サバ 420キロ、アジ 140キロ
「 岩 」定置:イナダ 1.5トン、ワカシ 230キロ、サバ 120キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:ウルメイワシ 310キロ、マイワシ 70キロ
「二宮」定置:アジ 350キロ、イナダ 320キロ、サバ 250キロ、ワラサ 120キロ、ワカシ 110キロ
「福浦」定置:ワラサ 360キロ、ワカシ 220キロ、イナダ 250キロ、サバ 100キロ
「大磯」定置:ウルメイワシ 1.7トン、アジ 760キロ、サバ 330キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:ヤマトカマス 510キロ、ワカシ 390キロ

東方面からは、
「平塚定置」:タチウオ 520キロ、アジ 160キロ

暑かったお盆も明けて、秋らしい空気が僕らを迎え・・・てくれるはずが、今日も引き続き暑い朝。
お盆の3連休を挟んでの操業となるわけで、一気の増量も期待されたが、増えたのは「ウルメイワシ」と「イナダ」ぐらい。
真っ青な空と海、そしてウルメ色の青に染まった小田原の漁港は、朝から魚に飢えた買受人の熱気に包まれていた。
それにしたって、お昼過ぎには浜松で41.1℃とか。皆揃って餃子焼き過ぎなんじゃなかろか?
「イワシ」「イワシ」「イワシ」・・・こんなにいっぱいどうしよう・・
それウルメ色じゃなくて、売る迷路。
posted by にゃー at 22:03| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月13日

そんな魚市場に騙されて

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ワカシ 760キロ、サバ 350キロ、イナダ 190キロ、ヤマトカマス 60キロ
「石橋」定置:ワカシ 1.5トン ほか
「 岩 」定置:ワカシ 2.2トン、サバ 100キロ
「原辰」定置:ウルメイワシ 240キロ、ワカシ 100キロ
「江の安」定:ワカシ 40キロ ほか
「二宮」定置:アジ 150キロ、イナダ 120キロ、ワカシ 150キロ
「福浦」定置:ワカシ 60キロ ほか
「大磯」定置:ワカシ 1.2トン、アジ 200キロ、小サバ 320キロ、サバ 200キロ

伊豆方面からは、
「神津島釣」:釣キンメダイ 230キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 110キロ

20200812_074353.jpg地魚界の原石にして、ポテンシャルの塊。
刺身にすれば「イナダ」の代わりとなり、フライにすれば「アジ」の代わりとなる、ユーティリティプレイヤー。
無邪気な子供の時代はあっと言う間に過ぎてゆく、それが親心というもの。
数年経てば「ブリ」になって里帰り。ただコロナ時代の帰省はドライブスルーとも。
そんな時代だからこそ、今を大切にしたい。そんな可能性ある未利用魚。
「ワカシ」が6トン!
そう聞いて思い出すのは、若嶋津六夫。
若嶋津と来れば、高田みづえ。
どうしたって「硝子坂」

20200718_061215.jpg♪いじわるな魚市場は
いつでも木の台の上から
手ヤリだけをくりかえす
魚の前には硝子坂
きらきら光る硝子坂・・
天才作詞家、島武実。
亡くなってもう一年が経っている。
posted by にゃー at 16:28| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月12日

潤いは魚市場の潤滑油

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウルメイワシ 550キロ、サバ 450キロ、イナダ 260キロ、アジ 110キロ、小サバ 80キロ
「石橋」定置:ウルメイワシ 450キロ、ワカシ 190キロ、アジ 45キロ
「 岩 」定置:ウルメイワシ 60キロ ほか
「原辰」定置:ウルメイワシ 400キロ、サバ 100キロ、マイワシ 50キロ
「江の安」定:ウルメイワシ 40キロ ほか
「二宮」定置:アジ 300キロ、マイワシ 280キロ、ワカシ 180キロ、イナダ 100キロ
「福浦」定置:ワカシ 120キロ、サワラ 90キロ、サバ 70キロ
「大磯」定置:小サバ 850キロ、ワカシ 630キロ、サバ 210キロ、アジ 170キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:アカカマス 150キロ、ヒラソウダ 80キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 50キロ ほか

15971771664751589576231.jpgこー暑いと汗ダクダク。
魚を箱詰めしてても汗ポタポタ。
体はカッパ。頭にはちまき。
マスクの下は笑顔。
パンツの下はエレクトで。
posted by にゃー at 12:23| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月11日

夏の魚市場はパリピホイホイ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 960キロ、サバ 400キロ、ヒラソウダ 110キロ、サバ 400キロ、サワラ 60キロ、ヤマトカマス 50キロ
「石橋」定置:小サバ 600キロ、ワカシ 450キロ、サバ 380キロ、イナダ 120キロ、ヤマトカマス 60キロ
「 岩 」定置:ウルメイワシ 350キロ、サバ 190キロ、小サバ 100キロ、ヤマトカマス 180キロ、ワカシ 150キロ、ヒラソウダ 90キロ
「原辰」定置:小サバ 120キロ、サバ 90キロ、ワカシ 70キロ ほか
「江の安」定:ワカシ 60キロ ほか
「二宮」定置:アジ 360キロ、ワカシ 210キロ、ワラサ 150キロ、小サバ 110キロ、マイワシ 80キロ、サバ 50キロ
「福浦」定置:サワラ・サゴシ 900キロ、サバ 160キロ、スルメイカ 50キロ、ヤマトカマス 50キロ
「大磯」定置:アジ 400キロ、ワカシ 590キロ、サバ 100キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:ヤマトカマス 370キロ、メジナ 110キロ

東方面からは、
「平塚定置」:タチウオ 280キロ、アジ 40キロ

小田原、午前11時現在、気温35℃。
どこまで上がるのか、内陸では40に届かんとするアゲアゲ状態。
この暑さに、まず逃げたのは「ウルメイワシ」。その姿は今朝すっかり減って、逆に存在感を増したのが「小サバ」たち。
さらに湘南方面ではでっかい「アジ」が、アゲアゲ水揚げ。
おまけに「福浦」ではお馴染みの「サワラ」も獲れちゃって、連休明けと言うこともあってどこもアゲアゲ増量傾向。
種類も増えて、網にも秋らしさが感じられる中、日本海側は連休がらみの時化模様もあって、平均相場もアゲアゲ傾向。
こうなると必然的に明日、明後日と漁獲は右肩下がりとくれば、求めるものは皆一緒の市場原理も働いて、さらなる高みを目指すことになりそう。
こういう時こそ油の出番。「アジ」も「カマス」も、「サバ」も「イワシ」も、皆一緒にアゲアゲて頂きましょう。
posted by にゃー at 18:43| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月08日

魚市場のウルメに対する印象

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 1.2トン、ウルメイワシ 1.2トン、サバ 210キロ、ワカシ 110キロ、ヤマトカマス 80キロ
「石橋」定置:ウルメイワシ 700キロ、イナダ 200キロ、ワカシ 60キロ、サバ 60キロ
「 岩 」定置:ウルメイワシ 900キロ、ワカシ 780キロ、ヤマトカマス 120キロ
「原辰」定置:ウルメイワシ 520キロ、ワカシ 120キロ、ヤマトカマス 70キロ
「江の安」定:ウルメイワシ 60キロ ほか
「二宮」定置:マイワシ 520キロ、小サバ 120キロ、ワカシ 130キロ、サバ 90キロ、アジ 70キロ
「福浦」定置:小サバ 900キロ、サバ 300キロ、ヤマトカマス 120キロ
「大磯」定置:アカカマス 140キロ、サバ 40キロ

伊豆方面からは、
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 140キロ、釣メダイ 80キロ
「神津島釣」:釣キンメダイ 200キロ ほか

うつくしい程のオーシャンブルー
るックアットミーと言わんばかりの瞳
めちゃんこ獲れても構わない
いわしの中ではマイナーだけど
わたしは好きよ
しっかり干したヤツ
posted by にゃー at 20:35| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月07日

疑いながら魚市場を生きる

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウルメイワシ 1.4トン、小サバ 450キロ、イナダ 320キロ、サバ 260キロ、ワカシ 170キロ、ヤマトカマス 110キロ
「石橋」定置:ウルメイワシ 920キロ、イナダ 560キロ、ヤマトカマス 220キロ、サバ 200キロ、スルメイカ 100キロ、ワカシ 120キロ
「 岩 」定置:ウルメイワシ 4.4トン、サバ 90キロ、ワカシ 90キロ
「原辰」定置:ウルメイワシ 890キロ、マイワシ 140キロ
「江の安」定:ウルメイワシ 60キロ ほか
「二宮」定置:ワカシ 460キロ、小サバ 360キロ、サバ 190キロ
「福浦」定置:ワラサ 600キロ、小サバ 200キロ、サバ 80キロ
「大磯」定置:マイワシ 870キロ、サバ 230キロ、アジ 70キロ

 伊豆方面からは、
「網代定置」:ヤマトカマス 190キロ
「山下丸網」:小アジ 180キロ、ムツッ子 190キロ、イサキ 100キロ

今朝も「ウルメイワシ」は沢山獲れました。
「ヒラゴイワシ(マイワシ)」も多少混じっていますが、「カタクチイワシ」は少ないですね。
その一方で「アジ」は、顕著な減少傾向にあります。連休を前に心配になるほど。
こうなったら、不足した「アジ」を「ウルメイワシ」で補うのもアリか?
そんなまるでプロ野球で普通の野手にピッチャーを任せるような事、とても無理無理カタツムリ。
え?昨日やってた?
巨人?わお。
.
posted by にゃー at 17:11| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月06日

ホットな魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウルメイワシ 2トン、小サバ 600キロ、サバ 370キロ、マイワシ 50キロ、ワカシ 65キロ
「石橋」定置:ウルメイワシ 3.5トン、ワカシ 110キロ
「 岩 」定置:ウルメイワシ 5.3トン、サバ 120キロ、ワカシ 50キロ
「原辰」定置:ウルメイワシ 1.1トン、ヤマトカマス 50キロ
「江の安」定:ウルメイワシ 180キロ ほか
「二宮」定置:ワカシ 320キロ、小サバ 470キロ、サバ 150キロ、アジ 80キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:小サバ 1.1トン、サバ 510キロ、ワカシ 120キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:ワカシ 520キロ、メジナ 50キロ
「山下丸網」:小アジ 210キロ、ムツッ子 180キロ、イサキ 60キロ
「下田釣船」:釣キンメダイ 80キロ、釣メダイ 70キロ、釣ムツ 50キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 610キロ ほか
「三崎釣船」:釣メダイ 500キロ

増え続ける「ウルメイワシ」
上がり続ける寒暖計
伸び続ける市場への渋滞
売れ続ける、うがい薬
繰り返し続ける、総理大臣
信じられるのは、目の前の魚だけ
posted by にゃー at 18:03| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする