2017年10月21日

魚市場と台風のパラドックス

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:マルソウダ 2.5トン、小サバ 1.1トン、ヤマトカマス 3トン、アカカマス 1.9トン、サバ 180キロ、マルアジ 80キロ、ヘダイ 60キロ
「 岩 」定置:アカカマス 1トン、サバ 390キロ、小サバ 320キロ、ヤマトカマス 130キロ、マルソウダ 180キロ
「原辰」定置:マルソウダ 1トン、ヤマトカマス 370キロ、ヒラソウダ 300キロ、ショウゴ 250キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 420キロ、アカカマス 600キロ、アジ 90キロ、ショウゴ 100キロ、ヒラソウダ 100キロ、サバ 130キロ
「二宮」定置:サバ 320キロ、アジ 50キロ、ヤマトカマス 60キロ
「福浦」定置:イナダ 7.1トン ほか
「大磯」定置:マルソウダ 70キロ、アジ 45キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:メジナ 600キロ、ボラ 470キロ、イシガキダイ 95キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 50キロ ほか
「大磯刺網」:活イセエビ 80キロ

この二日ほど海水温が急激に低下したことで、魚の動きが活性化したのか、今朝はどこの定置もボリューミー。伊豆先の「メジナ」や「イシガキダイ」もまとまり、「イナダ」も倍増したかと思えば、秋の定番魚「ソウダガツオ(マルソウダ&ヒラソウダ)」や「ヤマトカマス(ミズカマス)」、そして小型の「アカカマス」も各地で多く獲れていました。
さながら魚たちが台風に追い立てられたかのようでもあり、台風による波浪の影響で動き出したのか、台風の来襲を察知した魚たちが逃げ込んだのか定かでは無いが、台風の接近が影響しているとみるのが自然とも思えるのだが、断定はできない。
今後の継続しての漁獲増が期待されるが、あいにくの台風接近でリセットとなってしまうのか、週明けは定置網もほぼ全休が予定されており、漁の再会はほとんどが木曜日以降になる模様。連勝で勢いづくベイにとっても、我々にとってもココにきての停滞は痛いが、この休漁が良い方向へ転ぶか悪い方向へ転ぶか、一体誰の行い次第なのか、まるで答えは出ていない。

今日のイセエビ ・・・ 110キロ
posted by にゃー at 13:12| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

週明け魚市場は大荒れか

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 2.2トン、ヤマトカマス 910キロ、ヒラソウダ 380キロ、サバ 260キロ、マルソウダ 960キロ、ウルメイワシ 280キロ、イナダ 110キロ、マルアジ 70キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:小サバ 580キロ、マルソウダ 420キロ、ヤマトカマス 660キロ、ヒラソウダ 130キロ、サバ 230キロ、アカカマス 200キロ、ウルメイワシ 90キロ
「原辰」定置:マルソウダ 430キロ、ヒラソウダ 220キロ、小サバ 100キロ、ヤマトカマス 100キロ、ショウゴ 120キロ
「江の安」定:小サバ 200キロ、ヤマトカマス 210キロ、ウルメイワシ 100キロ、アカカマス 70キロ
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:イナダ 2.1トン、ウルメイワシ 180キロ
「大磯」定置:小サバ 250キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 50キロ ほか

天気は毎日下り坂。そして魚の相場は上り坂。週末の選挙は軒並み安定予報。そして週明けの定置網は軒並み休漁予定。網揚げて、まるでお手上げという週明けになりそうだ。

今日のイセエビ ・・・ 25キロ
posted by にゃー at 12:43| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

会社主義現代化強魚市場へ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 1.2トン、ヤマトカマス 700キロ、オアカムロ 330キロ、ウルメイワシ 250キロ、ヒラソウダ 120キロ、マルソウダ 400キロ、サバ 620キロ
「石橋」定置:マルソウダ 1.1トン、ショウゴ 640キロ、小サバ 620キロ、ヒラソウダ 320キロ、小イサキ 550キロ、ウルメイワシ 150キロ、ヤマトカマス 160キロ、イサキ 70キロ、アカカマス 70キロ
「 岩 」定置:マルソウダ 1.1トン、ヤマトカマス 500キロ、小サバ 400キロ、アカカマス 250キロ、ヒラソウダ 190キロ、ショウゴ 90キロ、ウルメイワシ 90キロ、小イサキ 80キロ
「原辰」定置:ショウゴ 310キロ、マルソウダ 300キロ、ヒラソウダ 100キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 210キロ、ショウゴ 190キロ
「二宮」定置:ショウゴ 400キロ、小サバ 160キロ、ヤマトカマス 100キロ、マルソウダ 70キロ
「福浦」定置:イナダ 3.1トン、イサキ 180キロ、小サバ 130キロ
「大磯」定置:小サバ 360キロ、マルアジ 100キロ、マルソウダ 60キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:メジナ 470キロ
「真鶴釣船」:釣ワラサ 120キロ
「真鶴定置」:ウルメイワシ 2.4トン

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 410キロ、マルアジ 70キロ

小田原 ・・・(釣)イナダ 150キロ

来たる台風は小田原を予報円の中心に据えて、狙い撃ち。このまま週末から週明けへ。
寒いから震えてるのか、不穏な空気に怯えているのか。まるで産まれたばかりの子鹿の如く。

今日のイセエビ ・・・ 20キロ
posted by にゃー at 13:59| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

秋霖魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 440キロ、ヤマトカマス 790キロ、アジ 90キロ、イナダ 80キロ
「石橋」定置:小サバ 400キロ、ヤマトカマス 920キロ、小アカカマス 100キロ
「 岩 」定置:小サバ 310キロ、ヤマトカマス 130キロ、サバ 70キロ
「原辰」定置:小サバ 240キロ、ショウゴ 55キロ、ヤマトカマス 50キロ
「江の安」定:小サバ 70キロ、ヤマトカマス 60キロ
「二宮」定置:サバ 80キロ、ヒラソウダ 50キロ、ヤマトカマス 40キロ
「福浦」定置:イナダ 3.9トン、ツムブリ 100キロ、小サバ 50キロ
「大磯」定置:ショウゴ 40キロ、マルアジ 40キロ

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ウルメイワシ 480キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 330キロ、イナダ 120キロ、マルアジ 140キロ

♪車のワイパー透かして見てた
港にうず巻く地魚のバリエーション
くちびる噛みしめ市場の中で
魚の競り値をポツリと告げた。
October rain rain 10月の雨は冷たくて
October rain rain 目方さえ切れている
「アジ」がこんなに高いものなら
あなたの口にたどり着けない
October rain
10月の雨は冷たくて

今日のイセエビ ・・・ 10キロ
posted by にゃー at 12:42| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

もう我慢しない魚市場らしさ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 550キロ、オアカムロ 400キロ、キハダ 380キロ、小サバ 400キロ、サバ 150キロ、アジ 55キロ、ヘダイ 50キロ、カマスサワラ 40キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 1.5トン、マルソウダ 890キロ、ヒラソウダ 230キロ、小サバ 1トン、オアカムロ 140キロ、イナダ 60キロ、アカカマス 40キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 230キロ、小サバ 180キロ、サバ 140キロ、オアカムロ 160キロ、ショウゴ 50キロ、マルソウダ 40キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 300キロ、ショウゴ 140キロ、小サバ 140キロ
「江の安」定:ショウゴ、イサキ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:イナダ 1トン、キハダ 80キロ、カマスサワラ 50キロ、ウスバハギ 50キロ、シイラ 50キロ
「大磯」定置:小サバ 600キロ、ヒラソウダ 50キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:メジナ 510キロ
「真鶴定置」:ヤマトカマス 90キロ、サバ 90キロ、ウスバハギ 60キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 400キロ ほか

黒潮も相模湾向きになって「キハダ」や「カマスサワラ」といった大型回遊魚もウェルカムバック。
しかし、このまま行けば天気と気温でターンアラウンド。アテにならない季節の変わり目にやるべきは、地魚のアセットマネジメント。運を天に任せるのでは無く、欲しい魚が欲しいときに手に入る海の創造と開拓。
って、そんなの海じゃねえ。海が水槽になっちまう。今日獲れた魚のありのままをいただくからこそ、「いただきます」と心から言える。
理想的なのは、仲良く計画的と偶発的のいいとこ取り。大田区と江東区に早速、教えてあげなくちゃ。

今日のイセエビ ・・・ 若干
posted by にゃー at 13:05| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする