2018年09月26日

誰もがトリコな魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 400キロ、ヤマトカマス 450キロ、アカカマス 70キロ
「石橋」定置:小サバ 170キロ、イナダ 120キロ、ヤマトカマス 100キロ、ウルメイワシ 50キロ
「 岩 」定置:小サバ 610キロ、ヤマトカマス 600キロ、アカカマス 230キロ、オアカムロ 100キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:小サバ 1トン、サバ 290キロ
「福浦」定置:小サバ 1.4トン、サゴシ 100キロ
「大磯」定置:小サバ 340キロ、ウルメイワシ 80キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:ヤマトカマス 2.1トン、アカカマス 140キロ

昨日の地魚天国から一転、今朝は一気に「カマス」と「小サバ」と、あとチョンチョンという水揚げ状況に。
20180926_0358.jpg満月からこの寒さと雨。魚の動きも鈍ってる所へ来て、「小サバ」だけが縦横無尽の様相を呈し、どこも「小サバ」だらけの水揚げ情勢の中、そのあまりのボリュームで他の魚種を圧倒してしまったかの様である。
20180926_hazuki.jpgこれが「ハズキルーペ」なら少々の重圧にも跳ね返し、ビクともしない所なのだが、まさかラグビー選手までもがそのマネをするとは思わなかった。むしろ私が「ハズキルーペ」になりたいと思っていた位だというのに。さすがの日本製、いや日本代表である。
20180926_0557.jpgともかく日本を代表するイベント、五輪関連のボランティア募集が開始された今こそ、定置網に抱卵した「ボラ」が並んでも良い頃だと密かに思っている身としては、少々物足りない月末を危惧しつつ、集荷の算段を立てる事に注力することになりそうである。

今日のイセエビ・・・ 若干
posted by にゃー at 22:25| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

豊洲より早い豊志安全魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 3.3トン、サバ 780キロ、ヤマトカマス 730キロ、オアカムロ 680キロ、マルアジ 210キロ、アカカマス 100キロ、アジ 70キロ、ヒラソウダ 50キロ
「石橋」定置:小サバ 2トン、サバ 260キロ、イナダ 160キロ、アカカマス 100キロ、ヤマトカマス 150キロ、ウルメイワシ 90キロ
「 岩 」定置:オアカムロ 810キロ、小サバ 2トン、ヤマトカマス 600キロ、サバ 250キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:小サバ 2.7トン、サバ 640キロ、ヤマトカマス 370キロ、マルアジ 45キロ
「福浦」定置:イナダ 1.9トン、サゴシ 430キロ、シイラ 210キロ、マルソウダ 100キロ、カツオ 100キロ、バショウカジキ 60キロ、ヒラソウダ 60キロ、カマスサワラ 70キロ
「大磯」定置:小サバ 960キロ、ヤマトカマス 450キロ、サバ 70キロ、ウルメイワシ 70キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:アジ 60キロ、アカカマス 70キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 60キロ ほか

豊洲移転を前にして、小田原は早くも市場の移転に見事成功。
20180925_0358.jpg魚市場の「活魚売り場」を場内の中心に移設し、さらに各漁場毎にイケスを設置することで動線の見直しと活魚取り扱いの効率と利便性を向上。人の集まりもこれまで以上に良くなり、いずれ値段に反映され、好結果として現れる事になる(見込み)。
競りに際しても、各漁場を一気に渡り歩きながらの競りは、神奈川県の未病への取組みを意識してか非常に健康的な市場に生まれ変わったと各方面に好評(未確認)。
20180925_0951.jpg市場職員をはじめ、メタボ気味の魚屋さんも歩数が一気に伸びて健康診断の結果も良化(する見込み)。
さらに場内の中心から全てのイケスが見渡せることで、忘れ物が激減(する見込み)。
今後、入荷する魚と取り引きの増加に対応する余裕を持たせながら、豊洲の荷動きと物流の動向を注視した運用を行う必要があると思われる(適当)。
見込みが多いのは、見込み山ということか?

今日のイセエビ ・・・ 30キロ
posted by にゃー at 14:11| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

だから私は魚市場を選んだ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 890キロ、サバ 190キロ、マイワシ 350キロ
「石橋」定置:マイワシ 1トン、小サバ 450キロ、イナダ 130キロ
「 岩 」定置:小サバ 440キロ、サバ 70キロ、ヤマトカマス 180キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:マイワシ 1.4トン、サバ 140キロ、小サバ 180キロ、ヤマトカマス 90キロ
「福浦」定置:イナダ 360キロ、ウルメイワシ 660キロ、小サバ 200キロ
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:ショウゴ 60キロ ほか
「真鶴定置」:アジ 160キロ、イナダ 90キロ

暴発的「ミズカマス(ヤマトカマス)」の大漁から早一ヶ月。
旬間的「マサバ」の大漁から2週間。
爆発的「オアカムロ」の大漁から三夜。
怒涛的「イナダ」の大漁から一夜。
それぞれ漁獲量は、その1/10に縮小。
ま、同じ魚が一ヶ月続くこともあり得ない(小サバやマイワシ(ヒラゴイワシ)は例外)し、一週間続いても飽きてしまう。
20180922_0557.jpgその意味では日替わりランチのようにコロコロと変わる中心魚種があって、その他の旬の地魚があってこそ、市場にとっても魚屋さんにとってもバランスの良い仕入れが出来る環境というものなのかも知れないなと思い、みんな次は何が獲れるかと期待し、予想し、懸念する。
その中にあって、「真鶴」から久々に「アジ」が入荷したのは吉兆となるか否か。
週明けの市場に注目が集まる事になるだろう。

今日のイセエビ・・・ 20キロ
posted by にゃー at 22:42| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

魚市場の先にあるもの

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 950キロ、ヤマトカマス 230キロ、オアカムロ 85キロ、小サバ 700キロ、サバ 70キロ
「石橋」定置:マイワシ 300キロ、イナダ 220キロ、小サバ 1.1トン、ヘダイ 90キロ
「 岩 」定置:小サバ 720キロ、ヤマトカマス 170キロ、イナダ 100キロ、イサキ 70キロ、サバ 70キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:小サバ 560キロ、マイワシ 200キロ、サバ 120キロ、ショウゴ 100キロ
「福浦」定置:イナダ 3.8トン、シイラ 300キロ、小サバ 600キロ、ヒラソウダ 110キロ、サゴシ 180キロ
「大磯」定置:小サバ 410キロ ほか

伊豆方面からは、
「網代定置」:ヤマトカマス 400キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 150キロ ほか

「サニー」の次は「さむい」。
「レイニー」な天気で食欲旺盛、「食べたいニー」。
明日は「イナダ」か「カマス」か「サバ」か。
これからもっと寒くなるのだろう。
獲ってみなけりゃわからない、やってみなけりゃわからない。
ただひとつ間違い無いことは、じきに冬がやって来ると言うことだ。

今日のイセエビ ・・・ 60キロ
posted by にゃー at 14:48| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月20日

32!強い魚市場・強いアジ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 2.1トン、サバ 170キロ、オアカムロ 250キロ、マイワシ 250キロ、ヤマトカマス 140キロ、イサキ 70キロ、マルソウダ 70キロ、バショウカジキ 1本(35キロ)
「石橋」定置:小サバ 1.5トン、サバ 130キロ、マイワシ 110キロ、小イサキ 50キロ
「 岩 」定置:オアカムロ 560キロ、小サバ 760キロ、サバ 430キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:小サバ 100キロ、マイワシ 60キロ
「福浦」定置:シイラ 1.1トン、小サバ 1トン、サゴシ(サワラ) 850キロ、イナダ 800キロ、マルソウダ 150キロ、ヒラソウダ 60キロ、サバ 60キロ
「大磯」定置:小サバ 190キロ ほか

伊豆方面からは、
「網代定置」:ヤマトカマス 130キロ、イナダ 390キロ
「川奈杉本」:ショウゴ 50キロ ほか
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 65キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 100キロ

「小田原アジ」の人気は連休を前にして落ちようもなく、相変わらずの強さをキープ。
20180920s_idol_dance.png本日の高値はキロ当り3200(サニー)前後と聞けば、そのチョベリグな価値が分かるというもの。
昼前から降り始めた雨と午後からのキュンとした冷え込みは、明日もまた魚たちの動きに影響を与えそうで、連休前の品揃えに一抹の不安を覚えるが、そこは値段にものを言わせて荷を集める吸引力を発揮(する予定)。
20180920_052310.jpg明日もコギャルのような金髪に輝く「ショウゴ(カンパチ)」や「メイチダイ」などの秋の魚たち、まだ引退せずに粘る「アムロちゃん(オアカムロ)」や「ブリタニ」の子分「イナダ」などの地魚メドレーが、場内を席巻することだろう。
強い”旬”という絆で結ばれた「地魚」たちは、最後に必ずや魚市場に一堂に会することになるのである。

今日のイセエビ ・・・ 40キロ
posted by にゃー at 23:41| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

目指すは魚市場的増増タウン

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 1.8トン、オアカムロ 1.4トン、ヤマトカマス 520キロ、サバ 330キロ、マルアジ 70キロ、マルソウダ 80キロ
「石橋」定置:小サバ 1.1トン、オアカムロ 590キロ、マルソウダ 800キロ、小イサキ 130キロ
「 岩 」定置:オアカムロ 860キロ、小サバ 700キロ、サバ 310キロ、マルソウダ 190キロ、イサキ 60キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:マイワシ 450キロ、小イサキ 90キロ、小サバ 210キロ、ショウゴ 45キロ、メイチダイ 40キロ
「福浦」定置:サワラ(サゴシ) 1.1トン、イナダ 1.8トン、小サバ 900キロ、シイラ 700キロ、マルソウダ 300キロ、オアカムロ 200キロ、サバ 160キロ、ヒラソウダ 120キロ、カツオ 70キロ、アジ 50キロ
「大磯」定置:小サバ 440キロ、ヤマトカマス 70キロ、アジ 50キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 110キロ ほか

和歌山船 ・・・ 釣カマスサワラ 640キロ

20180919_0709.jpgまだまだ増える「オアカムロ」。消えない「小サバ」もまた増えて、「イナダ」や「サゴシ」も増えまくり。
絶好調な小田原漁港は、増増増の「ぞーぞータウン」。
試食自由や返品可能、さらにポイント還元が究極の魚市場なら、我らが目指すは「欲しい魚がいつでも手に入る魚市場」。
我が国の消費傾向において、魚食が肉食に追い抜かれて久しい昨今、食べたい魚が食べたいときに手に入る。徹底的な魚食機会の囲い込みとシェアリングで理想型の鮮魚流通拠点化を追求しなければ、未来永劫、魚食の再興はないと言えるだろう。
20180919_111.jpg首都の中央市場が築地から豊洲へと移転する今だからこそ、地方から出来る改革と発信が求められている。
今こそ我々も変わるべき時であり、変わらなくてはいけない時なのである。
魚の鮮度と食べ頃は待ってくれない、時間の経過と共に手遅れになる課題である。
それはまさに「オアカムロ」の様に、尻に火が付いた状態と言えるほどに切迫した状況である事を一人ひとりが認識しなくてはならない大問題なのだ。
それにはまず何をするか。夜も遅いし、まずは寝ることとする。あとは自分で考えてくれ。

今日のイセエビ ・・・ 50キロ
posted by にゃー at 22:40| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

本物の魚市場を愛する方へ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:オアカムロ 1.4トン、小サバ 1.2トン、ヤマトカマス 510キロ、サバ 310キロ、イサキ 180キロ、ヒラソウダ 160キロ
「石橋」定置:小サバ 1.6トン、ヤマトカマス 140キロ、小イサキ 130キロ、ヘダイ 120キロ、アカカマス 80キロ、サバ 80キロ、オアカムロ 70キロ、ショウゴ 60キロ、イナダ 60キロ
「 岩 」定置:小サバ 1トン、サバ 330キロ、オアカムロ 260キロ、イサキ 100キロ、シイラ 90キロ、イナダ 70キロ、ヒラソウダ 50キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:小サバ 2.5トン、小イサキ 340キロ、サバ 150キロ、アジ 90キロ、ヤマトカマス 70キロ、マイワシ 40キロ
「福浦」定置:イナダ 390キロ、ヘダイ 250キロ、サバ 80キロ、マダイ 70キロ、メアジ 70キロ、メイチダイ 45キロ
「大磯」定置:アジ 110キロ、マイワシ 110キロ、ショウゴ 100キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:イナダ 680キロ、ヤマトカマス 120キロ
「真鶴釣船」:釣キンメダイ 120キロ
「伊東釣船」:釣キンメダイ 40キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 200キロ ほか

秋と言えば、彼岸花が河原を真っ赤に染める季節であるが、今年は少し遅いか?などと思っていたら、今朝は市場の岸壁が真っ赤に染まっていた。
20180918_0536.jpgお〜私の為にレッドカーペット、カモン!と思っていたら脇には釣りの「キンメダイ」も並んで、主役の「オアカムロ」を引き立てていた。
よ〜く見れば、週末の増量から更に増え、サイズも更に大きくなっているようだ。
「オアカムロ」というと「アジの仲間」の中でも安い部類に入るとお思いの方もおられようが、寒くなるこれからが「オアカムロ」の季節であり、旬である。
通は「オアカムロ」の尻周りの太さを見て脂の乗りを見、更にその身を開け、肉の色と血合いのバランスを見て良し悪しを決める。独特の輝きを放つ刺身は、皿に盛っても存在感を示し、この魚何?と必ずや食べる者の興味をそそることだろう。
その皮目の輝きはまるでアルミの様であり、まるで「アカオアルミ」の製品のようでもある。
20180918_0303.jpgつまり、それはまさしく日本経済の底辺を支える一円玉のように、今朝の小田原地魚界の縁の下の力持ちといった存在感を示したのである。
その一円玉の積み重ねが700億にも1000億にもなり、今朝の「オアカムロ」の積み重ねが700億にも1000億にもなる。
そしたら私も言うだろう。「月に魚市場を造ることにした 興奮している」と。

今日のイセエビ ・・・ 40キロ
posted by にゃー at 19:34| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

魚市場向き汐子たんの奇跡

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 1.3トン、マイワシ 640キロ、サバ 220キロ、オアカムロ 170キロ、ヤマトカマス 100キロ、イナダ 90キロ、ショウゴ 50キロ、アカカマス 50キロ、マルアジ 50キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 960キロ、小サバ 2.3トン、ショウゴ 130キロ、小イサキ 170キロ
「 岩 」定置:サバ 230キロ、オアカムロ 230キロ、小イサキ 210キロ、小サバ 200キロ、アカカマス 80キロ、イサキ 80キロ、シイラ 70キロ、ヤマトカマス 70キロ、ショウゴ 40キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:小サバ 370キロ、ショウゴ 180キロ、マイワシ 600キロ、サバ 60キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:マイワシ 140キロ、小サバ 80キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:メジナ 30キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 150キロ、ショウゴ 80キロ
「三崎素潜」:サザエ 80キロ
「湘南地引」:アジ 若干

衰えない「小サバ、マゴサバ」。20180915_0451.jpg
戻り来る「マサバ」。
久々操業なった「岩」定置の居残りか(?)


20180915_0450.jpg去りゆく「安室奈美恵」たん。
徐々に大きくなりながら増え来る「オアカムロ」の波へたん。



夏の名残の「サザエ」さん。
20180915_0239.jpg秋の深まりと共に「ヤマトカマス(ミズカマス)」と「ショッコ(ショウゴ)」たん。

今日のイセエビ ・・・ 55キロ
posted by にゃー at 22:19| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする