2017年02月28日

火曜の魚市場はサスペンス

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 1.6トン、サバ 1.7トン
       小サバ 320キロ
「石橋」定置:カタクチイワシ 570キロ、小サバ 3トン
       サバ 1.7トン
「 岩 」定置:カタクチイワシ 4トン、サバ 120キロ
      小サバ 100キロ、イシダイ 220キロ
      ホウボウ 50キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 900キロ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:イシダイ 110キロ、ワラサ 50キロ
       サバ 50キロ、カタクチイワシ 50キロ
       スズキ 50キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「網代定置」:アジ 500キロ、サバ 500キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 50キロ、サバ 300キロ
「茅ヶ崎網」:イセエビ 25キロ ほか
「江ノ島網」:ワラサ 220キロ ほか

「カタクチイワシ」から「サバ」に代わる恐怖。そして、伊豆先に見える「マアジ」の影。
近づく春の足音と消えゆく冬の気配、そして迫り来る大漁の予感。
明日が読めない、そんな未知のスリルと美味なる感動がアナタを釘付けにする。

今日のヒラメ ・・・ 228枚
posted by にゃー at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

新月のムーンライト魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 4.6トン、サバ 2.4トン
       小サバ 860キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:カタクチイワシ 7.2トン、サバ 330キロ
      小サバ 600キロ、ホウボウ 80キロ
「原辰」定置:サバ 140キロ ほか
「江の安」定:カタクチイワシ 180キロ、サバ 200キロ
「二宮」定置:サバ 320キロ、カタクチイワシ 200キロ
       ブリ・ワラサ 60キロ、イナダ 65キロ
       イシダイ 60キロ
「福浦」定置:イシダイ 80キロ ほか
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「式根漁港」:キンメダイ 30キロ
「波浮漁港」:キンメダイ、アブラボウズ ほか
「下田漁港」:キンメダイ 130キロ、イサキ 50キロ
「網代釣船」:釣アカイサキ、釣チカメキントキ ほか
「富戸釣船」:釣アカムツ 15キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 160キロ ほか

アカデミーの発表ですら間違いを犯すのだから、「イワシ」の目方の単位が違っていたぐらい些細な事。
と前置きはこのくらいにして、今朝の小田原は「サ・バ・ランド」と言いたいところだったが、やはり主役は「カタクチイワシ」。今朝もたっぷり入りました。まるでメッカの巡礼者のような大群が、相模湾に押し寄せています。
たびたびハッジ(大巡礼)の際に起る巡礼者の将棋倒しがニュースになったりしますが、この「イワシ」の大群の入網、そして漁獲も魚にしてみれば大事故みたいなものか。え?例えが悪すぎる?
もちろん同時に獲れている「サバ」や「ヒラメ」、「ワラサ」などのお腹の中にも「イワシ」がたっぷり入っており、期待通り「ベイトフィッシュ」の役割をしっかりと果たしているようです。今後も回遊魚の誘因と食物連鎖の拡大を期待します。

今日のヒラメ ・・・ 317枚
posted by にゃー at 14:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

魚市場は魚の錬金術師

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 15トン、サバ 200キロ
       イシダイ 60キロ、マイワシ 120キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:カタクチイワシ 9.6トン、サバ 110キロ
      ホウボウ 50キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 1.6トン ほか
「江の安」定:メジナ 150キロ、イシダイ 30キロ
「二宮」定置:イシダイ 230キロ、カワハギ 90キロ
       カタクチイワシ 1.4トン
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:カタクチイワシ 120キロ、サバ 190キロ
       イシダイ 45キロ

伊豆方面からは、
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 360キロ ほか
「式根漁協」:メダイ 80キロ ほか

東方面からは、
「松輪漁港」:サワラ 70キロ

あれだけ無かった地魚が、「カタクチイワシ」ご一行様の到着で一気に大漁となり、市場は周辺も含めてとても賑わっている。
昨日から現れた特大「カタクチイワシ」の群れは、まだまだ終わる気配を見せず、来週も獲れ続ける様相を示しており、続く漁獲に期待は高まるばかりだ。中には20センチ近い特大「カタクチイワシ」も含まれて獲れており、たかが「カタクチイワシ(ヒコイワシ)」と侮れない集団である。
今後はこの「カタクチイワシ」を追ってフィッシュイーター系大型魚の接近、漁獲が期待されるが、定置網をほぼ満タンに覆い尽くすほどの大群に、今のところは他の魚に出る幕は無さそうだ。

今日のヒラメ ・・・ 196枚
posted by にゃー at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

魚市場のプレミアムフライで

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチ 8.1トン、マイワシ 90キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:カタクチ 9.7トン、イシダイ 70キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 470キロ ほか
「江の安」定:メジナ 140キロ、イシダイ 40キロ
「二宮」定置:カタクチイワシ 510キロ、ボラ 40キロ
「福浦」定置:イナダ 70キロ ほか
「大磯」定置:アカカマス 90キロ、タチウオ 40キロ
       カタクチ 80キロ、イシダイ 30キロ

伊豆方面からは、
「下田漁港」:キンメダイ 210キロ、メダイ 140キロ
「真鶴素潜」:マナマコ 50キロ
「波浮漁港」:キンメダイ 40キロ

わ〜、今日は楽しい金曜日。早く帰って、みんなで美味しい「イワシ」のフライを食べよう〜。
まとまった量で伝票の処理も楽ちん。早く帰れると魚市場の職員は、いつになく仕事が捗り、大喜び。
カラッと香ばしく揚がった「イワシ」は、ビールのおつまみに最高。お父さんも大喜び。
頭からバリバリ食べられる「イワシ」のフライは、カルシウム豊富。子どもたちも大喜び。
手で捌いておろせる「イワシ」は、下拵えも楽々。料理も簡単で、お母さんも大喜び。
こんなにみんなに喜ばれる「イワシ」って、まるで魚市場の喜び組。

今日のヒラメ ・・・ 222枚
posted by にゃー at 12:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

四角い魚市場が丸く収めます

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウルメイワシ 140キロ、サバ 50キロ
       ホウボウ 40キロ
「石橋」定置:サバ、ウルメイワシ ほか
「 岩 」定置:ウルメイワシ、ホウボウ ほか
「原辰」定置:イシダイ、ヒラメ ほか
「江の安」定:イシダイ 50キロ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ 40キロ ほか

伊豆方面からは、
「宇佐美釣」:釣アコウ、釣クロムツ ほか
「真鶴釣船」:釣イナダ 100キロ ほか
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 190キロ ほか

東方面からは、
「茅ヶ崎網」:イセエビ 20キロ
「松輪漁港」:サワラ ほか

日々がんばっても漁が少ないこの季節。いつまで経っても増えてこない魚を、競りという喧嘩の下で取り合うのだから、毎朝、あちらこちらで不平不満の連続である。
上沼相談員曰く「魚が欲しければお金を出せば良い」。
ざこば相談員曰く「皆が満足できるように魚をもっと集めんかい」。
そして仁鶴室長のお答えは「美味しい魚が食べたいわ〜」。
うん。まさに正論。明日もそれをモチベーションに生きるのみ。

今日のヒラメ ・・・ 222枚
posted by にゃー at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする