魚体中骨抜き器販売中

2020年06月05日

魚市場で詩を楽しむアイデア

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 390キロ、小サバ 170キロ、アジ 90キロ
「石橋」定置:マルアジ 250キロ、小サバ 170キロ、サバ 160キロ
「 岩 」定置:モジャコ 950キロ、サバ 100キロ
「原辰」定置:モジャコ 100キロ、カタクチイワシ 70キロ、マルアジ 50キロ
「江の安」定:小サバ 50キロ、カタクチイワシ 30キロ
「二宮」定置:小サバ 320キロ、アジ 220キロ
「福浦」定置:ワラサ 8.4トン、イナダ 40キロ
「大磯」定置:アジ 300キロ、小サバ 480キロ、サバ 65キロ、マルアジ 50キロ

伊豆方面からは、
「宇佐美船」:釣ケンサキイカ 35キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 160キロ、タチウオ 40キロ

15913000442131808659147.jpgドスンと「ワラサ」、8トンあまり!
ギャフンと「マアジ」、逆戻り!
伊豆先の「ケンサキイカ」も、お名残惜しやの最終回か?
15913011967291047294553.jpgそして今日からはじまる
相模湾が青く
大きいことも
魚が獲れて気がついた
この「地魚」も今、届いたばかり
1591301165870943714499.jpg100メートルもの深さから
今日からはじまる
何かいいこと
天才詩人(c)高丸もと子
posted by にゃー at 13:10| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月04日

蜜がたっぷりアジ密の魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 430キロ、アジ 160キロ、サバ 150キロ、マルアジ 150キロ
「石橋」定置:アジ 520キロ、小サバ 470キロ、サバ 160キロ、マルアジ 150キロ
「 岩 」定置:小サバ 580キロ、アジ 160キロ、サバ 70キロ
「原辰」定置:マルアジ 130キロ、モジャコ 75キロ、アジ 50キロ、サバ 50キロ
「江の安」定:アジ 50キロ ほか
「二宮」定置:小サバ 480キロ、アジ 240キロ
「福浦」定置:ワラサ 4トン、シイラ 90キロ、サバ 50キロ
「大磯」定置:小サバ 1.3トン、アジ 630キロ、マルアジ 250キロ、サバ 230キロ、アカカマス 80キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:スルメイカ 60キロ ほか
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 75キロ、釣オオクチイシナギ 130キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 370キロ ほか

和歌山船・・・釣キハダ 360キロ、釣カツオ 60キロ

1591235992436753407239.jpgキタキタキタよ「小田原アジ」!
大きいじゃねえか、ありがてえじゃねえか。
それより何より、美味そうじゃねえか!
脂と言う名の蜜がたっぷりと乗って・・
海から届いた「小田原アジ」という名の給付金。
皆さんなら叩くか、締めるか、握るか、焼くか?
使い方はあなた次第、冷凍庫に貯金するなんて野暮言わないで。
.
posted by にゃー at 15:33| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月02日

魚市場で同時多発小サバテロ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:モジャコ 220キロ、小サバ 150キロ、サバ 50キロ
「石橋」定置:小サバ 120キロ、サバ 160キロ、モジャコ 50キロ
「 岩 」定置:小サバ 500キロ、スルメイカ 40キロ
「原辰」定置:小サバ 170キロ、カタクチイワシ 100キロ、モジャコ 50キロ
「江の安」定:小サバ、モジャコ ほか
「二宮」定置:小サバ 420キロ、アジ 140キロ、イシダイ 70キロ
「福浦」定置:マイワシ 1.2トン、マルアジ 130キロ、ワラサ 60キロ、マンボウ 60キロ
「大磯」定置:アジ 400キロ、小サバ 120キロ、マルアジ 90キロ、サバ 50キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:イサキ 100キロ
「山下丸網」:ワラサ 630キロ、イサキ 150キロ、マルアジ 50キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 260キロ、アカカマス 70キロ

1591052842688853347524.jpgえっ?
昨日の晩に、日本中で一斉に花火が打ち上がったんだって?
う、うん・・知ってたさ。
でも昨日は早く寝ちゃって、見られなかったんだ・・。
小田原でも?
もちろん上がってたよ!
寝ながら音が聞こえたモン!
ブブン、ブン、ブン、ブン、ブブン、ブン、ブン、ブン・・・
パラリラパラリラ〜って・・
.
posted by にゃー at 14:37| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月01日

魚市場の稚鰤はステップ2へ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:モジャコ 110キロ、小サバ 160キロ、アジ 40キロ
「石橋」定置:モジャコ 400キロ、小サバ 150キロ、サバ 60キロ
「 岩 」定置:アカカマス 100キロ、アジ 90キロ、サバ 60キロ
「原辰」定置:マイワシ 250キロ、モジャコ 100キロ、アジ 70キロ
「江の安」定:マイワシ 80キロ ほか
「二宮」定置:小サバ 150キロ、アカカマス 80キロ
「福浦」定置:シイラ 250キロ、ワラサ 130キロ、小サバ 1.2トン
「大磯」定置:アジ 70キロ ほか

伊豆方面からは、
「網代定置」:ワラサ 220キロ、スルメイカ 60キロ
「山下丸網」:ワラサ 660キロ、イサキ 60キロ
「下田釣船」:釣キンメダイ 370キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 50キロ、アカカマス 110キロ

大島釣船・・・釣キハダ 130キロ

15909700625561652222595.jpg日々増す「ワラサ」の存在感。
似た名前として時に混同される「サワラ」は、「狭腹」がその名の由来と言うが、この「ワラサ」はそうすると「腹狭」が名の由来になるのだろうか?
どの図鑑、文献を見てもそんなこたあ書いてないが、その実、この季節、痩せて肩身の狭い「ワラサ」は、「肩狭」と書いて「ワラサ」と読むのも、これからはアリかもしれない(※正しくは「稚鰤」)。
それでも「モジャコ」より大きいだけじゃなく、断然価値のある魚。
これからの季節、大群がどんどん相模湾へと泳ぎ込んで来ることだろう。
どうぞ冷蔵庫には、お値打ち「ワラサ」のスペースを空けておくことをオススメいたします。
.
posted by にゃー at 17:38| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かます棒〜魚体中骨抜具注文


魚体中骨抜き器販売中
かます棒 魚体中骨抜き具
注文ページ

発売以来、早3年。

今まで業務筋向けのみの
販売となっておりましたが、

大変、お待たせいたしました。

この度、一般のお客様向けへの
販売を開始することとなりました。

つきましては、

一本からのご注文も
お受けいたします。

価格および、
販売要項は

下記の通りとなっております。

かます棒 一本 ¥1,200
       (消費税別)

送料(10本まで)¥ 150
※普通郵便にて送ります


注文の流れ

例えば、かます棒一本の御注文の場合

一本の価格1,200円消費税120円
そして送料150円を足した
合計1,470円をお振り込み頂く
こととなります(振込手数料別)。

ご注文受付後、送料込みの合計価格をメールにてご返信いたしますので、指定された口座にその金額をお振り込み頂きます。
※ご注文の確認と返信は、手作業で行う都合上、営業日等の関係で返信が2〜3日遅れる場合がございますことを、あらかじめご了承願います。

お客様の御入金が確認され次第、
封筒に入れ、速やかに発送いたします。


ご注文はこちらから






ありがとうございました。

.
posted by にゃー at 12:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月30日

魚市場のモジャコインパルス

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:モジャコ 1.4トン、小サバ 150キロ、サバフグ 60キロ
「石橋」定置:モジャコ 1.6トン、小サバ 200キロ
「 岩 」定置:モジャコ 730キロ、ボラ 60キロ、アジ 50キロ
「原辰」定置:モジャコ 230キロ、カタクチイワシ 160キロ、小サバ 100キロ、メジナ 70キロ
「江の安」定:アジ 130キロ ほか
「二宮」定置:小サバ 360キロ ほか
「福浦」定置:小サバ 2.6トン、ワラサ 190キロ、シイラ 120キロ
「大磯」定置:アジ 300キロ、小サバ 200キロ

伊豆方面からは、
「熱海丸網」:ジンダ 40キロ ほか
「富戸釣船」:釣ケンサキイカ 30キロ
「南伊豆釣」:釣オオクチイシナギ 210キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 140キロ、アカカマス 80キロ
「三崎釣船」:釣メダイ 120キロ

大島釣船・・・釣キンメダイ 240キロ

20200530_113634.jpg今日も「モジャコ」!
その昔「オールブラザーズ」という名でデビューした若者たちは、成長するに従い、その名を「ベイビー・ブラザーズ」と変え、最後は「フィンガー5」となり大ブレイクした。
今でこそ小粒な「モジャコ」に過ぎないが、彼らもいつかは「イナダ」となって、最後は「ブリ」にまで出世するはずである。
20200530_113630.jpg5月も月末となり「福浦」の定番である季節外れの「ワラサ」が姿を現し、いよいよ本格化の直前を迎えた。
沢山獲れた「モジャコ」たちも、横目に「ワラサ」のアニキの姿を見ながら、「ぼくも大きくなったら・・」と夢見つつ、氷の枕の中で永遠の眠りにつくことだろう。
.
posted by にゃー at 14:09| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月29日

週末の魚市場の遊び方

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:小サバ 160キロ ほか
「 岩 」定置:モジャコ 200キロ ほか
「原辰」定置:モジャコ 150キロ ほか
「江の安」定:モジャコ 90キロ、カタクチイワシ 70キロ
「二宮」定置:小サバ 450キロ ほか
「福浦」定置:ワラサ 340キロ、イナダ 70キロ
「大磯」定置:アジ 120キロ、小サバ 380キロ、サバ 70キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:アオリイカ 60キロ、ショウゴ 50キロ
「宇佐美船」:生シラス 70キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 80キロ ほか

20200525_112936.jpg本日、五月晴れの穏やかな一日。
水揚げも特別多くなく、穏やかな一日。
こんな日は、のんびり釣りでもしようかな?
とは思って早川に来たものの、何も持ってきてないや。と、お嘆きの諸氏。
そんなアナタのために、釣り具のレンタルがございます。
前日の夜までに予約してもらえば、遊漁料のみの負担で、あとはタダ。
竿から仕掛けから、ライフジャケット、餌までも。一式そろえば、レッツゴー。
1590703988323545549432.jpgちなみにこの釣り具レンタル、対象魚はあくまでもヤマメ、ニジマスですから、港のお隣を流れる早川へ行く必要がございます。
間違っても、早川漁港で釣りはしないように。
1590703954786247345649.jpg朝から遊んで、終わったら借りた釣具屋さんまで返しに行くだけ、でも無欲の勝利で、思わぬ大物、高級魚が釣れるかもしれません。
釣った魚は持ち帰ることができちゃうってんだから、タダより安いものありゃしない。
緊急事態宣言も解除されて、残りの休みを有意義にとお思いのアナタ、週末は小田原の早川で釣り三昧だね。

今日のヒラメ ・・・ 102枚
posted by にゃー at 11:35| Comment(4) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月28日

ソロリソロリと帯解く魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 720キロ、チダイ 110キロ、サバフグ 110キロ、モジャコ 100キロ、サバ 60キロ
「石橋」定置:小サバ 300キロ、モジャコ 60キロ、サバフグ 70キロ
「 岩 」定置:モジャコ 300キロ、サバ 70キロ、アオリイカ 60キロ
「原辰」定置:モジャコ 120キロ、カタクチイワシ 40キロ
「江の安」定:サバ、カタクチイワシ ほか
「二宮」定置:小サバ 220キロ、イサキ 60キロ
「福浦」定置:小サバ 1.5トン、モジャコ 190キロ、アジ 60キロ
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「南伊豆釣」:釣オオクチイシナギ 370キロ

東方面からは、
「平塚定置」:タチウオ 70キロ、アジ 50キロ
「片瀬沖曳」:生シラス 110キロ

大島釣船・・・釣キハダ 500キロ、釣カマスサワラ 60キロ

1590620595147274623300.jpg徐々に戻る人出、徐々に減る魚。
モジャモジャ生えてくる新緑、モジャモジャ湧き出る「モジャコ」の群れ。
ここ小田原も緊急事態宣言解除を受けて、事業活動再開の動きが見え始めてきました。
が、魚の動きも低調で、水揚げ量も相場も、本格稼働まではまだまだという状況。
周辺の箱根や熱海といった観光地や、学校給食、業務関連など需要の多くもようやく動き出したという所に過ぎず、漁師さんも含めた多くの事業者たちは、まず足下の経営基盤をしっかり回復させることに専念しようと、新たな社会の動きに合わせた働き方を模索し始めているようです。
魚市場もそれに倣い、新たな社会常識の下の「魚市場」を模索しなければなりません。
それは一日で完成するものでは無く、色々と試行錯誤しながら徐々に変わっていくことになるのでしょう。
.
posted by にゃー at 13:03| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする