2019年10月31日

魚市場で勝手にしやがれ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 770キロ、サバ 150キロ、アジ 50キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 450キロ、サバ 70キロ、サバフグ 70キロ
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:ヤマトカマス 700キロ、ショウゴ 120キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 240キロ、アジ 40キロ
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ 40キロ ほか

伊豆方面からは、
「沼津底曳」:ムツ 70キロ
「網代定置」:メジマグロ 70キロ
「真鶴定置」:メカジキ 40キロ ほか

IMG_20191031_052943.jpg岸壁に船を舫いて タモで掬ってる
やっぱり「小アジ」は出て行くんだな

悪いモノばかりじゃないと
地魚かき集め 入り合い詰め込む
小銭を稼ぐ

売ったきりなら 美味しくなるがいい
獲れる気になりゃ いつでも獲るけど

せめて 少しは押っ付けさせてくれ
買うふりしてる間に 売り切ってくれぇ〜

とりあえず「ヒトカラ」行って発散するか。
posted by にゃー at 13:09| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月30日

今までになかった魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 1.7トン、ショウゴ 190キロ、小アジ 160キロ、アカカマス 260キロ、小サバ 350キロ、小ムツ 60キロ、サバ 50キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 400キロ、アカカマス 200キロ、アジ 50キロ、サバフグ 40キロ
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:ヤマトカマス 910キロ、ショウゴ 230キロ、サバ 100キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ、ヤマトカマス ほか

伊豆方面からは、
「網代定置」:ショウゴ 110キロ、ヒラソウダ 90キロ、メジマグロ 90キロ

何がどうエポックメイキングだったか?

明け行く曙 秋の空の
わびしき思いに 市場悩む
恋しやバブル期 懐かしウマヅラ
夢路にたどるは 裏の宮小路

そりゃもうあまりにも人がいなかった・・
posted by にゃー at 17:07| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

魚市場でカンパチ宣言

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小アジ 1.3トン、ヤマトカマス 890キロ、シロカジキ 220キロ、アカカマス 400キロ、サバ 120キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 2.2トン、アカカマス 460キロ、小アジ 360キロ
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:ヤマトカマス 370キロ、アカカマス 350キロ、ショウゴ 160キロ、小アジ 100キロ、小サバ 250キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 130キロ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:ショウゴ 2.7トン、オオニベ 240キロ、カゴカキダイ 160キロ、クエ 100キロ、ヒゲダイ 50キロ、メイチダイ 40キロ、ウスバハギ 60キロ、カンパチ 80キロ、イサキ 60キロ
「大磯」定置:アジ 90キロ、コノシロ 90キロ、小サバ 50キロ

伊豆方面からは、
「赤沢定置」:小イサキ 270キロ、シイラ 65キロ、ショウゴ 180キロ、アカカマス 200キロ、小アジ 100キロ、小サバ 170キロ、サバ 60キロ
「網代定置」:ワカシ 680キロ、アカカマス 160キロ、クサヤモロ 600キロ

ショウゴが定置に 入る前に
言っておきたい 事がある

かなりきびしい 話もするが
市場の本音を 聴いておけ

カマスより先に 獲れてはいけない
アジより多く 獲れてもいけない

群れは上手く作れ
程よいサイズでいろ

買える範囲で 金は無いから
.
posted by にゃー at 15:22| Comment(1) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月28日

限られた人だけの魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:ヤマトカマス 2.4トン、ヒラソウダ 480キロ、小アジ 980キロ、小サバ 220キロ、アカカマス 170キロ、イサキ 160キロ、イナダ 100キロ、マルソウダ 85キロ、ショウゴ 50キロ、ウスバハギ 65キロ
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ 250キロ、ショウゴ 200キロ

伊豆方面からは、
「赤沢定置」:ショウゴ 300キロ ほか
「網代定置」:ショウゴ 1.2トン、アカカマス 950キロ、ワカシ 1.6トン
「真鶴定置」:メジマグロ 590キロ、ヒラソウダ 180キロ、ウスバハギ 80キロ

和歌山釣 ・・・ 釣カツオ 220キロ

世界を騒がせる「ブレグジット」といえば、イギリスのEU離脱問題。その先行きはますます不透明になりつつあり、混迷の度合いを増しているようにさえ見えるのだが、果たして現首相で無事解決といくのだろうか?
一方、小田原の「ブレグジット」といえば、定置網の「Break」(破壊)状況からの「Exit」(脱却)という意味での、台風休漁問題。
その解決に向けて、小田原漁業に関わるすべての人間が動く中、ようやくジョンソン英首相の頭髪のように散らかった岸壁もようやく整い、仕事のめどが立った今、いよいよ復活するところが出てき始めた。
明日以降、続々と増える見込みで、全定置網復活とまでは行かないが、ホッと一安心というところ。
posted by にゃー at 17:51| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

令和2年(2020年)の休開市表


(株)小田原魚市場

令和2年(2020年)の
休開市カレンダーできちゃいました。

小田原魚市場休開市表
2020cal.png
※クリックして拡大

年間休日

105日で
(みなとまつり、地魚まつり含む)

昨年比▲1日。

それでも

豊洲休市の

4日間
(4/1 7/1 7/31 8/7)を

開場しての数字だけに

実質的な

休日増。

しかも

年次有給休暇は

年5日の取得が義務化で

ますます夢は

宇宙のごとく

膨張し放題。

特に注目は

東京五輪開催に伴う

特殊日程が影響して

例年8月開催の

「みなとまつり」が

7/19に

前倒しになったことと

5月に行われる

「小田原市長選」を

考慮しての

「あじ・地魚まつり」も

4/26へと

開催を

早めたことだろう。

いずれも

大イベントを前にして

人々のお財布に

余裕がある内に

先んじて

開催してしまおう

という

主催者側の意向が

見え隠れする中、

早めの開催が

やる側にとっても、

参加する側にとっても、

そしてもちろん

来場される

お客様のためにも

プラスに働くよう

我々も精一杯

努力したいものである。

なんつって・・

印刷にはコチラのPDF版が便利です。

2019年(令和元年)の営業カレンダーはこちら
.
posted by にゃー at 11:35| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月26日

魚市場は魚まみれの漁獲祭

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:小アジ 600キロ、アカカマス 830キロ、ヤマトカマス 480キロ、小サバ 350キロ、ショウゴ 40キロ
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

かとう:そういえば、昨日横浜の国際宝飾展でダイヤモンドが盗まれたんだって?

いかり:ダイヤモンドルース・・原石を加工しただけのダイヤで、50カラット。時価2億円相当らしい。

しむら:そういえば、今朝「石橋」の定置網で相模湾のダイヤモンドが結構獲れていたって?

IMG_20191026_055255.jpgいかり:「小田原アジ」・・定置網漁獲の新鮮、地物の「小アジ」で、50/70g。時価キロ800円前後。

こうじ:そういえば、同じ網で深海のルビー。「サクラエビ」も獲れてましたね。

いかり:250gだったか。由比でも秋漁が始まったし、季節だな。

かとう:ですね。

しむら:ちょびっとでも食べたいですね。

いかり:おい?今朝、お前が競りで買ってなかったか?

しむら:何?俺は競り人をしていただけだけど・・?

こうじ:俺は帳面を付けていただけだ。

かとう:俺は・・?加トちゃんぺ!

いかり:ばっかもーん!そいつがルパンだ!

かとうしむらこうじ:ひえー!
.
posted by にゃー at 19:06| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月25日

魚市場のウーヤーター

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:ヤマトカマス 290キロ、小アジ 150キロ、マルソウダ 160キロ、アカカマス 100キロ、カマスサワラ 60キロ、小サバ 110キロ 
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「網代定置」:ワカシ 160キロ、アカカマス 100キロ
「赤沢定置」:アカカマス 130キロ、ショウゴ 160キロ
「沼津底曳」:小ムツ 50キロ ほか

IMG_20191025_050456.jpg「カラス」がカーと啼いて朝になり、「カマス」がワーと沸いて秋になる。
「寒波」がシレーッと降りてきて、「カンパチ」がブワーとやって来る。
IMG_20191025_050452.jpg秋雨がザーと降ってきて、サカナはサーと散って行く。
明日の週末、荷動きも鈍いが、魚の動きもどうやら鈍くなりそうだ。
posted by にゃー at 16:22| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月24日

オータム・イン・魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:マルソウダ 170キロ、小サバ 140キロ、ヤマトカマス 120キロ、アカカマス 90キロ
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:イシガキダイ 50キロ ほか
「網代定置」:ワカシ 1.1トン、チダイ 60キロ、アカカマス 40キロ
「赤沢定置」:ショウゴ 180キロ、ウスバハギ 60キロ、イサキ 30キロ
「沼津底曳」:小ムツ 40キロ ほか
「下田釣船」:釣キンメダイ 50キロ

朝夕に吹く風が冷たく感じる頃合い。
敏感な魚は動きを鈍らせ、定置網の漁獲も一気に減った。
IMG_20191024_050849.jpg日本代表が敗退し、意気消沈。ラグビーワールドカップが終わったと思っている人はニワカ。
プロは、ナミビア代表の試合を観ただけで燃え尽きている。
終わったものがあれば、始まるものがあるのが常。
アメリカのプロバスケットボールリーグの最高峰。NBAの新シーズンが始まった。
そこで活躍してるのが、八村塁。
恵まれた体型と鍛えきった筋肉は、瞬発力と持久力の塊。額に大きな「八」の文字。
まさしく今が旬「カンパチ(間八)」のそれ。
2キロものを頭とした「カンパチ(ショウゴ)」が、今朝も「赤沢」定置からやって来た。
「ワカシ」の上位互換と位置づけられる「ショウゴ」も、ちょっと大量に獲れるとその限られた使い道から値崩れも早いのだが、年間通して獲れる「イナダ」や「ワカシ」と異なり、この秋の時季にしか獲れない希少性は、鮮魚売り場の得点力とも言える活躍を見せ、結果、その値を押し上げる事になる。
まして台風被害で漁獲自体が減っている最中であり、引き合いの強さと注目度の高さは、日増しに高まっていると言えるだろう。
posted by にゃー at 20:49| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする