魚体中骨抜き器販売中

2018年03月26日

魚市場よ、これがアジの灯だ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 110キロ、サバ 120キロ、小サバ 600キロ、小ムツ 50キロ
「石橋」定置:アジ 280キロ、サバ 260キロ、スルメイカ 230キロ、小サバ 350キロ
「 岩 」定置:スルメイカ 640キロ、イシダイ 230キロ、ボラ 140キロ、サバ 80キロ
「原辰」定置:サバ 340キロ、小サバ 130キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:イシダイ 450キロ、アジ 110キロ、サバ 90キロ、ブリ・ワラサ 80キロ、イナダ 50キロ、ウマヅラハギ 90キロ、メジナ 50キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アカカマス 65キロ、アジ 50キロ、イナダ 40キロ

伊豆方面からは、
「真鶴釣船」:釣メダイ、釣キンメダイ ほか
「網代定置」:スルメイカ 230キロ
「山下丸網」:ブリ・ワラサ 3トン、アジ 160キロ
「伊東釣船」:釣キンメダイ 60キロ、釣アブラボウズ 60キロ
「川奈杉本」:クロダイ 370キロ、メジナ 50キロ

東方面からは、
「江ノ島網」:メジナ 50キロ

春、桜が満開になって地魚が盛んに動き出している。
20180326_060925.jpg季節の遅れを取り戻すかのように、日々獲れる旬の主役たちが次から次に目まぐるしく変わっている。
「イシダイ」から「スルメイカ」に代わり、「ブリ」や「ワラサ」が一気に増えてきたかと思えば、「サバ」、「クロダイ」に続いて、ついに「アジ」も出て来た。
「アジ」が出てくれば、こっちのもの。
「小田原」と言えば「アジ」。「アジ」と言えば「小田原」という首都圏でも通用する最強の代名詞。「オバマ」氏に「小田原アジ」で握った寿司を食べていただきたかった。
20180326_060806.jpg活魚も種類豊富で、「ヒラメ」や「アンコウ」の底堅さは安定し、「カイワリ」や「ウマヅラハギ」に加えて、近年漁獲減少が懸念される「アオリイカ」なども見えており、見逃せない。
数は少ないが、今朝は「アオリイカ」のお買い得サイズのペアが並んでいました。値段は決してお買い得とは言えませんが、それだけの価値があると太鼓判ポコン。
20180326_060855.jpgちなみに知ってて損の無い「アオリイカ」の雌雄の見分け方。注目すべきは胴体の模様。水玉模様がメスで、短い線状模様がオスになります。オスの方が大きくなって、身も厚い。
posted by にゃー at 19:28| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

千客万来魚市場亭

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 100キロ ほか
「石橋」定置:ブリ・ワラサ ほか
「 岩 」定置:スルメイカ 4.4トン ほか
「原辰」定置:サバ 150キロ ほか
「江の安」定:カタクチイワシ 50キロ、イシダイ 30キロ
「二宮」定置:アジ 300キロ、ブリ・ワラサ 90キロ、メジナ 70キロ、イシダイ 50キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:サバ 170キロ、アジ 90キロ、アカカマス 40キロ

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ブリ 210キロ
「宇佐美釣」:釣キンメダイ 80キロ、釣アブラボウズ 40キロ
「山下丸網」:ブリ・ワラサ 200キロ、ボラ 200キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 80キロ ほか

お笑い好きの人間には、寄席なんていう安らぎの場がありますが、魚好きには魚市場ってのがございます。
20180324_0411.jpg落語に講談、色物は物まね、漫才、マジックなどなど、揃って楽しめる寄席が娯楽の王道なら、青物、白身に大型魚、甲殻類に頭足類、貝類、棘皮動物、、、何でも御座れの品揃えで迎えてくれる魚市場は、魚介オタクにとって天国以外の何物でも無い。
20180324_0622.jpg今朝も「スルメイカ」大漁の報に、今晩の刺身と明日の一夜干しが思い浮かべば、次は「ブリ」の入荷の報。味噌漬けもいいなと算段していたら、今度は「キンメダイ」がやって来た。20180324_0335kin.jpgおいおい、冷蔵庫が一杯になっちまうよと思ったか思わぬうちの鮮度抜群の「ボラ」。最後の「寒ボラ」を味わうかと手を伸ばした矢先の「生シラス」ですよ。初物。
20180324_0806sir.jpg糸だけどね。これはコレで、アリ。
そう、ありがてえ。
待ってました たっぷりと。
posted by にゃー at 16:09| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

ザ・グレイテスト・魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 650キロ、スルメイカ 60キロ
「石橋」定置:スルメイカ 200キロ、サバ 200キロ、ホウボウ 30キロ
「 岩 」定置:スルメイカ 4.1トン ほか
「原辰」定置:ヒラマサ、サバ ほか
「江の安」定:スルメイカ 140キロ ほか
「二宮」定置:サバ 470キロ、ブリ・ワラサ 85キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アカカマス 60キロ、クロダイ 40キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:ブリ 1.4トン、サワラ 60キロ
「川奈杉本」:クロダイ 120キロ、メジナ 40キロ
「山下丸網」:ブリ 300キロ、ボラ 640キロ 
「沼津底曳」:マダイ 60キロ ほか

20180323_0605s.jpg♪魚市場で見る地魚が美味しそうなのは演出?
♪いいえ、朝獲れの鮮度感と輝く鱗の魅力よ!
♪あまりに魚が多すぎてクラクラするわ?
♪これぞセレブレイション・オブ・相模湾の多様性!
20180323_0619b.jpg♪セリ人は預言者?それとも詐欺師?
♪いいえ、立派なショーマン!
♪これはもうファンタジーなんかじゃない!
♪もちろんアートなんかじゃない!
20180323_0931i.jpg♪セリのライブ感が引き出す相場のパワー!
♪飛び交う拍手とお金!
♪そこにあるのは未知の美食と感動!
♪食べたかった魚がここにはある!
♪まさにジス・伊豆・グレイテスト・旬!
20180323_1024at.jpg♪伊豆の魚の居場所がココにはある!
♪やっぱり伊豆からの魚はいいね!
♪あったりめ〜よ!
posted by にゃー at 18:07| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

いつか魚市場であったなら

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 260キロ、ホタルイカ 50キロ、ホウボウ 40キロ
「石橋」定置:小サバ 400キロ、スルメイカ 120キロ、ホウボウ 110キロ、サワラ 65キロ、サバ 50キロ
「 岩 」定置:スルメイカ、ボラ ほか
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:ウマヅラハギ 60キロ、ホウボウ 50キロ、アジ 40キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アカカマス、カタクチイワシ ほか

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ブリ 1.7トン

東方面からは、
「江ノ島網」:クロダイ 150キロ、スズキ 90キロ

20180322_0535.jpg漁に出られない。天気が良くならない。気温が上がらない。魚が動かない。魚が獲れない。量が増えない。相場が上がらない。
ないない尽くしの3月も、もはや22日。これはピンチである。99%の緊急事態である。
20180322_0544red.jpg春になれば魚が増えるという経験則で動いていた我々にとって、すぐにでも魚が獲れなければ、もはや「魚が豊富な相模湾」とも、「豊かな漁場に恵まれた小田原」などとも、言えないくらい、差し迫った状況とまでさえ言えるかも知れない。
相模湾の水を抜いて魚を引っ張り出すくらいしないと、魚が出てこないのかもしれない。
20180322_1034buri.jpgそんな中、独り気を吐いていると言えるのが「真鶴」である。今朝も「ブリ」と「サワラ」がてんこ盛り。
そういえば先週、焼津の定置に「ブリ」が入ってから9日目か。それでも9〜10キロモノが多かったあの群れと比べるとサイズはダウン。とはいえ獲れた事には変わりなし。最近は花火が上がっても単発で終わる事が多く、拍子抜けだが、明日以降も獲れる事を祈る。
20180322_0355.jpg一本ながらも入った「ヒラマサ」や「アカザエビ」は、希望の光となれるのだろうか?
なってもらわにゃ困るのだ。
posted by にゃー at 17:26| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

魚と魚市場の出逢いを大切に

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ホウボウ 100キロ、サバ 160キロ、ホタルイカ 30キロ
「石橋」定置:スルメイカ 600キロ、サワラ 140キロ、ホタルイカ 50キロ
「 岩 」定置:ボラ 160キロ、スルメイカ 40キロ
「原辰」定置:ウマヅラハギ、小サバ ほか
「江の安」定:ウマヅラハギ、ヒラメ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アカカマス、カタクチイワシ ほか

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:サワラ 530キロ
「宇佐美釣」:釣アブラボウズ 50キロ
「川奈杉本」:クロダイ、ワラサ ほか

東方面からは、
「江ノ島網」:スズキ 40キロ、メバル 30キロ

和歌山船 ・・・ 釣カツオ 150キロ、釣キンメダイ 400キロ

「♪ほ〜た〜るの、ひ〜か〜り、ま〜ど〜の〜ゆ〜き〜ぃ・・」
20180320_0654.jpg本日、朝から氷雨の降る中、各地で卒業式が執り行われたかと思いますが、今シーズンの別れを惜しむかのように、漁場では「ホタルイカ」が顔を出し、その名残を惜しんでいました。
20180320_0554.jpg明日にも名残雪が降ろうかとするその一方で、春を迎えて本格的に暴れだした魚が「サワラ」です。
小田原で、真鶴で、獲れ始め、その型の良さと身質の良さが受けております。今週末にかけて、「サクラ」と「サワラ」の満開の競演が期待できるのではないでしょうか?
20180320_0838.jpg同じく50キロもの「クロマグロ」や「釣カツオ」の本格入船も初となった今朝は、別れと出会いの交差点を演出し新たなドラマを生み出す舞台として、魚市場がますます人を集めるスポットとして注目を集めることになりそうな勢いであります。
posted by にゃー at 19:18| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

地魚偏差値75の魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ホウボウ 170キロ、スルメイカ 60キロ、サバ 60キロ、カタクチイワシ 50キロ
「石橋」定置:サワラ 250キロ、ホウボウ 140キロ
「 岩 」定置:スルメイカ 300キロ、イシダイ 120キロ、クロダイ 40キロ
「原辰」定置:小サバ 70キロ、カタクチイワシ 40キロ、ウマヅラハギ 40キロ、ヒラメ 40キロ
「江の安」定:カタクチイワシ 50キロ ほか
「二宮」定置:ホウボウ 70キロ ほか
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アカカマス 220キロ、メジナ 180キロ、サバ 60キロ、アジ 50キロ、クロダイ 50キロ

伊豆方面からは、
「伊東釣船」:釣キンメダイ 40キロ
「宇佐美釣」:釣アブラボウズ 35キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 60キロ、マルアジ 50キロ
「江ノ島網」:スズキ 110キロ

20180319_0556.jpg真鶴まで来ていた「サワラ」が、ようやく小田原に到着。4〜6キロの大型サイズが中心で、イケメン揃いの外れ無し。
20180319_0859.jpg平塚からは湘南「マアジ」に大磯の「春カマス」も獲れて、まさに春爛漫。
桜もポツポツ咲きはじめて、週末にかけ徐々に開花を拡大させながら、天候の回復と漁のさらなる良化が見込まれる。
20180319_0535.jpgその他、名残の「スルメイカ」や「ヒラメ」、「イシダイ」も安定中。今朝は「メジナ」や「クロダイ」、「ウマヅラハギ」なども活魚で目立ち、充実度は高い水準を維持している。
明日は「釣キンメダイ」の船が待機しつつ、「クロマグロ」と「キハダ」も持っているとか、お宝満載の宝船の入船に今から楽しみが止まらない。
posted by にゃー at 16:44| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特大キアンコウとアンコウ

20180316_0440.jpg
目方でドン!

大きくなる「キアンコウ」は
すべてメス

これ豆な

8キロを超えるような個体は
全てメスと思って間違いない。

オスの「キアンコウ」は小さく
大きくなっても4〜6キロ。
これ経験上。

で、大型のメスが
春先になると卵を持つ。

そもそも産卵の為に、
普段はいる深海から
浅瀬に揚がってくるのである。

その為に、冬から春にかけて
刺し網や定置網に掛かるのである。

つまり夏から秋にかけて
水温の高い時期は
深い海の底にいるのである。

ところで、
この卵がウマイと
珍重する人もいるが、

個人的には白子を選びたい。

さて、

この卵がまた特殊で、

20180319_0915.jpg
ゼラチン状の膜に覆われ、
風呂敷のように腹の中に
折りたたまれている。

それが産卵直前になると
卵が大きくなり

孵化しやすいように
膜は拡がるしで

お腹の中で
膨張してくる

それが千代丸みたいに
パンパンにふくれてくると

20180319_0916.jpg重量も最大に達する。
え?ウマイのかって?
こればっかりはノーコメント。
醤油を足して、ほかほかの御飯にかけて食べるイメージでお願いします。

私の記憶では
32キロ前後が
個人的最大であったが、

今朝の一匹は
その数字を軽く超え

38キロ!

水も含めると
40キロを
超えていたかも知れない。

通常「アンコウ」は
吊るし切りでおろす

なんて言いますが、

普通の魚屋さんは
まな板の上でおろします。

ただこの大きさでは

吊るすのも無理なら

まな板の上にも乗り切らない

まず、おろす前に

パーツ毎に
バラバラにしてから

調理する事になるでしょう。

バラバラ・・

これはもう
事件ですよ

奥さん!

巨大化する「キアンコウ」の他に

「アンコウ」という魚がいる。

え?今「アンコウ」の話してたんじゃないの?
とお思いのアナタ。

前述の魚は「キアンコウ」

これからお話しする魚は
「アンコウ」の方

別の種類である。

ただ見た目にも変わらず
口の中の色で見分けるのだが、

私は大きさだけで判断する

こちらの「アンコウ」は
メスでも大きくならない

20180319_0914.jpg

大きくなってもせいぜい3〜4キロ

オスはもっと小さい。

でも小さいからと言って
食べるところがないわけではない。

おひとり様用や少人数鍋向けにと
最近は人気なのである。

大きけりゃ良い
ってもんじゃないって事ね
.
posted by にゃー at 11:43| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

思出を刻むのは魚市場だけに

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ホウボウ 40キロ ほか
「石橋」定置:ホウボウ、カタクチイワシ ほか
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:カタクチイワシ 80キロ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:イシダイ 200キロ、ヒラメ 50キロ
「福浦」定置:イナダ 830キロ ほか
「大磯」定置:アカカマス、カタクチイワシ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 530キロ、マルアジ 450キロ

20180317_0606.jpgまごまごしていると桜が咲いちゃうなんて思っていた矢先、急に冷え込みが戻った今朝は、嫌な予感ズバリで、水揚げの中心は新ロマンスカーの様な「ホウボウ」が多めも、まるで複々線化でダイヤに余裕の出来た小田急の様なガラガラっぷりであった。
20180317_0600.jpg目立ったのは福浦の「イナダ」と平塚の「マアジ」で、どちらも型は平均的ながらも、まとまりの悪い今朝の流しを彩ってくれ、平均高めの相場を力強く牽引してくれた。
20180317_fkura.jpg休み明けは「福浦定置」が休漁を発表している他は、通常通りだが、かつてのバブル全盛期から近年に至るまで、市場の相場を牽引してきた暴走機関車2両の訃報は、来週以降の営業に一縷の影を落とすかもしれない。いや、ないだろう。
2018_154.jpgしかし、今にも消えそうなその影は、強い光が当たれば跡形もなく消えるが、古風なスタイルと会社に尽くす仁義を守り通した買参人の姿は、静かに心に留め置きたい。
posted by にゃー at 14:38| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする