魚体中骨抜き器販売中

2020年11月02日

治に居て乱を忘れぬ魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アカカマス 820キロ、小アジ 480キロ、イナダ 100キロ、ヤマトカマス 70キロ
「石橋」定置:アカカマス 1.4トン、小アジ 300キロ、ヤマトカマス 200キロ、ショウゴ 250キロ、ウルメイワシ 180キロ、ムロアジ 180キロ、サバ 110キロ、イナダ 100キロ
「 岩 」定置:アカカマス 1.1トン、ウルメイワシ 800キロ、小アジ 440キロ、ワカシ 190キロ、サバ 170キロ、シイラ 250キロ
「原辰」定置:アカカマス 530キロ、シイラ 40キロ、ウスバハギ 40キロ
「江の安」定:アカカマス 290キロ、ウルメイワシ 270キロ、小アジ 220キロ、サバ 300キロ、ヤマトカマス 80キロ、ショウゴ 80キロ
「二宮」定置:小サバ 270キロ、アカカマス 170キロ、アジ 140キロ、ウスバハギ 200キロ、サバ 120キロ
「福浦」定置:メジ 320キロ、シイラ 450キロ、ワカシ 2.3トン、ウルメイワシ 430キロ
「大磯」定置:ウルメイワシ 180キロ、アカカマス 80キロ、小サバ 70キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:イナダ 2.7トン、ワカシ 1.1トン、ウルメイワシ 650キロ、アカカマス 300キロ、シイラ 140キロ
「真鶴定置」:メカジキ 1本、シロカジキ 1本、ウルメイワシ 150キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 200キロ、マルアジ 50キロ

16042775024271022912056.jpg技術は作戦を決する。
魚の運命魚市場にあり。
清濁併せ呑む懐の大きさ故の、営業活動がここにはある。
posted by にゃー at 13:03| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月31日

魚市場のサバ・セキュリティ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小アジ 770キロ、小サバ 750キロ、サバ 390キロ、ムロアジ 170キロ、ウスバハギ 150キロ、アカカマス 150キロ、ヤマトカマス 120キロ
「石橋」定置:小アジ 450キロ、ムロアジ 160キロ
「 岩 」定置:シイラ 1.1トン、小サバ 1トン、小アジ 100キロ、ワカシ 660キロ、サバ 210キロ、メジ 110キロ、アカカマス 230キロ、イナダ 80キロ
「原辰」定置:小サバ 300キロ ほか
「江の安」定:小サバ 240キロ、サバ 110キロ、シイラ 310キロ、小アジ 100キロ
「二宮」定置:小サバ 1.5トン、サバ 540キロ
「福浦」定置:ワカシ 1.7トン、ヒラソウダ 120キロ、シイラ 500キロ
「大磯」定置:ウルメイワシ 110キロ ほか

伊豆方面からは、
「神津島船」:釣キンメダイ 270キロ
「真鶴定置」:オオニベ 390キロ、メジ 50キロ

東方面からは、
「平塚定置」:小アジ 100キロ、タチウオ 50キロ

ん?
東京で新型コロナ罹患者が200人超え3日連続だって?
1604100972936298277772.jpgったく、たいしたこと無い事で騒ぎおって。
こっちは小田原定置網で「小型アジ」が水揚げ1トン超え4日連続だわい。
posted by にゃー at 16:39| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月30日

魚市場秘宝

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小アジ 1.2トン、ムロアジ 680キロ、アカカマス 470キロ、ヤマトカマス 250キロ、イナダ 290キロ、シイラ 500キロ
「石橋」定置:小アジ 1.6トン、マルソウダ 1.3トン、小サバ 130キロ、ムロアジ 130キロ
「 岩 」定置:シイラ 900キロ、小アジ 640キロ、サバ 220キロ、ウルメイワシ 170キロ、マルソウダ 100キロ
「原辰」定置:ウルメイワシ 280キロ、シイラ 170キロ
「江の安」定:シイラ 260キロ、ショウゴ 130キロ、アジ 80キロ
「二宮」定置:サバ 360キロ、ウスバハギ 60キロ
「福浦」定置:ヒラソウダ 800キロ、ワカシ 630キロ、ショウゴ 240キロ
「大磯」定置:ウルメイワシ 100キロ、小サバ 80キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:イナダ 610キロ、アカカマス 970キロ、ワカシ 1.1トン
「真鶴定置」:ウルメイワシ 200キロ、ウスバハギ 50キロ

実りの季節は、海にも豊穣の恵みを与えてくれる事を教えてくれる。
魚種の豊富さ、質、そして量。それら全てが最高を迎える秋。
春から秋にかけての全魚種が揃っている、と言っても過言で無い品揃え。
まさに宝の山。今年は特に、魚種、量で満足度が高いと体感できる日々。
まだ10月も末、11月いっぱいはこの調子で楽しめそう。
posted by にゃー at 17:05| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月29日

そこそこ期待の魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヒラソウダ 1.6トン、小アジ 1.1トン、シイラ 600キロ、イナダ 330キロ、ムロアジ 140キロ、ショウゴ 75キロ、ウルメイワシ 90キロ
「石橋」定置:ヒラソウダ 8.4トン、小アジ 1.9トン、アカカマス 800キロ、ヤマトカマス 150キロ
「 岩 」定置:マルソウダ 320キロ、ウルメイワシ 170キロ、シイラ 160キロ、サバ 150キロ、小アジ 120キロ、小サバ 100キロ、アカカマス 100キロ、ムロアジ 60キロ
「原辰」定置:ヒラソウダ 520キロ、マルソウダ 160キロ、ムロアジ 150キロ、ウルメイワシ 130キロ、アカカマス 100キロ
「江の安」定:ヒラソウダ 1.6トン、小アジ 200キロ、ムロアジ 170キロ、ショウゴ 160キロ
「二宮」定置:ヒラソウダ 580キロ、小アジ 450キロ、小サバ 340キロ、イナダ 80キロ
「福浦」定置:ヒラソウダ 1.7トン、メジ 220キロ、ワカシ 210キロ、ウルメイワシ 100キロ、ウスバハギ 130キロ、シイラ 700キロ、小サバ 110キロ
「大磯」定置:小サバ 650キロ ほか

伊豆方面からは、
「網代定置」:イナダ 1トン
「真鶴定置」:ウルメイワシ 80キロ、マンボウ 70キロ

東方面からは、
「平塚定置」:マルアジ 110キロ、タチウオ 140キロ

なんたって今年は、台風がほとんど来ないのがいいね。
海水温が暖かいと言うけど、低気圧は発達しないみたい。
まだまだ「メジ」や「シイラ」、「ソウダガツオ」は元気だけど。
「小アジ」もじわりと成長中。値段も成長することを祈りつつ、島忠に嫉妬。
posted by にゃー at 17:28| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月27日

魚市場で共演NGは誰?

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルソウダ 7.9トン、小アジ 1.7トン、イナダ 580キロ、シイラ 600キロ、メジ 100キロ 
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ヒラソウダ 4.8トン、シイラ 2.2トン、ワカシ 1.2トン、ショウゴ 430キロ、ワラサ 220キロ、ムロアジ 140キロ、イサキ 130キロ、オアカムロ 110キロ、小サバ 150キロ、ウスバハギ 240キロ
「原辰」定置:ヒラソウダ 2トン、マルソウダ 540キロ、シイラ 180キロ
「江の安」定:シイラ 510キロ、ヒラソウダ 210キロ、小アジ 100キロ
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:イナダ 460キロ、ショウゴ 300キロ
「大磯」定置:ヒラソウダ 1.4トン、アカカマス 300キロ、マルソウダ 160キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:アカカマス 860キロ、ウスバハギ 170キロ
「沼津底曳」:ムツ 160キロ、クログチ 60キロ

東方面からは、
「平塚定置」:タチウオ 150キロ

「ヒラソウダ」と「マルソウダ」、似たもの同士だけど、あまり同時にまとまることは少ない。
それでも、多少お互いが混じることがあり、選別に苦労することがあるのだが、今年は「ヒラソウダ」が大きく、「マルソウダ」が小さいので比較的楽なようだ。
posted by にゃー at 21:33| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月26日

終電繰上げ、魚市場は繰下げ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ワカシ 1.8トン、ヒラソウダ 1.8トン、小アジ 340キロ、シイラ 330キロ、メジ 150キロ、ワラサ 160キロ
「石橋」定置:小アジ 530キロ、ヒラソウダ 280キロ、ワラサ 130キロ
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:ヒラソウダ 550キロ、シイラ 260キロ、マルソウダ 180キロ
「江の安」定:ヒラソウダ 780キロ、マルソウダ 150キロ、アジ 140キロ、アカカマス 110キロ、カンパチ 100キロ、シイラ 250キロ、ヤマトカマス 80キロ
「二宮」定置:イナダ 1.1トン、ワカシ 130キロ、ヒラソウダ 100キロ、アジ 50キロ
「福浦」定置:ワカシ 360キロ、シイラ 220キロ、メジ 160キロ、ウスバハギ 140キロ、サバ 130キロ、ヒラソウダ 90キロ
「大磯」定置:ヒラソウダ 1トン、ウスバハギ 230キロ、マルソウダ 200キロ、マルアジ 120キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:アカカマス 1.8トン、ヤマトカマス 330キロ、マンボウ 110キロ

大島釣船・・・釣カツオ 370キロ

今年は「ウスバハギ」が多い、「カワハギ」は来月、ちゃんと獲れてくれるだろうか?
そんな心配を余所に、まだまだ獲れ続ける「シイラ」の勢いに、今年はいつまで獲れるのか?と不安さえよぎる。
posted by にゃー at 15:22| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月24日

魚は水揚げ魚市場を選ばない

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 1トン、小サバ 180キロ、サバ 140キロ、マイワシ 300キロ、イサキ 130キロ、マルソウダ 100キロ、ハマフエフキ 80キロ
「石橋」定置:小アジ 250キロ、ヤマトカマス 70キロ
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:ウスバハギ 170キロ、シイラ 50キロ
「江の安」定:ヤマトカマス、ウルメイワシ ほか
「二宮」定置:ワカシ 320キロ、ウルメイワシ 130キロ、ウスバハギ 100キロ、マイワシ 90キロ
「福浦」定置:シイラ 710キロ、小サバ 190キロ、メジ 170キロ、イナダ・ワカシ 210キロ、ウスバハギ 90キロ
「大磯」定置:マルアジ 100キロ、ヒラソウダ 100キロ、ウルメイワシ 50キロ

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ワラサ 150キロ、ワカシ 280キロ

完全なる西高東低
しかして、全体なる低空飛行
秋の終わりか、冬の始まりか
そこへ現れる突然の「ハマフエフキ」の大群
それを見て「タマンねえ」と絶叫する矛盾
posted by にゃー at 18:07| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月23日

魚市場にプワソンモリモリ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 800キロ、小サバ 350キロ、小アジ 260キロ、サバ 180キロ、マルソウダ 230キロ
「石橋」定置:マルソウダ 4.4トン、アカカマス 350キロ、ヤマトカマス 310キロ、小アジ 250キロ、ムロアジ 150キロ、ショウゴ 120キロ、イナダ 100キロ
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:ウスバハギ 100キロ、ショウゴ 40キロ
「江の安」定:小アジ 80キロ、ウスバハギ 60キロ
「二宮」定置:ウルメイワシ 230キロ、ウスバハギ 130キロ、ヒラソウダ 110キロ
「福浦」定置:イナダ 960キロ、ワカシ 250キロ、ショウゴ 120キロ、小イサキ 110キロ
「大磯」定置:小サバ 50キロ ほか

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:メジ 530キロ
「網代定置」:イナダ 420キロ、アカカマス 200キロ

全体的なボリュームダウンはいかなるものか、陽気の変化か潮の加減か。
その評価はまるで、年ごとに変わるボジョレーの評価のようなもので、まさしく千変万化。
「ここ数年で一番出来が良い」
「10年に1度の当たり年」
「近年にない良い出来」
「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
「小粒だが味の濃いブドウが収穫できた」
・・・
そして、今朝の水揚げをボジョレー風に表するならば、さしずめ「過去10年で最高と言われるレベルで魚種が多く、中々の品揃え」といったところか。
posted by にゃー at 18:29| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする