魚体中骨抜き器販売中

2020年06月08日

名もなく貧しく美しい魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 140キロ、コノシロ 200キロ、小サバ 80キロ、サバ 70キロ
「石橋」定置:アジ 220キロ、小サバ 80キロ、マルアジ 40キロ
「 岩 」定置:マルアジ 410キロ、アジ 180キロ、小サバ 450キロ
「原辰」定置:マルアジ 200キロ、アジ 80キロ
「江の安」定:アジ 40キロ ほか
「二宮」定置:アジ 620キロ、モジャコ 700キロ、小サバ 500キロ、小ムツ 100キロ、マルアジ 70キロ
「福浦」定置:小サバ 100キロ、マルアジ 100キロ、シイラ 50キロ、サバ 50キロ
「大磯」定置:タチウオ、アジ ほか

伊豆方面からは、
「網代定置」:メジナ 150キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 150キロ

和歌山船・・・釣キハダ 560キロ、釣カツオ 150キロ

「ヤマトカマス(ミズカマス)」の新子、通称「エンピツ」。
20200608_055250.jpgこれを見ると思い出す、美空ひばりの反戦歌「一本の鉛筆」。
作詞は天才映画監督、松山善三。
「一本の鉛筆があれば
八月六日の朝と書く
20200608_055022.jpg一本の鉛筆があれば
人間のいのちと
私は書く」
今日は六月八日だけども、未利用魚の代表的存在とも言える「コノシロ」の命についても考えてみたい・・
posted by にゃー at 21:27| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モンガラドオシ

20200608_092635.jpg
この前衛的デザイン

革新的なフォルム

突如、相模湾に現れた

Designed by 草間彌生

瀬戸内海から泳いできたんでしょうか?

20200608_092601.jpg
ヒョロヒョロっと

クネクネっと、

頭部のドットは繊細に

胴体のドットは大胆に

描く波長は

天才と努力の予定調和。

20200608_092432.jpg
「アンタ、何言ってんの?」

と言わんばかりの顔。

鱗の無い「ウミヘビ」の仲間

相模湾では

「ダイナンウミヘビ」が

圧倒的多数派だが、

こんな派手なのもいるんですね!

その名も
「紋柄通し(モンガラドオシ)」

この通しは、始めから終わりまでの意

麻雀で言うところの

「その一萬、とぉーーーし!」

の「通し」とは異なる由

定置網には入らない、

国府津の網に

絡まってた所を

ゲットしたらしい

しかも2匹連れ

今のところ元気!

.
posted by にゃー at 12:48| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月06日

魚市場は朝の街のクラスター

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 300キロ、サバ 260キロ、モジャコ 200キロ、アジ 100キロ
「石橋」定置:小サバ 480キロ、サバ 130キロ、アジ 60キロ、マルアジ 50キロ
「 岩 」定置:小サバ 840キロ、サバ 150キロ、アジ 60キロ
「原辰」定置:小サバ 200キロ、モジャコ 60キロ、メジナ 50キロ
「江の安」定:小サバ 350キロ ほか
「二宮」定置:アジ 70キロ、サバ 40キロ
「福浦」定置:ワラサ 6.3トン、マルアジ 150キロ
「大磯」定置:小サバ 360キロ、アジ 320キロ、サバ 70キロ、マルアジ 70キロ

伊豆方面からは、
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 75キロ、釣オオクチイシナギ 85キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 120キロ、アカカマス 50キロ

1591390192275.jpg「小田原アジ」は一時的な微陽性になってしまい、どこの定置も「小サバ」の熱に浮かされ気味。
それでも「湘南定置(大磯)」方面で、最上級で最低限の量、獲れていることが唯一の光明となり、人々を繋ぎ止める魅力としての輝きを放っているのが救いである。
山に入れば「ウナギ」と「スッポン」はまだいるし、さらに「福浦」の「ワラサ」は、堂々の3日目に突入し、まだまだ獲れると豪語。総動員で、梅雨時に湿りがちな市場のボリュームと厚みを増してくれている。
1591390289586.jpg同時に相模湾の「生シラス」も好調が続いており、市場から朝獲れの恵みを多方面に拡散している状態。
この好影響は、今後の観光産業の復活の大きなカギを握っているばかりか、中長期的に見ても、魚市場と漁業産業の隆盛を決める分水嶺となることは間違いないってんだから、春夏冬「いらっしゃいませ」なのである。
.
posted by にゃー at 21:23| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シロシュモクザメ

20200606_0815.jpg
こんばんは、
いえ、おはようございます。

団鬼六です。

今日も今日とて
吊り上げちゃってます。

何しろ好きなもんですから・・

ご存じ
「シュモクザメ」です

今朝のは大きいです。

「米神」の定置網で獲れました。

水揚げ後、
20200606_06060.jpg
お腹から出てきた
20匹もの仔魚の処理に
困り果てる2人を他所に、

久しぶりの
大きな
「シュモクザメ」に

注目度も高め。

と言って、

この「シュモクザメ」が

アカか?シロか?ヒラか?

と答えられる人は
少ないかもしれません。

見分けは

「鼻先」

20200606_0821.jpg
ごらんのように

緩やかなカーブを
描いているこの魚は、

「シロシュモクザメ」
であり、

対して
「アカシュモクザメ」は、

鼻面が食い込んだ様な
カーブを描いています。


残る一種類の
「ヒラシュモクザメ」は

顔全体が
まっすぐな形になっており、

上から見ると魚の形が
T字型になっています。

今度「シュモクザメ」が
並んでいたら、

鼻先のカーブに注目して

正確に
種類を同定
してみて下さい。
.
posted by にゃー at 10:17| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月05日

魚市場で詩を楽しむアイデア

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 390キロ、小サバ 170キロ、アジ 90キロ
「石橋」定置:マルアジ 250キロ、小サバ 170キロ、サバ 160キロ
「 岩 」定置:モジャコ 950キロ、サバ 100キロ
「原辰」定置:モジャコ 100キロ、カタクチイワシ 70キロ、マルアジ 50キロ
「江の安」定:小サバ 50キロ、カタクチイワシ 30キロ
「二宮」定置:小サバ 320キロ、アジ 220キロ
「福浦」定置:ワラサ 8.4トン、イナダ 40キロ
「大磯」定置:アジ 300キロ、小サバ 480キロ、サバ 65キロ、マルアジ 50キロ

伊豆方面からは、
「宇佐美船」:釣ケンサキイカ 35キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 160キロ、タチウオ 40キロ

15913000442131808659147.jpgドスンと「ワラサ」、8トンあまり!
ギャフンと「マアジ」、逆戻り!
伊豆先の「ケンサキイカ」も、お名残惜しやの最終回か?
15913011967291047294553.jpgそして今日からはじまる
相模湾が青く
大きいことも
魚が獲れて気がついた
この「地魚」も今、届いたばかり
1591301165870943714499.jpg100メートルもの深さから
今日からはじまる
何かいいこと
天才詩人(c)高丸もと子
posted by にゃー at 13:10| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月04日

蜜がたっぷりアジ密の魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 430キロ、アジ 160キロ、サバ 150キロ、マルアジ 150キロ
「石橋」定置:アジ 520キロ、小サバ 470キロ、サバ 160キロ、マルアジ 150キロ
「 岩 」定置:小サバ 580キロ、アジ 160キロ、サバ 70キロ
「原辰」定置:マルアジ 130キロ、モジャコ 75キロ、アジ 50キロ、サバ 50キロ
「江の安」定:アジ 50キロ ほか
「二宮」定置:小サバ 480キロ、アジ 240キロ
「福浦」定置:ワラサ 4トン、シイラ 90キロ、サバ 50キロ
「大磯」定置:小サバ 1.3トン、アジ 630キロ、マルアジ 250キロ、サバ 230キロ、アカカマス 80キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:スルメイカ 60キロ ほか
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 75キロ、釣オオクチイシナギ 130キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 370キロ ほか

和歌山船・・・釣キハダ 360キロ、釣カツオ 60キロ

1591235992436753407239.jpgキタキタキタよ「小田原アジ」!
大きいじゃねえか、ありがてえじゃねえか。
それより何より、美味そうじゃねえか!
脂と言う名の蜜がたっぷりと乗って・・
海から届いた「小田原アジ」という名の給付金。
皆さんなら叩くか、締めるか、握るか、焼くか?
使い方はあなた次第、冷凍庫に貯金するなんて野暮言わないで。
.
posted by にゃー at 15:33| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月02日

魚市場で同時多発小サバテロ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:モジャコ 220キロ、小サバ 150キロ、サバ 50キロ
「石橋」定置:小サバ 120キロ、サバ 160キロ、モジャコ 50キロ
「 岩 」定置:小サバ 500キロ、スルメイカ 40キロ
「原辰」定置:小サバ 170キロ、カタクチイワシ 100キロ、モジャコ 50キロ
「江の安」定:小サバ、モジャコ ほか
「二宮」定置:小サバ 420キロ、アジ 140キロ、イシダイ 70キロ
「福浦」定置:マイワシ 1.2トン、マルアジ 130キロ、ワラサ 60キロ、マンボウ 60キロ
「大磯」定置:アジ 400キロ、小サバ 120キロ、マルアジ 90キロ、サバ 50キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:イサキ 100キロ
「山下丸網」:ワラサ 630キロ、イサキ 150キロ、マルアジ 50キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 260キロ、アカカマス 70キロ

1591052842688853347524.jpgえっ?
昨日の晩に、日本中で一斉に花火が打ち上がったんだって?
う、うん・・知ってたさ。
でも昨日は早く寝ちゃって、見られなかったんだ・・。
小田原でも?
もちろん上がってたよ!
寝ながら音が聞こえたモン!
ブブン、ブン、ブン、ブン、ブブン、ブン、ブン、ブン・・・
パラリラパラリラ〜って・・
.
posted by にゃー at 14:37| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月01日

魚市場の稚鰤はステップ2へ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:モジャコ 110キロ、小サバ 160キロ、アジ 40キロ
「石橋」定置:モジャコ 400キロ、小サバ 150キロ、サバ 60キロ
「 岩 」定置:アカカマス 100キロ、アジ 90キロ、サバ 60キロ
「原辰」定置:マイワシ 250キロ、モジャコ 100キロ、アジ 70キロ
「江の安」定:マイワシ 80キロ ほか
「二宮」定置:小サバ 150キロ、アカカマス 80キロ
「福浦」定置:シイラ 250キロ、ワラサ 130キロ、小サバ 1.2トン
「大磯」定置:アジ 70キロ ほか

伊豆方面からは、
「網代定置」:ワラサ 220キロ、スルメイカ 60キロ
「山下丸網」:ワラサ 660キロ、イサキ 60キロ
「下田釣船」:釣キンメダイ 370キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 50キロ、アカカマス 110キロ

大島釣船・・・釣キハダ 130キロ

15909700625561652222595.jpg日々増す「ワラサ」の存在感。
似た名前として時に混同される「サワラ」は、「狭腹」がその名の由来と言うが、この「ワラサ」はそうすると「腹狭」が名の由来になるのだろうか?
どの図鑑、文献を見てもそんなこたあ書いてないが、その実、この季節、痩せて肩身の狭い「ワラサ」は、「肩狭」と書いて「ワラサ」と読むのも、これからはアリかもしれない(※正しくは「稚鰤」)。
それでも「モジャコ」より大きいだけじゃなく、断然価値のある魚。
これからの季節、大群がどんどん相模湾へと泳ぎ込んで来ることだろう。
どうぞ冷蔵庫には、お値打ち「ワラサ」のスペースを空けておくことをオススメいたします。
.
posted by にゃー at 17:38| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする